即金系の情報商材は本当に「詐欺」なのか。

この情報業界には「即金系」と呼ばれる情報商材ジャンルが存在する。


今は無き「インフォスタイル」という情報商材ASPがそのジャンルを確立し、

一時はインフォトップやインフォカートに迫り勢いで

その売上を伸ばし続けていたとも言われているのだ。


そんなインフォスタイルに追随するかのように

この業界では数々の即金系ASPなるものが立ち上がり、

立ち上がっては消え、また立ち上がっては消えるという状況を作った。


そのまま今の残っている即金系の残党的ASPが

・インフォジャパン
・インフォフレンド
・インフォレストラン
・副業.com


などであり、その時期に立ち上げり消えていったのが

・インフォキャッチ
・インフォライフ
・インフォオーダー
・インフォイディア
・副業出版


などである。


また若干クリーンなイメージはあるものの

全盛期から今も水面下で半即金系を扱っているASPとしては

・インフォポイント

なども挙げられる。


いずれのサイトも即金系と呼ばれる情報商材を扱い、

この業界では若干冷ややかな目で見られている節さえある。


ただ情報商材業界の過去の足取りを見ると、

この即金系情報商材はこのような即金ASPの専売特許だったわけでは無く

インフォカートはもとよりインフォトップ、

更に遡る初代情報商材ASPとも言えるインフォストアなどでも扱われていた。


ただかの有名なE-BOOK白書を発行する

「トレンドライフ」(現在の経済新報)の登場などから、

大手ASPに対してのネット報道などが成され、

徐々にインフォトップやインフォカートは即金系情報商材を扱わなくなり、

その際に行き場を無くした即金系情報商材のインフォプレナーが

当時数少ないASPの中で唯一即金系情報商材の登録が簡単に行えた

インフォスタイルの方へ次々に大移動していったのである。

即金系ASP「インフォスタイル」の躍進と衰退


この頃から即金系ASPとそうでは無いASPに線が引かれ、


インフォスタイル=即金系=詐欺


というような風潮から


インフォトップ=安心


というような業界の相関図が出来上がっていった。


ただここで1つ定義を明確にしておきたいポイントがある。


それはそもそもその「即金系情報商材」とはどういうものなのか。


即金系=詐欺という事を言っているアフィリエイターはまだしも

その言葉を真に受けている多くの人間はあまりこの事を認識していない。


即金系ASPで売られている情報商材=即金系


そう考えている者もいるのではないだろうか。


そもそも即金系情報商材とは


ここで明確な境界線を1つ引いておくなら

即金系情報商材とは、

「ネタを明かさないセールスレターで売られている情報」

の事を言う


つまりその「中身」や「販売されているASP」は無関係なのである。


ネタを明かさないセールスレターというのは


“●●するだけで30万円稼げる”

“ある方法で不労所得”



というようなもので、

要するにそのビジネスモデルや手法が伏字になっているというもの。


ただその中身はアフィリエイトのノウハウであったり、

せどりや情報販売などのノウハウである事も珍しくは無い。


つまりその中身はインフォトップで販売されている


“せどりで月収30万円を稼ぐ方法”

“アフィリエイトで不労所得”



