ヒマを持て余した神々の遊ビジネス 今関庸平 株式会社SKナレッジ 株式会社A-プログレス

現在、小島幹登、佐藤文昭からなるSKナレッジが

複数の派手なオプトインページを公開し、

リスト集めに奮闘している模様である。


先日もライオンアフィリエイトこと、

大西良幸のアンダーグラウンドメソッドについて報じたが

現在は同時進行で幾つかの企画を同時稼働させているとみられる。


そのうちの1つがこの今関庸平なる人物による

「ヒマを持て余した神々の遊ビジネス」である。

ヒマを持て余した神々の遊ビジネス

http://aso-business.com/a/index.html

ヒマを持て余した神々の遊ビジネス 今関庸平とSKナレッジ


「毎月325万円以上を強奪し続ける究極の福音ビジネス」


それがこのオプトインページの謳い文句である。


内容は「トレーディングカードの転売ビジネス」であるという。


トレーディングカードの転売で月収325万円。


そんな実績をこの今関庸平なる人物が本当に得ているのか。


もはや架空の実績をオプトインページでブチ上げ、

無料のオプトインページという名目で

言いたい放題の誇大広告でリストを収集。


そのリストに巧妙な高額オファーを投げかけ、

更にそこから目が飛び出るほどのバックエンドを提示する。


それが小島幹登、佐藤文昭からなるSKナレッジの手口である。


今や30万円代の「フロント商品」に対し

50~60万円代の「バックエンド商品」を打ち出してくるという。


普通人の感覚であればもはや30万円が

与えるべきノウハウを全て与えて欲しい金額であると思われるが

もはや腐りに腐りきった情報起業家勢は

30万円もの大金を搾り取ったあげく、

更にその2倍3倍の金額をふっかけてくるのだ。


しかし消費者心理として30万もの大金を支払った後に

そこで手に出来る内容が全体の3分の1程度にしか満たない

ただの「フロント商品」である知ってしまうと、

そこからはもう後には引けず

更に50万、60万という金を投じてしまうものである。


もはや典型的な「詐欺師の手口」であり、

それが今この情報業界で多額の売上と利益を上げている、

多くの情報起業家が消費者を欺いている手口でもある。


堂々とその詐欺師面を公衆の面前に晒し、

見え透いた台本まる出しの対談動画で観覧者を欺き、

ほぼ架空の実績を消費者を欺き、

再現性ゼロに等しい「教材」という名の

ゴミほどの価値も無いコンテンツを売りつける。


稼ぐ事も出来ずいざその内容を実践する上では

無益に時間と労力のみを取られるのであるから、

それはまさにゴミ以下のシロモノである。


いつまでこのような手口がこの業界を蔓延り続けるのか。


多くの消費者の目が一日でも早く「現実」に向き

このような詐欺師共に資金が流れる事が無くなっていくよう

私も出来る限りの活動をしていきたいと思う次第である。


今関庸平「ヒマを持て余した神々の遊ビジネス」。


SKナレッジの悪行には今後も注意が必要である。


また情報が入り次第、続報をお届けしたい。


関連記事一覧


>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>詐欺か。大西良幸のアンダーグラウンドメソッド(掲示板アフィリエイト)SKナレッジ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年2月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

「コピーをマスターすれば年収1000万円は簡単です。」


そんなキャッチコピーから始まるこの商材。


100億円ライティング
http://sk-knowledge.net/100oku/it/


かの有名なSKナレッジの小島幹登、佐藤文昭による

コピーライティングのDVD教材である。


“3本の情報商材で12億円売れるコピーを書いた。”


