インフォトップアフィリエイターランキング1位のブランディング効果

情報業界の最大手ASPであるインフォトップ。


そのインフォトップではアフィリエイターランキングなるものを

アフィリエイター専用のトップページや

各アフィリエイターの会員専用ページで公開している。


そのアフィリエイターランキングに対しては、

各アフィリエイターが個別で参加、不参加を決める事が可能で、

「参加」の設定を施すと自身のアフィリエイター名等が

そのアフィリエイターランキングに表示されるようになり、

「不参加」の設定を施すとそれが非表示となる。


厳密にはどのアフィリエイターが

そのランキングに参加しているかは分からない為、

そこに公開されているランキング1位のアフィリエイターが

本当のトップアフィリエイターでは無い可能性もあるという事になる。


ただ大半のトップアフィリエイターは、

このランキングに自らの名前を公開する事でその知名度等を上げ、

自身のブランディングなどにも利用しているというのが実情である。


自らのメルマガやブログなどにその事実を公表したり、

自身が自らのノウハウを情報商材として発行する際なども


「インフォトップアフィリエイターランキング1位」


というような代名詞を大々的に掲げている事が多い。


そのような手法でこの業界の有名人となっていったアフィリエイターが


川島和正、与沢翼、みんてぃあ、だいぽん、小玉歩(AYU)などである。


ただ彼等は自分がランキングトップにいる段階や

ランキング昇り調子の際は自らのアフィリエイター名をランキングに公表し、

その実績を大々的に公表してブランディングと集客を図るが

その成果が下がり始めると途端に自らの名前を非表示にする。


1位という事を代名詞にしてしまった以上、

そこからの転落は実力と影響力の衰退に繋がってしまうからである。


しかしもともとそういう実績を全面に押し出すやり方をしている者が

そのようなランキングから名前を消すという事自体、

もはやその売上が下降状態にある事を示しているのと何ら変わりはない。


実際に先ほど名を上げた歴代の

アフィリエイターランキング1位取得者達は

その大半が今やランキングに名前さえ表示していないのである。


ちなみにこれが先月2013年11月度の

アフィリエイター売上ランキングのキャプチャ画像である。




先ほど名前を挙げた者達でここに名前を公開しているのは

与沢翼氏とだいぽん氏のみ。


ただ与沢翼氏に限っては全盛期のアフィリエイト報酬が

悠に1000万円を超えていたにも関わらず、

現在はその金額が半分以下の400万円ほどに落ち込んでいる事がわかる。


勿論、アフィリエイト報酬400万円は十分に立派である。


しかし年収が5億、10億と増えているわりに、

自らのブランディング作りの礎となった

アフィリエイターとしての実績が下がっている点には

やはり疑問を覚えずにはいられない。


更に言えば与沢翼、だいぽん氏以外の面々に限っては

もはやランキングにすら名前を公開していない状況である。


川島和正氏はもはやアフィリエイターとしての知名度は捨て、

年収1億円「ブロガー」を名乗っている為、

そのキャッシュポイントが広告収入などに移行している可能性がある。


みんてぃあ氏に関しては最近の目立った活動が無いので言及を差し控えるが

小玉歩氏などは現在進行形で

アフィリエイターランキング1位を全面に押し出した自らの情報商材、

「フロントラインマーケティング2013」なる教材を売り出しておきながら、

肝心なアフィリエイターランキングで名前を潜めるという点に

私としては「器の小ささ」を感じずにはいられない。


与沢翼氏との「ネット有名人完全プロデュースパッケージ」についても、

このブログでは一度小玉歩氏についてを言及した。


インフォトップアフィリエイターランキング1位の座。


その栄光のブランディング効果はその大きさの反面、

それを維持していく事の難しさも伺い知れる。


いざそのトップアフィリエイターの座を維持できなくなった時、

大抵のアフィリエイターはその栄光を掘り返し、

自らのノウハウを「情報商材」として売り出し始めるのである。


しかしその頃には既にそのアフィリエイターは

トップアフィリエイターでは無く

落ち目のアフィリエイターになっている事も珍しくはない。


その落ち目のアフィリエイターが使い古したノウハウ。


それにどれくらいの価値があるというのか。


私は疑問を覚えずにはいられない。


ランキングトップという栄光はまさにもろ刃の剣なのかもしれない。


例えそれが一時の栄光になると分かっていても

それを多いに利用していく与沢翼氏や小玉歩氏のようなビジネススタイルと

そのようなものは利用せずに人知れずこっそりと稼ぎ続ける

尾島幸仁氏や宇崎恵吾氏のようなビジネススタイル。


少なくとも私は後者のビジネススタイルを選んでいきたいものである。


関連記事一覧


>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩の手口について。

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年12月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 小玉歩