というような情報とさほど変わり無い場合もある。


よって即金系情報商材とは

その手法を明かさないという広告戦略によって売られている情報であって、

とくにそれ自体が必ずしも詐欺的なものというわけでは無いのだ。


勿論、消費者としてはどういうビジネスで稼ぐものか、

どういう手法で利益を上げるノウハウかを明かされている方が

そういうノウハウを欲しいという者が安心して情報を購入できる。


ただ即金系情報商材はそれが明かされていないというだけであって、

それが明かされていない事はセールスレターを見れば明らかなのである。


「どういう情報かもわからないなら買わないでおこう。」


どういうノウハウかがわからない点に不信感を覚えるなら、

そういうセールスレターを見た段階で買わなければいい。


ただそれだけの話なのである。


即金系情報商材=中身が明かされていないセールスレター


しかし世の中にはアフィリエイトやせどりや情報販売など

既存の多くのビジネスで失敗を繰り返し、

そういうものとは違う新しいビジネスを求めている者も多い。


そういう者達がこういった即金系情報商材に手を出すのである。


ただここで多くのアフィリエイターが


即金系=詐欺


というような事を謳っている事に対しては、

私はあえて苦言を呈していきたいと思う。


そもそも彼等が即金系に「詐欺」というレッテルを貼りたい理由は

自分の推奨する情報商材に安心感を与え、購入させる為に、

ただそういった即金系情報商材を詐欺だ何だと言っているだけなのである。


即金系情報商材は中身がわからない売り方をしているだけに

適当な批判文章を書いて詐欺商材呼ばわりする事はたやすいのである。


それをいい事に自分等の推奨する情報商材を信用させ、売り捌く為に

そういった情報商材の批判をして売上を上げようとするアフィリエイター、

そういった輩がこの業界には多数いるのである。


むしろそんなアフィリエイターの大半は大抵

業界の健全化などという耳障りのいい事を誇張し、

●●塾なるものに人員を集めては

自分等の息のかかった情報商材を販売している事がほとんどであり、

それが本当に価値のある情報であればいいものの、

そんな戦略を取っているアフィリエイターは

大抵が目先の金だけを追っている実は何のノウハウも持っていない、

単なる「金の亡者」である可能性が高いのである。


まさに批判するには手頃な即金系情報商材を詐欺と誇張し、

巧み自らの詐欺的な販売行為に顧客を誘導しているという図式である。


即金系情報商材=詐欺という風潮の実態


これは既存のインフォトップ系アフィリエイターにもその傾向は存在し、

何か適当な情報商材を中傷して自分の売りたい情報を売る。


これがあたかも正攻法化のような風潮になっている節さえあるのだ。


当然これは大きな間違いである。


先ほども言ったように即金系情報商材は

あくまでもそのビジネスモデルなどを明かしていない

広告戦略上の違いがあるだけに過ぎない。


逆に「どういうビジネスモデルか」を明かしていれば、

その情報商材が全て本当に価値のある情報かと言えば、

言うまでも無く決してそうでは無いのである。


ビジネスモデルを明かしていても

価値の無い詐欺的な情報商材は多数する。


逆に広告上にビジネスモデルを明かしていなくても

価値のある優良な情報商材も少なからず存在するのである。


とくに私は即金系情報商材を擁護する気はないが

この業界の意見はあまりに偏り過ぎている節があり、

その辺りの真実に斬りこんでいる者も皆無であった事から、

私はあえてその事実を伝える立場を取った。


実際にインフォトップのアフィリエイターランキングを見ても

本当に実力のあるトップアフィリエイターで

他人や他の情報商材の批判ばかりをしている者はほとんどいない。


つまりそんな戦略を取らなければ稼げないという時点で

そんなアフィリエイターにはノウハウも実力も無いのである。


そんな輩の発言に振り回され、

彼等の利益にしかならない価値の無い情報に対しては

決して金を出していくべきではない。


「どういう方法で稼ぐノウハウを公開している情報商材か。」


これが不明な情報に興味が無ければ手を出さなければいいだけの話しである。


こういった広告戦略の有効性が無くなれば

必然的に即金系と呼ばれるような情報商材は無くなるはずである。


これはもう消費者側の意識の問題である。


よって少なくとも

即金系(中身を明かさない広告戦略で売られている情報)=詐欺

というような事を言っているアフィリエイターは

ただ自分等の情報を売り込む為に

批判しやすい情報商材の中傷行為を行っているだけの輩である。


指標にすべきは本当に実力があり、

本当に稼げるノウハウを見極める能力のあるアフィリエイターであり、

そんな信頼できるアフィリエイターの発信する情報にこそ、

耳を傾けていく価値があるのではないだろうか。


少なくとも私はそう思う次第である。


このブログの読者にはその真実に気付いてもらいたい。


>情報業界の真実講座コンテンツ一覧へ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年12月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

阿部せどり塾について

ここ最近、最も多くの被害者を生み出し、

大問題を引き起こした情報商材として

その筆頭に挙げられるものがあるとするなら、

間違いなくそれはこの高額塾教材ではないだろうか。


阿部せどり塾(魚拓)

http://megalodon.jp/2011-1227-2110-59/www.sedori-success-secret.com/it/top.html

無料動画によるリスト収集から始まり、

誇大広告から参加前の電話相談など、

今ではこの手の高額塾教材の常套手段となっている手口も

全てはこの高額塾教材から始まっていると言っても過言では無い。


売上規模で7億円近い売上が上がったとも言われるこの情報は

単価20万円の教材費と逆するなら

2000人近い参加者を集めた事になる。


しかし販売からすぐにその各コンテンツやツールなどに

呆れるほどの弊害やトラブルが続出。


「このせどり手法で稼いでいる」という、

阿部氏の実績そのものも疑わしい事態となり、

物理的に実行不可能な詐欺教材である事が断定されたのである。


その被害者達の生の声は

“阿部せどり塾 返金”
“阿部せどり塾 詐欺”