そう豪語するのはSKナレッジで手掛ける情報商材のコピー、

いわゆる文章の作成を担当している佐藤文昭氏。


そのライティングノウハウの全てを提供するというこのDVD教材だが、

私としてはその内容以前に疑問を投げかけたいところがある。


それはコピーをマスターすれば、

年収1000万円は簡単と豪語する佐藤氏に対して。


「では、あなたはたった一人になっても

 その“コピーの力”だけで年収1000万円を稼ぎ出せるのか。」


と。


・・・私の見る限りそれは難しいのではないかと言わざるを得ない。


何故なら彼等SKナレッジの手口は

大金を投じての無料コンテンツなどから始まる

プロダクトローンチを駆使したマーケティング手法にあり、

そこから展開される巧みな動画などによって

その売上の大半が作られていると言っても過言ではないからである。


実際に佐藤氏が手がけた億を稼ぎ出すセールスレターを目にしても、

そこからの売上がコピーライティングの力によって作られた

文章力によるものだとは到底思えない節がある。


多くの業界人の推薦文や巧みなマーケティング動画、

購買意欲を誘う現金画像などなど、

彼等が手掛ける情報商材のセールスレターは

どちらかと言えばそれらに頼った販売ページがほとんどであり、

どう見てもコピーなどはその補足に使っている程度に過ぎない。


それらをひっくるめてコピーライティングというのであれば、

そういったものを用意出来ない者が

どんなに彼のノウハウを学んだところで、

彼等のような大金を生み出す事は不可能ではないだろうか。


逆に彼はそういったものに頼らない

本当の意味でコピーライティングのみに頼ったもので、

そこまでの売上を手にする事が出来るのだろうか。


おそらく“不可能”であろう。


つまり彼等が生み出している売上の実体は

決してコピーライティング力によるようなものでは無く、

大金を投じて無料の動画コンテンツなどを配布し、

そこから巧みなマーケティングを仕掛けていく仕組みの方にあり、

どう見てもライティングという分野に力を入れている起業家ではないのである。


しかし過去の手口を見ても明らかなように

彼等は売れるものなら何でも売る。


使える実績は何でも使う。


億単位の売上が上がるようなコンテンツを1つ作ったなら

他方では「これはマーケティング戦略による結果です!」と謳い

他方では「これは動画コンテンツによる結果です!」と謳い

そして他方では「これはコピーライティングによる結果です!」と謳うのである。


確かにそれぞれの要素は少なからず関連している。


ただあたかもその1点のみを学べば

同じような実績を生み出せるかのような言い回しで

多くの消費者をある意味欺いているのも事実なのである。


とくにこのセールスレターに掲載されている与沢塾の実績などは、

もはやSKナレッジの両名に留まる事無く、

その商材に関わった全ての者が

「この実績は自分の●●●●のノウハウがあってこそだ!」

と豪語している有様である。


私が知る限りでもどれだけそんな事が謳われている事か。


1つの実績を使い回し巧みに消費者を欺く彼等の手口。


全体像を見据える事が出来ない消費者の多くは

そのような甘い謳い文句に今も踊らされ続けているのである。


そんなこの業界の現状に私なりの警告を促したい。


互いに推薦文を書き合い、馴れ合い、褒め殺し合う、

彼等と関連する全ての自称“起業家”達には要注意である。


追記


この情報商材の内容を確認出来る機会があった為、

さわり程度数枚のDVDに目を通したが

まさに「呆れる内容」だったという事を付け加えておく。


当然“悪い意味で”である。


言うなれば書店に並んでいる既存の一般書籍を佐藤氏なりに噛み砕き

それらしく語っているだけの内容というのが率直な私の批評である。


そもそもこのようなDVD動画で

コピーライティングの何を学べるというのか。


この内容で10万円という価格はあまりにも消費者を馬鹿にし過ぎている。


ただこの程度の内容でも素直にその内奥を見て納得してしまう

まさにしく情弱な立場にある者達でこの業界は溢れかえっているのだ。


そんな情弱達に対し、これだけは伝えておきたい。


「まずは書店を回って普通にその分野の勉強をしてみろ。」


そうすれば、この10万円近いDVD教材が

いかに空虚で無価値なものかわかるはずである。


これならば以前に紹介した某ライティング教材の方が

価格を抜きに比較しても遥かに価値があったと思える。


お金で多大な労力と時間を短縮するという考えは悪くないが

そこにつけ込んでさほど価値の無いものを提供してくる輩がいる事を、

とくにこの情報業界では身を引き締めて注意していく必要がある。


以上が私なりのこの教材の批評である。

関連記事一覧


>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>阿部せどり塾について

>アレックス式ネオせどりスクールについて

>パジャマリッチビジネス/はらみたフルオートトレードスクール 原田こうた 三田創平

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年10月6日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー 株式会社SKナレッジ

このページの先頭へ

イメージ画像