http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報 暴露 詐欺

特定した情報商材名も無く、

販売元の氏名や所在地さえ明かさない。


そんなどう考えても怪し過ぎる情報にも関わらす、

何故か多くの被害者を生み出している詐欺情報が存在する。


こちらである。


販売URL: http://mendan20.com/
販売URL: http://nakatan.net/



2つのURLで同じような販売ページが2つ存在するが

これは既に流出している悪評を逃れる為、

同内容のサイトを別のURLで公開している模様である。


基本的にはヤフーオークションで販売されている事が多い情報であるが

今はこれらのサイトからも直接申し込みが出来るようになっている。


しかしそれぞれのサイトを見て頂ければわかるが

これらのサイトには本来掲げなければならないはずの

「特定商法取引に基づく表記」が見当たらない。


情報商材の販売をサイト上で行う以上、

販売者の氏名、住所、連絡先などを提示する義務がある。


つまりそれを掲げずに情報の販売を行っている時点で

この情報は完全に特定商法違反を犯しているのだ。


そして法を犯しているからこそ、

この情報はASPなどの決済サイトを利用する事が出来ず、

その内容的にもその審査基準を満たす事の出来ない

そんなレベルの低俗な情報なのである。


この時点で少しでも法律知識があれば、

こんなあからさまな違法商材に手を出してしまうわけが無い。


更にその情報価格が235000円というから驚きである。


しかしここまであからさまな高額違法商材に対し、

その被害者が後を絶たない状況にあるという。


「直接会って情報を教える。」


この一言に多くの人が騙されているのだ。


では、実際にどんな情報が提供されるというのか。


直接会って情報を提供してくれるとなれば、

そこまで詐欺的な情報が提供される事は無いだろう。


そう思ってしまう気持ちも分からないでもない。


しかし詐欺師はそこにつけ込んでくるものである。


もともと特定の情報名をつけず、

悪評や暴露ネタを見つけにくくしているようだが、

よくよく探せばそんな意見が次々と目に入る。


その販売者は「中井忍」というらしく、

数多くの自作自演サイトを運営している経緯から、

そのサイトの管理者名として「三木本」とも呼ばれている。


この情報についてを検索していく中で出てくる

「この情報で本当に稼げた」などと書いているサイトは全て、

この人物の自作自演サイトと見て間違いない。


よくよく見れば各サイトの構成や文章にかなりの一致が見られる。


その手口については下記の記事の方で、

その自作自演サイトの一覧と共に公開している。


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


逆にこの人物の息がかかっている自作自演サイト以外で、

この情報の事をよく言っているサイトはほぼ皆無。


しかしこの人物はそうした悪評さえも、

同業者による根拠のない誹謗中書と豪語し、

本物の情報だからこそ同業者には目の敵にされているのだと言う。


では私自身が自ら調査したその内容をここで明らかにしておこう。

批評


この情報は通称“中井忍”曰く、

旧バージョン、新バージョンと、2つの情報が存在する。


これはネット上で情報内容が暴露される度にその情報内容をすり替え、

「ネットで暴露されている情報とは違う情報です。」と言い張っている為である。


まず既に多くネット上で暴露されている旧バージョンは、

やはりその暴露通り「グーグルアドセンス」を利用したものであった。


勿論、グーグルアドセンス自体は詐欺的なビジネスでも何でも無く、

実際にこのビジネスで稼いでいる国内ユーザーも多数いるだろう。


しかしこの通称“中井忍”が提唱しているアドセンスのノウハウは

マニュアルにするとわずか8ページほどの薄っぺらいもので、

その手法も何ら目新しさも何も無い内容である。


そんな8ページほどの内容をわざわざ会って教えるというのだから、

いかにその口八丁で相手をやりこめようとしているか、

よほど話術に自信があるのだろう。


内容としては無料レポートや検索ベースで知る事が出来る程度の

本当に初歩的なアドセンスノウハウである。


“400字×30記事程度の中規模のサイトを量産していく”