などのキーワードで検索を行えば幾らでも出てくる。


その断定と共に決済を仲介していた最大手ASPインフォトップは

即刻、購入者に情報代金の無条件返金処置を実施した。


インフォトップ側も一時は多くの売上を伸ばし、

さじうかれていた事も考えられるが

あまりの騒動に提携しているカード会社からも苦言を呈され、

消費者側の立場で事態を収拾するより方法が無くなったのだと見られる。


ただこの商材の販売にはこの業界の某有名人が深く関わり、

その首謀は当の阿部氏では無くそちら側ではないかという見方もある。


その某有名人とは小島幹登、佐藤文昭、両名による「SKナレッジ」である。


確かに彼等が関係する情報は同様の手口で展開される高額塾教材が多く、

そのマーケティング手法やセールスレターには多く類似点が見られる。


それだけにそのような実績や手法を傘として、

矢面に立ってくれるような販売者像を立て、

その人物を前面に押し出して情報を販売しているとも考えられ、

全ての元凶はこのSKナレッジになると言ってもおかしくないのである。


しかし阿部せどり塾の騒動があったにも関わらず

インフォトップは彼等の情報商材を次々に扱っていく。


結局のところは同じ穴のムジナといったところだろうか。


業界の健全化と耳障りのいい事を謳いながらも

最大手ASPであるインフォトップが率先して

その元凶と言ってもおかしくは無い輩達の情報を取扱い、

金さえもらえれば大々的な広告キャンペーンさえ打って出る。


全くもって呆れた状況である。


しかしこれがこの業界の現実なのだ。


やはりこの業界の健全化には

消費者側の知識強化と意識強化が必要と言わざるを得ない。


少なくともこの阿部せどり塾は紛れも無い詐欺教材であった事は疑い無い。


その事実を基にして考えれば、

この阿部せどり塾の販売を率先して行っていた

多くのアフィリエイター達も同罪なのである。


是非、消費者側はこのような悪質教材を生み出したSKナレッジや

そのアフィリエイター達が推奨するような同じような手口の高額教材などに

二度と金を出さぬよう気を引き締めてもらいたいものである。

関連記事一覧


>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>阿部せどり塾について

>アレックス式ネオせどりスクールについて

>パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール 原田こうた 三田創平

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報

また新たな中井忍情報は公開されている模様。


こちらである。

http://lexuss.net/

 
 