結局のところどうすれば稼げるのか。

“結局のところどうすれば稼げるのか。”

このような疑念についての答えは、

この「情報商材の真実」における基礎講座


そもそも情報商材は稼げるのか

ネットビジネスは今からでも稼げるか

アフィリエイトは本当に稼げるのか

せどりは本当に稼げるのか


この4つの講座内である程度の答えを明確にしている。


あえてそれらを総括していくなら、

導き出される「真実」はこの4つである。


・情報商材=稼げるという認識を捨てる

・重要な事は「時期」では無く「術」である。

・その術に応じた「必要なスキル」を身に付けるべきである。

・そしてその多くは「集客力」と「販売力」に繋がるものである。


4つの真実から言える「成功」する為にが成すべきこと


結局のところ成すべき事、成さなければならない事は明確なのである。


1、情報商材など所詮は「道具の1つ」であると心得る

2、どういう術で稼いでいくかを決断する。

3、その術に応じた必要なスキルを見極める。

4、そのスキルを徹底的に学び行動する。



この業界で燻っている“情報弱者”と呼ばれる人々は、

その大半が「1」の段階をクリア出来ず、

淡い幻想を抱き「情報商材を買う事」こそが、

そのまま「稼ぐ事」に繋がるかのような意識さえ持っている。


当然そんなものは幻想でしかない為に、

次から次へと新たな情報に手を出し、

結局のところ多くの自称“情報起業家”を稼がせているのだ。


しかし彼等、自称“情報起業家”やアフィリエイター達も

そんな淡い幻想を抱く人間こそが食いぶちとなる為、

あたかも情報商材が極めて価値のあるものであり、

それを購入していく事こそが成功への近道と煽り立てる。


ただ彼等にとって重要な事は情報商材を「買わせる事」であり、

その先にある「稼がせる」という意識は皆無なのである。


勿論その上でも価値のある情報商材もあるという事は論じたが

それはあくまでも書店に置いてある書籍と同じ意味合いである。


それ以上のものを望むのであれば、

本当に手厚いサポートやコンサルティング、

そういったものが付いている教材、

尚且つその中でも本当に実力のある者、

本当に稼がせる力のある者を見極めていくしかないのである。


しかしそんな人物もこの業界にはほぼ存在しない。


何故ならこの業界は「あなたを稼がせます」という情報を公開し、

そこで初めて自分の懐を温めているような者が大半だからである。


「稼がせます商法」でしか稼げない“自称”起業家達


そんな「稼がせます商法」で自分が稼ぐ術は心得ているものの、

本当の意味で人を稼がせるノウハウなどは実際のところ何も持っていない。


そんな起業家だらけというのがこの業界の実情なのだ。


少なくともそんな「稼がせます商法」しか稼ぐ事の出来ない

稼がせる為のノウハウを持っていない起業家には

1円たりとも金を出すメリットは無いと心得ておくべきだろう。


ただその中で決して「稼がせます商法」だけではない

しっかりとした実績を打ち立て、

クライアントとなる立場の人間を稼がせてきた、

言わば「まともな起業家」達もこの業界には少なからず存在する。


きちんとしたプログラムやカリキュラムを構築し、

そこから実際に成功者を排出しているのだ。


そういったものであれば参加する価値と意義は十分にある。


その上でここからは私の知る限りで実際にその実績が確認でき、

また実際に成功者を排出した事例なども確認できている

いわゆる参加する価値と意義のある企画を幾つか紹介しておく。


ただ勘違いして欲しくないのは

これらに参加すれば稼げるという意識では何をやっても無理である。


結局のところ、そこから自分がどうするかが全てなのである。


ただそれなりのレールや環境、そしてノウハウを与えてくれるもの。


そのような認識でそれぞれのコンテンツを吟味して頂きたい。
  

価値ある「ノウハウ」や「術」を公開している数少ない起業家達とその企画


■アフィリエイト、ネットビジネス総合(GD会員:36万円、PT会員:120万円)

>香港川島塾/川島和正

(まともと言える理由)

