与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

あの与沢翼氏が首謀する高額教材「与沢塾」。


塾と銘打ったDVD動画の分割提供商法の魁的なものであり、

既に第一期、第二期と開催され、

多くの参加者を獲得しているというわりに、

この塾からの成功者というのは全く目にした事が無い。


内容は無料オプトインアフィリエイトやそれを発行し、

リストを収集してのダイレクトレスポンスマーケティング。


それを与沢翼氏自身が自らの実績を作った方法として

それらしく解説していくというものである。


彼がこの手法で実績を作り上げた事は事実であろうが、

それ以前の段階での膨大な資金投資もまた明らかなところ。


悠に数千万円単位の広告費を投じ、

そこから利益を生み出した事は間違いないものの

それを真似られるような人はそうそういないだろう。


そして何より彼の戦略は派手な私生活をひけらかす事による

金持ち自慢ブランディングに頼っているところが極めて大きい。


そのような手法を真似られるような資金力と

実際にそれを行うだけの節操のない人格。


いや、それを喜んで行えるような人格が

彼のノウハウを再現していくには必要不可欠なのである。


経済的な面も含めてそれを再現できるような人は稀である。


少なくともそれくらいの資金力があるような人が

このような高額塾教材に何十万という金を支払う事はまず考えられ無い。


その現実に目をあてる事無く、

この塾に入れば彼と同じような収入を手に出来ると淡い幻想を抱くなど

冷静な分析力が無いという点を評さざるを得ない。


何より当の与沢翼氏自身も今やあちこちの高額塾などの講師に名を連ね

当人の軸そのものがブレブレという状態にある事は明らかである。


やれSEOだ、やれ動画マーケティングだ、やれアフィリエイトだ、

やれ有名になれだ、やれせどりだ、やれ送料ビジネスだ、

やれクリエイティブだ・・・

もはや何をしたいのか、何をさせたいのかもわかったものではない。


結局のところ重要なノウハウを集約したものは1つも無く

手を変え、品を変え、次々と高額な情報を売りつける、

その事のみに全てを集中していっている事は明らかである。


その為には手段も選ばず節操も無い。


ただそんな姿勢が明らかになってきているせいか、

ここ最近は明らかな売り上げの伸び悩みが目に見えている。


彼のビジネス戦略は派手な私生活を見せつける

その事で成り立っている側面もあり、

またそれに伴い莫大な継続費用を支出している事も疑いない。


そんなビジネスモデルがいつまで成り立つものだろうか。


既に自転車操業の状態に入っている可能性もあり、

無理やりな高額案件の連続リリースもそこを伺わせている。


自身のリスト収集の要となっているであろう

与沢アフィリエイトセンターの報酬不払いの声も絶えず

まともに紹介した無料オファーの報酬も否認扱いになるというのだ。


彼がこの業界の過去の人の一人に数えられる日は近いかもしれない。

関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年9月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

