与沢翼の与沢塾3期 特定商法違反の疑い 返金騒動 詐欺

専属ドライバーの暴行事件による書類送検が記憶に新しい与沢翼氏。


その報道とほぼ同時期に募集が開始された与沢塾の3期募集に、

既に幾つかの問題が浮上しはじめているようである。

与沢翼の与沢塾3期生募集に特定商法違反の疑い


何とこの与沢塾3期生募集の特定商法ページに、

特定商法違反の疑いが浮上しているというのである。


その特定商法表記次項はこちらの通り。




販売会社は言わずと知れた「株式会社 Free Agent Style Holdings」。


ただその代表者が「与沢翼」となっているが

実はここがその問題点なのである。


というのも「与沢翼」は一説によると、

彼の「ビジネスネーム」であり本名は別であると言う。


現に彼は「与沢翼」という氏名をそのまま商標登録し、

その登録権利者が「與澤翼」となっていたという一件から、

与沢翼の本名は與澤翼であると言われていた。


その読み仮名はあくまでも「よざわつばさ」であるが

与沢翼は実名とは異なる漢字を用いた

あくまでも「ビジネスネーム」なのである。


にも関わらずこの「与沢塾3期」では、

その本名とは異なるその「ビジネスネーム」を

こうして特定商法表記のページに掲げている事が分かる。


ビジネスネームを名乗る事自体に違法性は無い。


しかしビジネスネームはあくまでもビジネスネームであり、

本名とは違う仮名である事に違いはない。


そのような仮名を特定商法表記のページに掲載する事は

完全な特定商法違反にあたり、

同時にそれは「偽名商法」に繋がってしまう。


何故なら特定商法表記には実名を明かす事が

商法上の原則とされているからである。


つまり特定商法表記のページにその氏名を乗せた段階で

消費者に対してはその氏名が実名であると偽った事になる。


30万円もの高額情報で特定商法違反及び偽名の使用は大問題である。


万が一今後この「与沢塾」に入塾したものが

この辺りの事実を追及していけば、

全ての参加者に対する返金が義務付けられる可能性さえある。


私自身、確固たる形で与沢翼の本名が與澤翼であると調べ上げたわけでは無いが

これが事実である可能性も踏まえて、

この与沢塾に申し込んでしまったような者に対しては

最低限の対策として現時点の特定商法表記ページをキャプチャし、

保存しておく事をお勧めしたい。


「値上げ準備中」を謳う詐欺師と同レベルの販売行為


また今回の与沢塾は値上げを煽るだけ煽っておきながら、

肝心な値上げ期日には「値上げ準備中」の表示を掲げ、

そのままの価格を継続してページを公開し続けている。


無論、このような値上げを煽るだけ煽り、

消費者を欺くような販売手法はこの情報業界では日常茶飯事であり、

現に多くの販売者が当たり前のように行っているような行為である。


しかしここまでの知名度を作り上げ、

30万円もの価格を打ち出している高額塾において、

このような裏切り行為をあからさまに行う図太い神経。


どうやら太いのは体だけではないようである。


本人曰く、50名に上るというサポートスタッフを抱えていながら

値上げを告知した日に手早く価格を更新する余裕も無いというのか。


私でもサイトのFTP情報を教えてくれれば3分で出来る作業である。


それを与沢翼を筆頭に50名のサポートスタッフ全てが

煽りに煽った値上げ告知をそのまま放置するという有様である。


値上げをするというタイミングで値上げをしないのは

それ以前に申し込んんだ人達を裏切っている事と何ら変わりはない。


このような約束を守らない輩に30万円もの代金を支払い

一体何を学ぶというのであろうか。


もしもこの与沢塾への入塾を検討している者がいるなら、

過去に公開している当ブログの関連記事も参考にして頂きたい。


「やめておけ。」


それが私から言える率直な進言である。


特定商法違反に偽りの値上げ告知。


このような行為を働く者のビジネス塾に価値など無いと断言しておく。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年12月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