 この川島塾は既に何年も前から多くの塾生を集め運営されてきた実績がある。


 何よりある程度の募集人員を集めた段階で募集は締め切られ、

 翌年度まで時期生の募集も行われない。


 この一点を見ても利益のみを追求している企画では無い事は明らかである。


 塾生を対象とする各セミナーの開催スケジュールを見ても、

 ただ動画DVDを送りつけるだけのエセ高額塾とは一線を画している。


 川島氏本人が本気でこの塾を開催している事は

 これらのスケジュールを目にするだけでもある程度は伝わってくる。


 またここ最近よく見られる年商と年収をごまかしつつ

 現金画像や派手な私生活などを見せびらかして

 あたかも稼いでいるかのように「見せかけている」起業家と異なり、

 川島氏は所得証明等の公開によって自身の実績を明らかにしている。


 現金画像、高級車、高級マンションなどは実際のところ 

 その人物本人のものと断定出来る確固たる証明では無い事から、

 彼はその中でも本物の実績を公開している

 数少ないこの業界の情報起業家と言えるのである。


 参加費用が高額な上、各セミナーへの移動費も実費となる事から、

 既にそれなりの経済的余裕がある人間が多く入会しているものとみられるが

 そういったそれなりの人間のみをクライアントに出来ているという点も

 彼の本質的な実力を測る上での1つの指標と言っても過言では無い。


 そこから実際に成功者の声も上がっている点からも、

 まさにこの川島塾はこの業界における「まともな高額塾の1つ」と言える。



■アフィリエイト、コピーライティング(年間:98,000円、月額:9,800円)

>Copyrighting Affiliate Program/宇崎恵吾、匿名コピーライター

(まともと言える理由)

 こちらも多くの参加者が結果を出しその旨が参加者自身のブログなどで綴られている。


 そのような声に対しこのプログラムを批判する声もほぼ皆無である。


 また主催者側における年収5億円規模という収入実績についても、

 その全てを“無名”のままコピーライターとして稼いできたという点から

 それが「稼がせます商法」で手にしたものでは無い事も明らかであり、

 その年収についてもインフォトップ審査部との

 所得証明の提出等のやりとりが明確に確認する事が出来る。


 何より各コンテンツやカリキュラムの内容を見る限りでも、

 主催者側の利益はほぼ無いに等しい価格設定であり、

 その理由としては

 “主催者側の関連教材を率先して販売してくれるアフィリエイターの育成”

 というような意図がこのプログラムにある事をセールスレター内で明かしている。


 実際にこの企画参加者のブログでは率先して彼等の教材が紹介されている事からも

 彼等はこのプログラムの販売利益以上の利益をそこから得ている事が想定される。


 「稼がせる事」こそが「自分等の利益にも繋がる」という体系は極めて合理的であり、

 それだけの実績を積み上げてきている主催者側の実力を考慮しても、

 実際に価格に見合う以上の「価値」を見出せる可能性は多いにあるものと言える。



■その他ネットビジネス(80万円)

>尾島幸仁氏、監修企画

(まともと言える理由)