ネオヒルズ族と言えば与沢翼や佐藤みきひろなど、

派手な私生活をひけらかすこの業界の有名人が筆頭に挙がる。


ただ彼等がこの業界で名前を売り込んでいく際、

その際のスキームを全面的にプロデュースしていた

良くも悪くもこの業界では有名な2人組がいる。


それが株式会社SKナレッジの小島幹登、佐藤文昭であり、
彼等が手がけた事で有名な教材は

フェイスブック塾、与沢塾、阿部式せどり塾など。


ここ最近の高額塾教材はほぼその大半が

彼等のスキームによって排出されているのである。


そしてそのいずれもがあまり良い評判を聞かない。


とくに阿部せどり塾などは数多くの被害者を生みだし、

決済会社からも欠陥商品のレッテルを貼られ、

前代未聞の返金騒動にまで発展した。


その糸を引き、深い関わりを持っていた者達という段階で

普通であれば彼等が手がける情報には

もう手を出すべきでは無いと考えるのは普通であるが、

何故かこの業界はそのような当たり前の図式が成り立たない。


消費者側の学習能力が低いのか、

はたまた次々に新しいカモが吸い寄せられているのか、

いずれにせよ彼等が手がける高額塾教材は

あからさまに彼等の関わりが見えているにも関わらず、

今だに好調な売れ行きを見せるというから呆れてしまう。


無論、そこには売れるものなら何でも売るという

アフィリエイター達にも責任があるだろう。


すでに一部のアフィリエイターは

彼等が関わっているという段階でその情報を批判的に見るが

それでも一番の問題はやはり消費者側の判断力とリサーチ力の無さ。


それが根源であると言わざるを得ない。


実際に彼等が手がけた高額塾教材の一連の流れを見れば

どの情報もほぼワンパターンな販売戦略とセールストークが展開されている。


最も多いパターンは無料動画によるリスト収集からのセールスである。


そこに彼等がインタビュアーとして登場することも珍しくない。


そして消費者側の期待値を煽り、

数十万円単位の動画教材セットの売り込みに映るのである。


そこに販売者の電話相談が付いているというのもありがたいなパターン。


ここまで同じパターンの高額教材を目にしていくと、

その販売者はただ矢面に立たされているピエロに過ぎず、

全ての元凶が彼等にあるという可能性さえある。


実際に私も幾つか彼等が関わる高額教材を目にしているが

基本として最もらしい事を述べているだけの動画がほとんどでなのである。


言うなればその口調による説得力で押し切っているに過ぎない。


根本的に知識が無く、その販売者を信じきっているような人間なら

その説得力に何らかの満足感を得てしまうのかもしれない。


しかしそんな教材で実際に成功している人がいるかは大きな疑問が残る。


そんな程度の動画教材を塾と豪語し、

何十万円という価格で販売していくのが彼等の手口なのである。


彼等からビジネスのノウハウを学びたいなら、

とくに彼等が手がける高額な情報に金を支払う必要は無い。


ただ彼等がどうやってそのような高額商品を売りつけているか、

その手口を客観的に見て学べばいいのである。


いずれにせよ消費者という立場においては

彼等の名前が挙がっている段階でその情報商材は要注意である。

関連記事一覧


>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>阿部せどり塾について

>アレックス式ネオせどりスクールについて

>パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール 原田こうた 三田創平

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

アレックス式ネオせどりスクール(株式会社A-プログレス)について

本日はこちらの商材について。


アレックス式ネオせどりスクール

http://alexsedori.com/index.html

せどりで30日以内に10万円、

90日以内に50~80万円を稼ぎ出すという

せどりの高額塾教材である。


もはやDVDや動画コンテンツを一方的に提供するだけの

塾を謳った通信講座はこの手の情報の常套手段であるが、

この教材に関してはとんでもない問題を引き起こした

某悪質商材との類似点が余りにも目立ち過ぎている。


その某悪質商材とは「阿部せどり塾」である。


阿部せどり塾と言えば1000人単位の参加者を集め、

提供コンテンツにあからさまな欠陥などが発覚していった事から、

この業界でも異例の大返金騒動に発展した問題商材。


現にこのアレックス式ネオせどりスクールセールスレターが公開された当初は

阿部せどり塾で使われていたものと同様の「漫画」コピーや

イラストなどが数多く掲載されていた。


しかしそこを多くのアフィリエイターが指摘した途端、

それらのイラストをすぐに差し替えてきたのである。


そして何よりアレックス式ネオせどりスクールの販売手口は

問題となった阿部せどり塾とウリ2つなのである。


そこで浮かび上がってくるのは悪名名高いこの両名。


小島幹登、佐藤文昭、両名による「SKナレッジ」である。


この両名が関わっている時点で、

彼等が関わっている情報商材は全て机上のノウハウであるという意見や

その販売者はただ矢面に立たされているだけという見方もあり、

この2人が関わっている情報には手を出すなと