 
謳い文句は下記の通り。



サイトを巡回し、コピペをする→指定の場所へ移動し、報酬を受け取る。
この繰り返しで資産3億作った悪魔の方法を、顔を合わせて教えますが・・・



相も変わらずの対面商法だが50万円という高額設定にも関わらず、

やはり被害者の声は後を絶たない。


何より目を向けるべきはこのサイトの特定商法表記。


販売者:西
代表責任者:西
所在地:東京都


・・・当然の事ながら、

このような特定商法表記は法律上認められない。


この時点でこのサイトは完全な違法販売を行っているという事である。


このような点も含めてこの情報の販売者が

過去にどんな情報をどんな手口で販売し、

被害者を量産している状況にあるか。


その詳細はこちらに記事に詳しく記してある。

http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)暴露 詐欺


またこの情報を含めて第3者の購入者を装う形で

自作自演で自らの販売情報を褒めちぎっているサイトが複数存在する。


その手口については下記の記事の方で、

その自作自演サイトの一覧と共に公開しているので、

こちらも目を通しておいて頂きたい。

三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


これまでの手口同様、この情報もその内容はありきたりな情報であり、

そのような低俗な情報を対面形式で提供し、

口八丁で初心者をやりこめるという手口を用いている事は間違いない。


引き続き巧妙な手口に騙されないよう、

この人物の販売情報に対しては引き続き注意を呼びかけたい。

関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)詐欺 暴露

通称、三木本こと中井忍がまた新たな情報を公開し、

そこからも新たに被害者の声が上がっている。


その販売サイトはこちらである

http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/

fc2ぶろぐを利用した怪しい雰囲気がプンプンのサイトであるが、

何故かこんなサイトに興味をそそられ、

30万円という大金を支払って情報を購入している

哀れな被害者達が相当数存在するというのである。


ただそんな状況を生み出している理由は2つある。


1つは対面(顔と顔を併せて)で直接情報を提供するという点。


そしてもう1つはこのサイトで稼ぐ事が出来たという

第3者の声を装った自作自演サイトで、

あたかもこの情報が本物の情報であるかのように

この販売者自身が情報操作している点である。


確かに直接会って情報を提供してくれるとなれば、

そこまで詐欺的な情報が提供される事は無いだろうと、

そのように考えてしまう気持ちは分からないでもない。


しかし詐欺師はそこにつけ込んでくるものなのである。


それも巧妙な手口で・・・。


この人物が過去にどんな情報をどんな手口で販売し、

その購入者達をやり込めてきたのかについては

その詳細を詳しく記載しているこの記事を参照頂きたい。


>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)暴露 詐欺


またこの情報を含めて第3者の購入者を装う形で

自作自演で自らの販売情報を褒めちぎっているサイトが複数存在し、

この人物はその手口で販売網を広げ、

次から次へと被害者を拡大し続けている。


その手口については下記の記事の方で、

その自作自演サイトの一覧と共に公開しているので、

是非一度目を通しておいて頂きたい。


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


その手口が同じだけにこの人物についての悪評や

各販売情報の暴露情報も多く出てくるようになってきた為、

新たな販売サイトや販売情報を用いての販売活動が目立ってきた。


しかしその手口は同様のものなので、

どんなに新たな情報を公開してきても、

結局は全て中井の息がかかったものである事がまる分かりである。


とくにこの販売者の販売網の中核を担っているのは下記のサイト。


日本最大級の情報商材レビューサイト(三木本)