 アフィリエイトでもメールマガジンでも無い形で

 Eメールの送信のみから「億」を稼ぎ出すビジネスモデル。


 あまりにも怪し過ぎる謳い文句だがその怪しさはすぐに払拭される。


 それは企画の本題は対面形式にて直に全て公開するというものだからである。


 形式上、その参加費用は先立って支払う形となるが

 その本題を聞いて参加を見送る場合はその場で返金を受ける事が出来る。


 後は彼等と実際に会い、その内容を聞いて判断すればいいという事である。


 主催者側の一人である尾島幸仁なる人物は

 自身の私生活や所得証明、ビジネス論などをブログで公開しており、

 億単位の収入を稼ぎ出している人物である事はそれらを見る限り間違いない。


 何よりこの企画のプレゼンテーションの場として指定されている

 東京ベイコートホテルという会員制ホテルは

 金さえ積めば誰でも入会できるという会員制ホテルでは無く、

 また彼がブログで公開しているラトゥール渋谷の最上階テントハウスは

 賃料200万円という金額もさる事ながら、

 三井住友不動産が所有している財閥系の高層マンションであり、

 ここもまた金さえあれば入居できるというマンションでは無い。


 つまり彼の実績や経歴は決してブラックな業界のものでは無く、

 尾島という人物自体が既にそれなりの社会的地位を得ていると考えられる。


 また実を言うとこの企画に関しては私自身が潜入捜査を試みた経緯がある。


 対面形式の情報提供とその場での返金保証が付いているとは言え、

 その謳い文句があまりにも怪し過ぎたからである。


 勿論、その「怪しさ」は純粋な「興味の裏返し」であった側面もある。


 そして私は実際にベイコートホテルに赴き、宮本氏と対面の上、

 この企画におけるビジネスモデルの全容をしっかりと聞いてきた。


 その上でこの企画は「まともなものである」としているのである。


 ただ私がこの企画で幾ら稼いだ、幾ら稼いでいるという話はあえてしない。


 ここで私が幾ら稼いでいると言ったところで、

 ただしらじらしい紹介文になるだけだからである。


 一度申し込みの際にクレジットか振込かで決済の必要はあるが

 その場で返金を申し入れれば彼等は確実に返金には応じてくれる。


 だからこそ興味があるのであればまずは企画の全容を確認しに行けばいい。


 判断はその後にすればいいのである。


 ただ今後の可能性を見ても非常に魅力的なビジネスモデルであり、

 人生を賭けて取り組んでいくだけの価値のある企画である。


 私がそう判断し企画に参加しているという点だけは申し伝えておく。


 尚、この企画については尾島氏、宮本氏、両名による

 この企画への対談レポートが無料配布されている。


 もし興味があればこちらも一読しておく事をお勧めする。

 >尾島幸仁×宮本拓也 1億円対談完全書き起こしレポート


>情報業界の真実講座コンテンツ一覧へ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年11月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