言ってみればただこれだけのノウハウなのだ。


この程度の情報で30~50万円を稼げる、稼いでいると豪語し、

20万円を超える金額で売り捌いていたのだ。


しかしこのような明らかな詐欺情報に引っかかってしまうのは、

アドセンスの「ア」の字も知らない初心者の可能性が高い。


それだけにこんな低俗な情報にも、

自信満々な口調で説明されれば納得してしまうのかもしれない。


しかしいざやってみればその結果は一目瞭然。


このようなノウハウでそこまでの大金を稼げるはずもない。


確かにそれなりの文字数と記事数を揃えたサイトを量産すれば

数百円から数千円程度の収入にはなるかもしれないが、

やはりその程度が限界というのが現実である。


20万という情報料の回収にどれほどの時間と労力がかかる事か。


まさに初心者を騙す為の手口とやり口である。


しかしこれは既にネット上で数多く暴露されている旧バージョンのもの。


今は新バージョンを謳い、別の情報を提供している。


その新バージョンは俗にいうサイト転売ビジネス。


その中で中井はアダルトサイトの転売が儲かると豪語し、

その作り方や転売の仕方を指南している。


しかしその内容もアドセンスの情報と同様に

やはり低俗で思わず溜息が出てしまうような内容なのである。


到底、買い手が付くとは思えないような低俗なサイトを作るノウハウ。


それも初心者にとっては到底簡単と思えるようなものでも無く、

またそれを作り上げられたとしてもまず買い手は付かない。


つまりその労力さえ無駄になる事が目に見えている

どうしようも無い情報なのである。


おそらく中井自身も全く実践などしていない

机上の空論を描いただけのノウハウである事はまず間違いない。


そもそもネット初心者がそう簡単に

買い手がつくようなアダルトサイトなど作れるはずが無いのだ。


しかしこの情報もネットビジネスのネの字もわからない初心者なら

これで稼げると言われればその場では納得してしまい、

それから中井の口車に乗せられ、

買い手が付く事も無いようなサイトの作成に

手間と時間を取られていくのだろう。


そして想定した以上の作業を強いられ、

おのずと諦めるしかない状況に追い込まれるか、

もしもサイトが出来上がったとしても、

あれが違う、これが違うと難癖を付けられる。


いずれにせよ「稼げない責任は自分にある」という状況を作り、

そのまま諦めさせるという手口で騙しこんでいるのだろう。


熱帯魚の飼育転売や実験用モルモットの飼育ビジネスなど、

儲け話を持ち掛けつつ高額なその飼育キッドを売り込む

悪質詐欺商法の現代版と言ったところであろうか。


むしろその内容を明かさない段階で、

情報料として先立つ多額の金銭を支払わせているだけ、

この情報の悪質度は更に高いと言わざるを得ない。


結論として中井の扱うこれらのこの情報は

今や無料でも知る事の出来るような情報内容を、

いかにもまだほとんど知られていないビジネスのように思わせ、

対面形式という名目で多額の情報料を取っている、

ただそれだけの悪質極まりない低俗情報という事である。


あたかも信用を装う対面という形式や

巧妙な自作自演サイトも含め、

この人物の手口には注意が必要である。


追記


更に悪評が広がり続けている為か、

今は「番外編」「裏ver」「短期速攻編&エリートコース」と言った

旧バージョン、新バージョンと異なる謳い文句を用いている。


情報内容そのものも変更している可能性があるが、

これまでの2つの情報内容を見ても分かる通り、

この人物が価値のある情報を提供出来るとは到底思えない。


これまでの手口から見てもこの人物は

現在販売している情報の悪評や暴露情報が流れると

「グーグルアドセンスは関係ありません。」

「アダルトサイトの転売ではありません。」

と、これまで販売していた情報内容を否定する。


そしてそれとは全く別の新しい情報かのように見せかけ、

取ってつけたようなありきたりな情報を提供してくるのである。


現在の情報はというと、

実際に購入してしまったという被害者からの情報によると

そのうちの1つはFXトレードのノウハウなのだとか。


このような詐欺商法を繰り返す人物の投資ノウハウなど

自身の大切な資金を危険に晒すだけである。


引き続きこの人物の販売情報に対しては注意を呼びかけたい。


関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

このページの先頭へ

イメージ画像