http://www.no1-reviewer.com/

この管理人は他でもないこの情報の販売者である通称、中井忍。


このサイトで不自然に持ち上げている情報があれば

それは間違いなくこの人物の販売情報であり、

それが対面形式という手口のものであればほぼ100%間違いない。


そして内容はありきたりな情報を対面で提供し、

初心者をやりこめる事を目的した情報に過ぎないという事である。


巧妙な手口に騙されないよう、

この人物の販売情報に対しては引き続き注意を呼びかけたい。

関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報 暴露 詐欺

特定した情報商材名も無く、

販売元の氏名や所在地さえ明かさない。


そんなどう考えても怪し過ぎる情報にも関わらす、

何故か多くの被害者を生み出している詐欺情報が存在する。


こちらである。


販売URL: http://mendan20.com/
販売URL: http://nakatan.net/



2つのURLで同じような販売ページが2つ存在するが

これは既に流出している悪評を逃れる為、

同内容のサイトを別のURLで公開している模様である。


基本的にはヤフーオークションで販売されている事が多い情報であるが

今はこれらのサイトからも直接申し込みが出来るようになっている。


しかしそれぞれのサイトを見て頂ければわかるが

これらのサイトには本来掲げなければならないはずの

「特定商法取引に基づく表記」が見当たらない。


情報商材の販売をサイト上で行う以上、

販売者の氏名、住所、連絡先などを提示する義務がある。


つまりそれを掲げずに情報の販売を行っている時点で

この情報は完全に特定商法違反を犯しているのだ。


そして法を犯しているからこそ、

この情報はASPなどの決済サイトを利用する事が出来ず、

その内容的にもその審査基準を満たす事の出来ない

そんなレベルの低俗な情報なのである。


この時点で少しでも法律知識があれば、

こんなあからさまな違法商材に手を出してしまうわけが無い。


更にその情報価格が235000円というから驚きである。


しかしここまであからさまな高額違法商材に対し、

その被害者が後を絶たない状況にあるという。


「直接会って情報を教える。」


この一言に多くの人が騙されているのだ。


では、実際にどんな情報が提供されるというのか。


直接会って情報を提供してくれるとなれば、

そこまで詐欺的な情報が提供される事は無いだろう。


そう思ってしまう気持ちも分からないでもない。


しかし詐欺師はそこにつけ込んでくるものである。


もともと特定の情報名をつけず、

悪評や暴露ネタを見つけにくくしているようだが、

よくよく探せばそんな意見が次々と目に入る。


その販売者は「中井忍」というらしく、

数多くの自作自演サイトを運営している経緯から、

そのサイトの管理者名として「三木本」とも呼ばれている。


この情報についてを検索していく中で出てくる

「この情報で本当に稼げた」などと書いているサイトは全て、

この人物の自作自演サイトと見て間違いない。


よくよく見れば各サイトの構成や文章にかなりの一致が見られる。


その手口については下記の記事の方で、

その自作自演サイトの一覧と共に公開している。


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


逆にこの人物の息がかかっている自作自演サイト以外で、

この情報の事をよく言っているサイトはほぼ皆無。


しかしこの人物はそうした悪評さえも、

同業者による根拠のない誹謗中書と豪語し、

本物の情報だからこそ同業者には目の敵にされているのだと言う。


では私自身が自ら調査したその内容をここで明らかにしておこう。

批評


この情報は通称“中井忍”曰く、

旧バージョン、新バージョンと、2つの情報が存在する。


これはネット上で情報内容が暴露される度にその情報内容をすり替え、

「ネットで暴露されている情報とは違う情報です。」と言い張っている為である。


まず既に多くネット上で暴露されている旧バージョンは、

やはりその暴露通り「グーグルアドセンス」を利用したものであった。


勿論、グーグルアドセンス自体は詐欺的なビジネスでも何でも無く、

実際にこのビジネスで稼いでいる国内ユーザーも多数いるだろう。


しかしこの通称“中井忍”が提唱しているアドセンスのノウハウは

マニュアルにするとわずか8ページほどの薄っぺらいもので、

その手法も何ら目新しさも何も無い内容である。


そんな8ページほどの内容をわざわざ会って教えるというのだから、

いかにその口八丁で相手をやりこめようとしているか、

よほど話術に自信があるのだろう。


内容としては無料レポートや検索ベースで知る事が出来る程度の

本当に初歩的なアドセンスノウハウである。


“400字×30記事程度の中規模のサイトを量産していく”