脱税4億円、株式会社YuchanGooD 元代表 本庄祐也(本條勇冶)と宇崎恵吾「ミリオンライティング」

情報業界の「黒きカリスマ」「闇の帝王」。



こんな異名を持つある男の存在をあなたはご存知だろうか。

その男の名は本庄祐也(以前は「本條勇冶」というペンネームで活動)。


ある事件を起こした事でマスコミによってその名が報道されるまで、

彼はこの業界の一部の人間だけがその存在を知る人物だった。


それが「黒きカリスマ」「闇の帝王」などと呼ばれていた所以である。


そんな彼の名がテレビ報道や新聞を賑わせたのは脱税事件。


彼が前代表取締役を務めていた株式会社YuchanGooDが

総額4億円強の脱税容疑で東京国税局により告発されたのである。


その日、この情報業界は彼の話題で持ちきりとなった。


しかしその話題性の大半は

「情報業界の人間が4億の脱税で告発された。」

という客観的なもので、

本庄祐也という個人についてはさほど話題にならなかったのである。


これは彼が一切表に出てきた事が無い

世間的には無名な人間だったあらに他ならない。


この報道を見た多くの人の印象はこうだったのである。


「情報業界の何とかという人が4億の脱税で告発されたらしい。」


しかしこの報道の詳細を見るとこの脱税額の大半は

彼が株式会社YuchanGooDを設立する以前、

個人事業者として情報ビジネスを行っていた際のものになると言う。


この本庄祐也という人物を知るこの業界の一部の人間はこう語る。


「彼が本当に業績を伸ばし始めたのは法人設立後の話。

 個人事業時代でこの金額となると、総額で稼いだ収入は

 悠に20億近くに上るのではないだろうか。」


彼が情報ビジネスを始めたとされるのは

今回の件の報道を見る限りでも2007年。


脱税を指摘された期間がその2007年から2010年という点からも、

彼が約5年ほどで20億円もの所得を得ていたという想定は

十分に妥当な線である。


実際に彼は普通レベルの高額所得者では

到底入居さえ出来ないような

都内の超高層マンションの最上階に住居兼事務所を構えているという。


賃料は悠に200万円近いとされる、

都内では有名な高層マンションのテントハウスである。


そのような部屋に入居できるという事は、

彼自身がまともに申告していた所得も

悠に億単位であった事は間違いない。


しかし彼を語る上で最も注目すべきは

その20億円もの売り上げが

全体規模の4分の1程度のものだという事である。


これは一部の報道内容にもあった事実だが、

彼の手がけていたビジネススキームは、

情報商材の広告(セールスレターと呼ばれるもの)を

情報販売者より委託され制作していくというもの。


その委託料がおおよそ売上額の4分の1程度だったというのである。

つまり彼の所得20億円の裏側には

80億近い「売上」が立てられていたという事になる。


約5年ほどの期間で80億円の売上を叩き出し、

そこから20億円もの粗利を手にしていたとされる本庄氏。


ここに起業家として興味を示さない者はいないだろう。


そこに何か偽りの事実は無いのか。


80億という数字を聞けば、そう疑いたくなるのも無理は無い。


しかし関係者曰く、

彼が広告作成のみに特化していた事は紛れもない事実だと言う。


ただ彼には彼を取り巻く

優秀なマーケティング集団(俗に言うアフィリエイター)が存在し、

彼の書く広告には彼等が率先して集客を施していたというのである。


もともとはそのマーケティング分野についても

本條勇冶こと本庄氏がそれを手掛けていたというが、

次第にそのスキームは彼に教えを受けた人間達にシフトされ、

彼は広告作成のみを手掛けていくようになっていったのだ。


彼が広告を作成し、彼を取り巻くマーケティング集団がそこに集客を施す。


これが彼の作り出したビジネススキームだったのである。


この業界では売上額の半分ほどは

そのアフィリエイターに還元される相場が普通である事を考えると、

彼の叩き出した売上80億のうち

40億ほどはそのマーケティング集団に還元されていた事になる。


勿論、一般のアフィリエイターが

その売上の一部を立てていた事も考えられる為、

その全てが彼を取りまく人間で作られていたわけでは無いだろう。


しかしそれでも20億から30億ほどは

各アフィリエイターに還元されていたと考えても決しておかしい話では無い。


一体何名の人間がそこに属していたかはわからないが、

仮に20名でそれを均等に振り分けても

一人一人の収入は悠に1億円を超えるのである。


これほどの売上と利益を一切表に出る事無く叩き出し続けていた本庄氏。


この実績を裏付けていたのは他でも無く、彼が作り出す「広告」にあるという。


確かに、どんなに優秀なマーケティング集団を抱え、

集客を施していっても、

その広告から商品が売れていかなければ売上は立たない。


少なくともその広告がよほどのものでなければ

80億などという売上は到底、生み出されるものではないのである。


そしてこのような点を踏ま得て頂いた上で、

私は1つのウェブサイトとある情報商材を紹介したい。


こちらである。


>The Million Writing(ミリオンライティング)


私がここまででお伝えした彼のビジネススキームを踏まえて、

この広告文を読み進めていって欲しい。


一部抜粋するが広告内にはこう書かれている。

↓↓↓

—————————————————————————-

そんな彼が、ネットビジネスに参入して

1年ほどで5億円近い収入を稼ぎ出し、

今やその収入総額が10億円を超えているなど、

誰が信じられるでしょうか。


「ネットビジネスって言っても

 結局お金を出すのは“人”なんですから、

 何をどう考えたって一番重要なのは“コピー”だと思ったんです。」

(中略)

「それ以外は全部人に任せればいい。」


しかし彼が参入からわずか1年で5億円規模の収入を手にし、

売上規模で言えば20億円以上の売り上げを

この業界で叩きだしたという実績は紛れも無い事実です。


“コピーの外注を受け、そのコピーを書いて納品する”


現実として、彼はこの作業だけで

年間5億円規模の“収入”を稼ぎ続けていたという事です。

—————————————————————————-



・・・私の話の何か合致するものはないだろうか。

数字こそは控え目に書かれているが、

これは紛れもなく本庄氏のビジネススキームそのものなのである。


この広告の語り手となっている宇崎恵吾という人物が何者かはわからない。


ただこの中でその宇崎氏の師匠と称されているのは他でも無い、

本條勇冶こと本庄祐也氏なのではないだろうか。


そしてこの広告で案内されているものは、

その宇崎氏の師匠とされる男の「コピーライティングのスキル」なのである。


その全てを詰め込んだという教材そのものの金額は

情報商材としては控え目と言える3980円という価格。


購入より1年以内であればメール一通で

情報代金の返金を受ける事が出来るという保証もついている。


そして何より私を引き付けたのは、

その宇崎氏の師匠筋にあたる人間に

「広告の添削や作成依頼を行える権利が付いている」

という点である。


その依頼には売上に応じたインセンティブを支払う事が前提となっているが、

もしもこれが本條勇冶こと本庄氏であるなら、

5年で80億という売上を叩き出したコピーライターに

一から広告を作成してもらえるという権利は

3980円という情報料を考慮しても大きなインパクトがある。


何故なら彼の後には彼専属のマーケティング集団が控えているからである。


勿論、ここで私がお伝えしてきた事はその前提部分から全てが推測に過ぎない。


しかし決して根拠ゼロの推論ではないのである。


あなたにはそれぞれの事実がどう映っただろうか。


関連記事一覧


>脱税4億円、株式会社YuchanGooD 元代表 本庄祐也と宇崎恵吾

>本庄祐也氏 vs 三木本(中井忍)グループ 情報商材暴露and返金掲示板にて。

>中川塾 なかがわ 中川悟 前原塾 前原しんじ vs 匿名管理人、尾島幸仁


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:本庄祐也

このページの先頭へ

イメージ画像