YouTubeトレンドマーケティグ、バナナデスクは詐欺会社?YouTubeアドセンスは稼げるのか。

最大手情報商材ASP「インフォトップ」で、

動画アドセンスことYoutubeアドセンス(AdSense)の教材、

「YouTubeトレンドマーケティグ」なる情報が売れ筋となっている。

YouTubeトレンドマーケティグ

http://www.youtubetm.info/top/


グーグルアドセンスと言えば

ブログやサイトなどにバナー広告やテキスト広告を貼り付け、

そこに表示される広告がクリックされると報酬が発生するという

クリック報酬型アフィリエイト広告の代表的なものである。


これと同じ原理の広告プログラムがYouTubeの方にも存在し、

その動画の内容にマッチした広告が動画上に表示され、

それがクリックされると動画の投稿主に報酬が入っていく。


つまりブログやサイトなどを持っていなくても

その投稿動画のみから報酬を手にしていく事が出来るという点で、

多くのアフィリエイターがこぞって「YouTubeが稼げる!」と豪語し、

その「YouTubeアドセンス」の教材を勧めているのである。

YouTubeトレンドマーケティグ、YouTubeアドセンスは稼げるのか


確かにブログ等の媒体作成やその集客、

そして文章等の作成や記事投稿といった手間も無しに、

動画を投稿していくだけで収入を手にしていけるという話は、

ブログアフィリエイト等の挫折者にとっては魅力的な話である。


ただ、こういった目新しいものが出て来ると、

決まってそのビジネスで○○百万稼ぎました!という者が現れ、

そんな人物が高額な情報商材を売り出し始める。


そしてそういった情報商材を多くのアフィリエイターが

こぞって売り込み始めるのである。


しかしその蓋を空けるとその販売元は決まって同じような情報起業家であり、

売り込んでいるアフィリエイターもほぼ同じ顔ぶれ。


言わばグループ的にそういった新たなビジネスモデルや

目新しいビジネス等の情報を流行させているのである。


YouTubeトレンドマーケティグ販売会社バナナデスク。


現に今現在の段階でインフォトップで売れ筋となっている、

「YouTubeトレンドマーケティグ」という教材は、

「バナナデスク」という業界ではわりと有名な人物がその販売元であり、

この「バナナデスク」は以前から今も、、

下克上という「トレンドアフィリエイト」の教材を販売しているのだ。


この教材もまた「トレンドアフィリエイト」というものの注目と共に

タイミングを見計らったかのようにその教材をリリースし、

また同じ顔ぶれのアフィリエイターがそれを推奨し始めた。


しかしこの「下克上」は「1日1記事のブログ投稿で月収50万」という

そのノウハウを検証してもまず不可能な実績を大々的に謳い、

完全な誇大広告で販売されている教材である事は明らかであった。


下克上

http://www.gekokujo.info/


現にこの教材で月収50万を稼いだ話など聞いた事も無く、

現実的に一日一記事の投稿というような労力では

ほぼ100%無理に近い内容の教材だったのである。


にも関わらず大多数のアフィリエイターが「売りやすい」という事に流され、

その明らかな誇大広告に対し見て見ぬふりをし、

その「下克上」どんどん売り込んでいったのである。


確かに「下克上」はその内容はまともなものであり、

きちんと取り組めばそれなりの収入にはなるものであったが

ほぼ同レベルのアフィリエイト教材やそれ以上のものはザラにあり、

私からすればただの誇大広告教材にしか見えない代物であった。


そして今、売れ筋となっているYouTubeトレンドマーケティグも

その誇大広告は更に度を越したものになっており、

遂には月収200万円ベースを謳い始めたのである。


最低でも一日30分の作業で月収30万円は稼げると。


その内訳はこのようなものである。


1、トレンドリサーチ(10分)

2、コンテンツの選定(5分)

3、コンテンツの編集(10分)

4、タイトルの編集(3分)

5、動画の投稿(1分)


これで月収30万、強いては200万を稼げるというのだ。


そんなノウハウが4万円。。。


一日30分の作業というのが、

バナナデスク側が目安としる売り込み易い数字なのか、

とにかくこの業者は「簡単に稼げる」という印象を与え、

消費者に「それらしい情報を売る」という事を生業にしている。


しかし現実にその情報で結果を出せる者は一握りであるが、

多くのアフィリエイターがその高額報酬等に吊られ、

その教材を絶賛している傾向にある為、、

消費者側は騙された事に気が付かないのである。


とは言え、それ以前の段階で、

動画アドセンスで2カ月目から月収200万円を謳っている点や

一日30分、1回の動画投稿で月収30万を謳っている点。


にも関わらず返金保証は90日分、90個の動画投稿をした

ユーチューブアカウントをそのまま買い取るというものであり、

尚且つ、その買い取り金額は教材代金の4万円のみという。


何故、2カ月間で月収200万も稼ぎ出せたノウハウで

90日間以上もの実践を経た保証がわずか4万円、

それもケチなアカウントの買い取りという保証なのか。


この時点でこのノウハウの利益率の低さは

販売者自身が自ら露呈しているのである。


このような教材に4万円など全くもって考えられない。


情報商材販売会社バナナデスク。


その誇大広告と巧妙な手口に要注意である。


関連記事一覧


>注意勧告!加藤秀吉塾~天下統一~下克上のバナナデスクについて

>YouTubeトレンドマーケティグ、バナナデスクは詐欺会社?


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年1月21日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:バナナデスク

このページの先頭へ

イメージ画像