警告を発しているようなブログやレビュアーは少なくない。


それほど多くの問題商材を世に送り出しているのである。


そしてこの情報もまさにその1つであるという事。


更にその内容自体も阿部せどり塾に類似しているというのだから、

この情報が輪をかけて危険である事は言うまでもない。


阿部せどり塾で一時は7億円近い売上を手にし、

その大半が大返金騒動で消えてしまったという経験があるだけに

どうしても同じ手口でそれを取り返したかったのではないだろうか。


しかしそんな焼き回し情報を掴まされた消費者側はたまらない。


阿部せどり塾の二の舞とならぬよう、

ここでハッキリと警告を促しておきたい。


この手の高額塾教材には細心の注意が必要である。

関連記事一覧


>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>阿部せどり塾について

>アレックス式ネオせどりスクールについて

>パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール 原田こうた 三田創平

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

阿部せどり塾について

ここ最近、最も多くの被害者を生み出し、

大問題を引き起こした情報商材として

その筆頭に挙げられるものがあるとするなら、

間違いなくそれはこの高額塾教材ではないだろうか。


阿部せどり塾(魚拓)

http://megalodon.jp/2011-1227-2110-59/www.sedori-success-secret.com/it/top.html

無料動画によるリスト収集から始まり、

誇大広告から参加前の電話相談など、

今ではこの手の高額塾教材の常套手段となっている手口も

全てはこの高額塾教材から始まっていると言っても過言では無い。


売上規模で7億円近い売上が上がったとも言われるこの情報は

単価20万円の教材費と逆するなら

2000人近い参加者を集めた事になる。


しかし販売からすぐにその各コンテンツやツールなどに

呆れるほどの弊害やトラブルが続出。


「このせどり手法で稼いでいる」という、

阿部氏の実績そのものも疑わしい事態となり、

物理的に実行不可能な詐欺教材である事が断定されたのである。


その被害者達の生の声は

“阿部せどり塾 返金”
“阿部せどり塾 詐欺”

などのキーワードで検索を行えば幾らでも出てくる。


その断定と共に決済を仲介していた最大手ASPインフォトップは

即刻、購入者に情報代金の無条件返金処置を実施した。


インフォトップ側も一時は多くの売上を伸ばし、

さじうかれていた事も考えられるが

あまりの騒動に提携しているカード会社からも苦言を呈され、

消費者側の立場で事態を収拾するより方法が無くなったのだと見られる。


ただこの商材の販売にはこの業界の某有名人が深く関わり、

その首謀は当の阿部氏では無くそちら側ではないかという見方もある。


その某有名人とは小島幹登、佐藤文昭、両名による「SKナレッジ」である。


確かに彼等が関係する情報は同様の手口で展開される高額塾教材が多く、

そのマーケティング手法やセールスレターには多く類似点が見られる。


それだけにそのような実績や手法を傘として、

矢面に立ってくれるような販売者像を立て、

その人物を前面に押し出して情報を販売しているとも考えられ、

全ての元凶はこのSKナレッジになると言ってもおかしくないのである。


しかし阿部せどり塾の騒動があったにも関わらず

インフォトップは彼等の情報商材を次々に扱っていく。


結局のところは同じ穴のムジナといったところだろうか。


業界の健全化と耳障りのいい事を謳いながらも

最大手ASPであるインフォトップが率先して

その元凶と言ってもおかしくは無い輩達の情報を取扱い、

金さえもらえれば大々的な広告キャンペーンさえ打って出る。


全くもって呆れた状況である。


しかしこれがこの業界の現実なのだ。


やはりこの業界の健全化には

消費者側の知識強化と意識強化が必要と言わざるを得ない。


少なくともこの阿部せどり塾は紛れも無い詐欺教材であった事は疑い無い。


その事実を基にして考えれば、

この阿部せどり塾の販売を率先して行っていた

多くのアフィリエイター達も同罪なのである。


是非、消費者側はこのような悪質教材を生み出したSKナレッジや

そのアフィリエイター達が推奨するような同じような手口の高額教材などに

二度と金を出さぬよう気を引き締めてもらいたいものである。

関連記事一覧


>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>阿部せどり塾について

>アレックス式ネオせどりスクールについて

>パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール 原田こうた 三田創平

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール 原田こうた 三田創平

早くも数多くの批判の声が上がっているこちらの商材について。


パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール
http://haramita-tenbai.com/gentei/