言ってみればただこれだけのノウハウなのだ。


この程度の情報で30~50万円を稼げる、稼いでいると豪語し、

20万円を超える金額で売り捌いていたのだ。


しかしこのような明らかな詐欺情報に引っかかってしまうのは、

アドセンスの「ア」の字も知らない初心者の可能性が高い。


それだけにこんな低俗な情報にも、

自信満々な口調で説明されれば納得してしまうのかもしれない。


しかしいざやってみればその結果は一目瞭然。


このようなノウハウでそこまでの大金を稼げるはずもない。


確かにそれなりの文字数と記事数を揃えたサイトを量産すれば

数百円から数千円程度の収入にはなるかもしれないが、

やはりその程度が限界というのが現実である。


20万という情報料の回収にどれほどの時間と労力がかかる事か。


まさに初心者を騙す為の手口とやり口である。


しかしこれは既にネット上で数多く暴露されている旧バージョンのもの。


今は新バージョンを謳い、別の情報を提供している。


その新バージョンは俗にいうサイト転売ビジネス。


その中で中井はアダルトサイトの転売が儲かると豪語し、

その作り方や転売の仕方を指南している。


しかしその内容もアドセンスの情報と同様に

やはり低俗で思わず溜息が出てしまうような内容なのである。


到底、買い手が付くとは思えないような低俗なサイトを作るノウハウ。


それも初心者にとっては到底簡単と思えるようなものでも無く、

またそれを作り上げられたとしてもまず買い手は付かない。


つまりその労力さえ無駄になる事が目に見えている

どうしようも無い情報なのである。


おそらく中井自身も全く実践などしていない

机上の空論を描いただけのノウハウである事はまず間違いない。


そもそもネット初心者がそう簡単に

買い手がつくようなアダルトサイトなど作れるはずが無いのだ。


しかしこの情報もネットビジネスのネの字もわからない初心者なら

これで稼げると言われればその場では納得してしまい、

それから中井の口車に乗せられ、

買い手が付く事も無いようなサイトの作成に

手間と時間を取られていくのだろう。


そして想定した以上の作業を強いられ、

おのずと諦めるしかない状況に追い込まれるか、

もしもサイトが出来上がったとしても、

あれが違う、これが違うと難癖を付けられる。


いずれにせよ「稼げない責任は自分にある」という状況を作り、

そのまま諦めさせるという手口で騙しこんでいるのだろう。


熱帯魚の飼育転売や実験用モルモットの飼育ビジネスなど、

儲け話を持ち掛けつつ高額なその飼育キッドを売り込む

悪質詐欺商法の現代版と言ったところであろうか。


むしろその内容を明かさない段階で、

情報料として先立つ多額の金銭を支払わせているだけ、

この情報の悪質度は更に高いと言わざるを得ない。


結論として中井の扱うこれらのこの情報は

今や無料でも知る事の出来るような情報内容を、

いかにもまだほとんど知られていないビジネスのように思わせ、

対面形式という名目で多額の情報料を取っている、

ただそれだけの悪質極まりない低俗情報という事である。


あたかも信用を装う対面という形式や

巧妙な自作自演サイトも含め、

この人物の手口には注意が必要である。


追記


更に悪評が広がり続けている為か、

今は「番外編」「裏ver」「短期速攻編&エリートコース」と言った

旧バージョン、新バージョンと異なる謳い文句を用いている。


情報内容そのものも変更している可能性があるが、

これまでの2つの情報内容を見ても分かる通り、

この人物が価値のある情報を提供出来るとは到底思えない。


これまでの手口から見てもこの人物は

現在販売している情報の悪評や暴露情報が流れると

「グーグルアドセンスは関係ありません。」

「アダルトサイトの転売ではありません。」

と、これまで販売していた情報内容を否定する。


そしてそれとは全く別の新しい情報かのように見せかけ、

取ってつけたようなありきたりな情報を提供してくるのである。


現在の情報はというと、

実際に購入してしまったという被害者からの情報によると

そのうちの1つはFXトレードのノウハウなのだとか。


このような詐欺商法を繰り返す人物の投資ノウハウなど

自身の大切な資金を危険に晒すだけである。


引き続きこの人物の販売情報に対しては注意を呼びかけたい。


関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

三木本と名乗る猫の管理人画像が象徴的な

日本最大級の情報商材レビューサイトというサイトをご存知だろうか。




このサイトだが一見は与沢翼氏を始めとする

インフォトップ系の情報起業家やアフィリエイター、

最近はあまり見ませんが以前のインフォスタイル系、

インフォレストラン系の情報商材など、

これらを批判する正義のレビューサイトを装っている。


ただその実状はその管理人自身が

自ら販売している情報商材を巧妙に売り込む為のサイトであり、

他の起業家を批判する事で信用させ、

自らの商材を売り込んでいく事を目的に運営されているサイトなのである。


その他、ちょっと名前が挙がってくるような起業家がいると

すかさずケチを付けて詐欺師呼ばわりという始末。


その中傷相手や情報商材など、

その実状や中身がどうであろうとお構い無しに、

とにかくケチを付けていく。


要するに自分は販売する情報さえ売れれば何でもいいのだ。


そういった話題の起業家の名前や商材名は

それを記事にするだけでも集客になる。


まさに有名起業家やその販売情報の中傷行為は、

集客と販売を一体して行っていく事が出来る為、

この三木本なる人物にとっては極めて効率的な販売戦略なのである。


とは言え私自身、この手法自体を非難するつもりはない。


このような手法はこの業界にはあって当然のものだからである。


そして実際に販売している情報が本当にいいもので、

価値のある情報だと言うならそれはそれで結構だ。


実際にこの業界の情報などは大半が詐欺的、

もしくは価値の無い情報なのだから、

このような意図で運営されているサイトであっても、

無駄なお金を捻出せずに済む人は少なからずいると思うからである。


しかし、この三木本(本名は中井忍というらしい)なる人物が、

このような手法で販売している情報は、

三木本自身がその運営サイトで中傷しているような数多くの情報商材より、

遥かに価値の薄い全く持って再現性の無いゴミ商材なのである。


少なくとも彼の売っている情報と比較するなら

与沢氏などが販売している情報の方がまだマシである。


要するに再現性も無ければ中身も無いペラペラなゴミ商材。