高岡式PPCスクールの高岡勇人、偽名詐欺?特定商法違反の疑い。

このブログでも度々言及している

新手の「自称」起業家、斉藤和也氏が手掛ける高額塾教材。


株式会社シェイクオフ高岡勇人なる人物を中心とする

高岡式PPCスクールなるものが物議を醸しだしている。

高岡式PPCスクール高岡勇人の偽名詐欺騒動


現在、塾生を絶賛募集中という段階にある、

この高岡式PPCスクールだが、

その講師として名を挙げている高岡勇人なる人物が

偽名であると指摘を受けている。


情報の出元は高岡勇人なる人物が

学生と社会人が働く目的を語り合う「ハタモク」なるサイトにおいて、

自身の名前を顔写真を公開していた事にある。


これがその「ハタモク」掲載の顔写真。




ここには「中田隼太郎」という名が記載されている。


対して高岡式PPCスクール掲載の顔写真。



明らかに同一人物であるが氏名は高岡勇人と中田隼太郎。


完全に異なっている。


どちらが本名であるかは分からないが

ハタモクなるグループへの参加で

本名とは異なる名前を名乗る可能性を考慮すると

高岡式PPCスクール掲載の氏名が

本名とは異なるものである可能性が極めて高い。


無論、これがただのビジネスネームであるなら、

とくにそれがどうという話にはならない。


実際にこの業界では多くの起業家が

ビジネスネームを利用して活動している。


それを「本名である」と偽ればそれは問題であるが、

そうでないというなら法律上は何ら問題のある行為ではないのである。


しかしこの高岡式PPCスクールでは、

特定商取引法に基づく表記のページに

ハッキリと「高岡勇人」の氏名を掲載しているのである。




高岡式PPCスクール特定商法違反の疑い


特定商取引法に基づく表記への

ビジネスネームの掲載は法律上許される事では無い。


つまりこれは完全な特定商法違反なのである。


ただしこれはこの掲載情報を目にした上で、

この高額塾教材に申し込み代金を支払った者は

「特定商法違反」を指摘して

いつでも返金を捥ぎ取れる状況にあるとも言える。


いずれにせよ197000円という

20万円近い金額を取る案件でありながら、

特定商法表記に偽名を記載する行為は

実質的な「詐欺」にも近い行為と言わざるを得ない。


特定商法表記に名前を掲げるという事は

その氏名を「本名である」と明記している事と同様だからである。


しかし本名がそれと異なるのであれば、

それはもはや消費者を欺いているとしか言いようが無い。


20万円もの高額教材の講師が

堂々と偽名を語り消費者を欺いている可能性があるのである。


この高額教材は今後大問題に発展するのではないだろうか。


裏に控えるは株式会社ラストランプ斉藤和也氏


そしてこの高岡式PPCスクールのプロモーションを見る限り、

裏で糸を引いているのはほぼ間違いなく

株式会社ラストランプ斉藤和也氏であると見られる。


株式会社ラストランプ斉藤和也氏は

この高岡式PPCスクール以前も

高野勇樹なる人物を押し出した

LINEリッチプロジェクトなる高額塾教材をプロモートし、

こちらでも物議を醸す大問題を引き起こしている。


同教材の講師を名乗っていた高野勇樹と、

その教え子を名乗る某高校生が出演している動画があり、

その某高校生が彼等の手口の裏側を暴露したのだ。


「本当は僕が高野さんにこのノウハウを教えたんです」


と自らのフェイスブックで告白し、

斉藤和也等が手掛ける情報全般の「やらせ動画」の裏側が

ほぼ完全に暴露されてしまったのである。


慌てた斉藤和也氏等は即刻この

LINEリッチプロジェクトのプロモーションを中止。


これ以上マイナス情報が出回らないよう火消しに奮闘したと見られる。


いずれにせよ斉藤和也氏が絡んだ動画プロモーションは

そのほぼ全てが「やらせ動画」であり、

その実績等も「偽り」である詐欺商法という事が明らかになったのである。


この高岡式PPCスクールも先立つ動画プロモーション等の内容から

斉藤和也氏が手掛けるものである事は明らかである。


高野勇樹のLINEリッチプロジェクト同様、

その動画もやらせである可能性も高く、

その実績等も全て偽りである可能性も極めて高い。


PPCアフィリエイトはキーワードの競り合いが基本である為、

動画内等で語られていた4000名までは飽和しないなど、

何の根拠もないその内容は呆れるばかりと言わざるを得ない。


しかし彼等がターゲットにしている

初心者層はその会話内容がいかに不自然なものかを見極められない。


故に騙されてしまうのである。


このブログを介して引き続く警告を呼びかけていきたい。


関連記事一覧


>株式会社ラストランプ斉藤和也「大富豪専門学校」詐欺ブログと迷惑メール行為の実態

>高岡式PPCスクールの高岡勇人、偽名詐欺?特定商法違反の疑い。

>LINEリッチプロジェクト 高野勇樹と斉藤和也のやらせ動画が発覚した件。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年12月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:斉藤和也

このページの先頭へ

イメージ画像