何でも完全にパソコンのみで月に600万を荒稼ぎする

全自動システムを構築をしたという、原田こうたなる人物。


面倒な作業一切なしのフルオート収入という時点で

既に言っている事が矛盾している案件である。


少しでも作業がある時点でフルオートとは言えないからである。


内容は輸入ビジネスのノウハウだというが

これをフルオートビジネスとでっち上げるあたりが既に

情報弱者をターゲットにした低能商材と言わざるを得ない。


また非難の1つとなっているのは下記、特定商法表記の住所。


「東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山1317号」


まだ返金騒動が耳に新しい「阿部せどり塾」のリライト版である、

「アレックス式ネオせどりスクール」と同じ住所となっている。


そして「アレックス式ネオせどりスクール」と言えば

あの悪名高い「阿部せどり塾」のリライト版であるとされ、

阿部せどり塾と言えばあの2人の名前が浮かび上がる。


小島幹登、佐藤文昭、両名による「SKナレッジ」である。


青山の住所が彼等に関係する事務所なのか、

レンタルオフィスなどの住所なのかはわからないが

セールスレターに掲載されている「漫画」も

アレックス式ネオせどりスクールと同一のものであり、

この時点で


・阿部せどり塾

・アレックス式ネオせどりスクール





・パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール


は、共通の仕掛け人が裏に存在していると見られ、

それは紛れも無くあの「SKナレッジ」なのである。


彼等が手がける阿部せどり塾が数多くの被害者を生み出したのは周知の事実。


無料の動画オファーなどで顧客リストを集め、

そこに続編動画を提供しながら高額案件に誘い込むという手口で

今も数多くの被害者を生み出し続けているというのだ。


阿部せどり塾の阿部氏もアレックスせどりスクールのアレックス氏も

その当人はただのピエロに過ぎないという見方もあり、

このパジャマリッチビジネスにおける「原田こうた」なり人物も、

フェイスブックでは「原田浩太郎」と本名が明かされている点から、

同様のパターンで矢面に立たされているだけという可能性も否めないのである。


現にこの情報もこれまでの手口と同様、

無料オファーへの申し込みとほぼ同時に

28万円の高額オファーが飛び出し、

そこに申し込むと次は40万円以上のオファーが飛び出してくるという。


覚悟を決めて30万円近い代金を支払った顧客に対し、

その直後に40万円の案件を打ち出してくるなど、

消費者側を馬鹿にしているとしか思えないやり口である。


ただ何よりも問題なのはそこに次々と大枚を投じてしまう

情報弱者が少なからず存在する事である。


彼等もある程度の経験則を踏まえて

このような手口で高額情報の販売をしているだけに、

やはりこのような見え見ての手口でも金を出す者は後を絶たないのだ。


現に「阿部せどり塾」「アレックス式ネオせどりスクール」

そしてこの「パジャマリッチビジネス」のセールスレターや

その販売手口を冷静に比較すれば、

それらがどんなに類似したものかは誰の目にも明らかである。


その上で阿部せどり塾のような欠陥教材によって大問題をお越し、

大返金騒動を起こした周知の事実がある情報が含まれているにも関わらず

何故その糸を引いているような者にお布施を支払ってしまうのか。


そんな情報弱者が余りにも多すぎる事が

この業界における最も深い、根本的な問題なのである。


それもその元となっているビジネスが

需要と供給によってのみ成り立っているような

「せどり」や「転売」などの市場である以上、

そこに多くの参入者が殺到すれば飽和する事は目に見えている。


この手のノウハウは例えそれが本物であっても、

公開された時点で既に終了なのである。


この手口で販売されている高額情報には手を出すべからず。


どうかこの事を肝に銘じておいて欲しい。

関連記事一覧


>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>阿部せどり塾について

>アレックス式ネオせどりスクールについて

>パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール 原田こうた 三田創平

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月17日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

このページの先頭へ

イメージ画像