三木本なる人物はそんな情報を

他の情報や起業家を中傷するという手口で、

数十万円もの高値で販売し被害者を増やし続けているのである。


ではその販売情報がどういったものなのか、

その詳細については下記の記事で批評しているので、

中身がどうしても気になるなら是非参照頂きたい。


>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)暴露 詐欺

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)詐欺 暴露

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報


また、この三木本なる人物はとにかく似たような手口で

他の起業家や情報商材を中傷するサイトを量産し、

全く同じ手口で自身が販売する情報への誘導を行っている。


・ネット収入で目指せ月100万円!!
 http://100manmezase.blog.fc2.com/

・アキの阿部塾ってどうなの?セドリ実践レビュー
 http://ameblo.jp/abejuku-sedori/

・情報商材暴露レビューのミヤグチ屋
 http://miyaguchi-ya.com/

・掲示板@情報商材暴露&返金相談
 http://henkin.biz/read.php/henkin/

・ヤフーオークション・ヤフオク情報商材暴露公開掲示板
 http://jbbs.livedoor.jp/internet/1776/

・儲かる情報商材を暴露する裏サイト!byミサミサ
 http://misa-liberty.com/

・fukugyomaster
 http://fukugyomaster.blog.fc2.com/

・成功者になるためのブログ
 http://seikousyakasoku.blog.fc2.com/

・詐欺情報商材撲滅委員会
 http://onayamifree.info/

・あの気になる情報商材のレビュー!稼げる?詐欺?
 http://blogs.yahoo.co.jp/mzrjj8987/MYBLOG/yblog.html

・ネットビジネス検証ブログ
 http://kazushou.jugem.jp/

・情報商材失敗日記
 http://nikki-net.com/

・ネットビジネス参加者の実践レビュー
 http://blog.livedoor.jp/chaocho7/

※その他、同様の手口で詐欺情報を推奨する媒体が多数


更に他の起業家や情報を中傷する方法とは違う手口でも、

下記のようなブログで同様の詐欺商材への誘導も行っている。


・気ままな旅行ブログ
 http://www.tabidaisuki.com/

 旅行好きの一般人を装い各地の旅行についての豆知識などを紹介
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・趣味がない人生がつまらない人間が、
 お金持ちになり女にもて生活を楽しむ方法のブログ
 http://seikatublog.com/

 女性にモテる方法などを語る一般人を装い
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・クラシック音楽初心者のための楽しみ方
 http://www.classicmusic-navi.com/

 クラシック好きの一般人をその知識などを紹介
 その中でネットビジネス体験記と称し詐欺情報への誘導を図る


・一般人が法律をうまく活用する方法
 http://orochisan.info/index.html

 過払い請求や債務整理の情報をまとめたサイトと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・ikechanのブログ
 http://ameblo.jp/aka-chanblog/bookmark.html

 子育てなどをテーマにブログをやっている一般人を装い
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・ラーメン巡りブログ
 http://ramenmeguru.seesaa.net/

 ラーメン屋巡りをやっている一般人を装い
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・ナンパ日記ナンパブログ
 http://blog.livedoor.jp/lifenanpa/

 ナンパのノウハウなどをまとめたサイトと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・私のキャッシング債務整理ブログ
 http://hensainikki.cocolog-nifty.com/

 キャッシングや債務整理の情報をまとめたサイトと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・集団訴訟呼びかけのブログ
 http://blog.livedoor.jp/mendan20sagisosyou/

 詐欺商材への集団訴訟を呼びかけるブログと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・おしゃれな専業主婦を目指しつつ、家計節約の方法のブログ
 http://www.setuyakkumama.com/

 一般専業主婦のブログと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る

※その他、同様の手口で詐欺情報を推奨する媒体が多数


各ブログやサイトの文体や手口を見れば、

それが全て同一人物の手によるものである事は明らかだが、

そのような客観的な視点を持つ事が出来ないが為に、

今もこの三木本なる人物に騙されている被害者が後を絶たない。


この情報の真実について、

より多くの人の客観的な意見を聞きたいなら、

下記2ちゃんねるのスレッドが最も適切だろう。

>2ちゃんねる:ヤフオク情報 【直接会って教える中井忍のスレ】


また、ここ最近の情報によると、

多くの購入者から立て続けに少額訴訟を起こされ、

次々と敗訴していっているという。


その為か今は少額訴訟の対象にならない

対面の際に60万円以上の商材を売りつけてくるというのだ。


情報業界に携わるサイトやブログなどを運営している者は、

是非この人物についての注意を呼びかけて欲しいものである。

関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

このページの先頭へ

イメージ画像