剥がれはじめたメッキ。木坂健宣氏の悪行が遂に暴露される。ネットビジネス大百科 和佐大輔

和佐大輔氏とのネットビジネス教材、

ネットビジネス大百科の著者として知られる木坂健宣氏ですが、

その悪行が遂にその「被害者本人」の口から語られる事となった。

木坂健宣氏の悪行が遂に暴露される


事の発端は2011年に木坂健宣氏が

自らのメールマガジンにて読者に対し募集を行った

60万円ほどの高額料金を徴収する「二人三脚コンサル」なるもの。


その参加者の一人に木坂健宣氏は信じ難い悪行を働いていたのである。


実際に「二人三脚コンサル」を受けた当人が語った

その生々しい真実の声の全てはこちらに綴られている。


>木坂健宣氏の悪行の全て。二人三脚コンサルの顛末


この情報業界ではかなり「クリーン」なイメージのみを象徴し、

与沢翼等、ネオヒルズ族グループや

斉藤和也氏、SKナレッジグループなどとは

一線を画す独自のブランディング戦略で、

決して目立つ事なくこの業界に根を落としていた木坂健宣氏。


しかしその裏側では事実として、

悪質極まりない無責任な「コンサルティング詐欺」を

こうして働いていたのである。


ただこの事は上記ブログの方でも触れられているが

木坂健宣氏は自身のコンサル生を集める際、

必ずと言っていいほど「テスト」的なものを行い、

その参加者に規制を引いてふるいにかける手法を取る。


表向きは「自分のノウハウを提供するにふさわしい人間」を

そのテストという形を使って選定していると言っているが、

実際は「騙しやすい人間」ないしは、

「騙しても文句を言わなそうな人間」や

「騙してもネット上で騒ぎ立てない人間」を

そのテストを介して選定していた可能性さえある。


現に上記ブログでその真実を語った

マーケティングクリエイター足立博氏は、

その顛末から2年ほどはこの事を明かさずにいたのだ。


しかしこの足立博氏同様の木坂健宣氏の

コンサル詐欺にあった被害者は

ほぼ間違いなく他にも多数存在するものと推定される。


そんな他の被害者達がこの足立博氏に続き、

次いでその被害にあった真実を明るみにしていって欲しいものである。


そうする事が「新たな被害者」を生み出さない事に繋がる。


現在進行形の木坂健宣信者とされる

被害者予備軍が足立博氏の記事を見て何を思うか。


そしてこのような告白が相次いだ際、

彼の高額案件が出る度にそれを全力で推進する

アフィリエイターみんてぃあこと新田祐士氏などは、

そのままその「詐欺の片棒」を担ぎ続けるのか。


与沢翼氏、斉藤和也氏、SKナレッジグループなどのような

派手なプロモーションは行わないものの、

この情報業界では決して小さくは無い勢力を持つ

木坂健宣氏の「水面下マーケティング」が

今後、どのような方向性を見せるか注目すると共に

以後、木坂健宣氏が今回の告白の発端となっているような

数十万円単位の「コンサル案件」を持ち出してきたなら、

そこには細心の注意を払うべきである。


木坂健宣氏関連記事一覧


木坂健宣氏の悪行が遂に暴露される。

木坂健宣の高額セミナーStay Goldと詐欺商法(ネットビジネス大百科)

木坂健宣について。

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年3月14日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:木坂健宣

和佐大輔、原田翔太「リストビルディング大百科」

この業界では有名人の部類に入る和佐大輔、原田翔太氏両名による商材。


リストビルディング大百科
http://creative-deconstruction.jp/LBE/


今日はこの商材を記事にしてみたいと思う。


和佐大輔と言えば木坂健宣氏との「ネットビジネス大百科」が有名であるが、

この情報は「集客」をテーマにしたもの。


すなわち“リスト収集”をメインに扱った情報となっている。


似たようなテーマを扱っている情報商材は数多くあるが

有名起業家2名によるものという事で、

情報そのものにはそれなりの期待値が高まった。


しかしその内容としては肩透かしを食らったような、

そんな感覚を覚えた購入者は少なくはないだろう。


少なくとも私はそう思えた。


内容が余りにも“抽象的過ぎる”のである。


具体的な方法論やノウハウなどはほとんと語られておらず、

その内容は「考え方」や「精神論」に特化していると言わざるを得ない。


そもそも集客のノウハウとはマーケティング的な分野である以上、

誰がそれを行っても同じ結果を得られるようなものでなければならない。


しかしこの情報にはそのような具体的な方法論は

ほとんと語られていないに等しいのである。


“このようなサービスでこうするとこのような成果を得られる”


というような方法論の解説は皆無に等しい。


集客ノウハウを主体する情報に対し、

このような自己啓発的な内容で満足できる購入者は皆無であろう。


まさに次の高額オファーを推奨する為の商材。


バックエンド商材へのフロント商材でしか無く、

そのわりにフロント商材としてもその質が低過ぎるのである。


余りにもバックエンド商材への誘導意図が見え見えなのだ。


そういった点では木坂健宣氏との「ネットビジネス大百科」と比較しても

販売価格が同等である分だけその差を大きく感じざるを得ない。


両名とも、過去に構築した知名度で実績を語っているに等しいだけに、

今の市場で集客力を伸ばせる具体的なノウハウを持っていないのか、

それとも本当に価値のあるノウハウは明かしていないだけなのか。


いずれにせよ、この情報には販売価格である

9800円という価値も感じられないというのが率直な感想である。

関連記事


>和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー

>和佐大輔、原田翔太「リストビルディング大百科」

>和佐大輔について。~和佐大輔との付き合い方~

>木坂健宣について。

>和佐大輔とインフォハウス


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:和佐大輔 情報商材レビュー

和佐大輔とインフォハウス

インフォハウスというASPをご存知だろうか。


インフォハウス
http://www.infohouse.jp/index.php


当初はこの業界では有名人の部類に入る和佐大輔氏が全面的にバックアップし、

アフィリエイターやインフォプレナーを集っている傾向にあったが

今ではその利用者は皆無に等しく、

売上ランキングなども常に空白状況が続いている。


あこぎなランキング操作などをしない点は評価できるが

ASP事業としては完全に失敗しているサイトの1つと言えるだろう。


和佐大輔氏自身も完全に黒歴史にしたいと考えているのか、

今では新たな教材やオファーを発表しても

このASPを利用する事さえないという状況。


サイトが発足した当初は彼のメルマガでも頻繁に紹介され、

あれこれとこのASPならではの機能が紹介されていたが

それらの機能もさほど使われる事は無く、

今では無料オファーすら購読されていない状況が続いている。


マーケティングに自信を持つ和佐氏でも、

ASPの集客は難しかったのか、

これが彼の持っている本当の実力なのか。


インフォトップという情報業界ASPの壁は厚いらしい。


インフォストアに始まり、インフォカートに引き継がれ、

インフォトップへと受け継がれた情報商材ASP業界の勢力図。


今もちらほらと新たなASPが目に入る事があるが

どれも事実上の撤退を余儀なくされているように見える。


この勢力図を塗り替える新たな新勢力の登場はあるのかだろうか…。

関連記事


>和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー

>和佐大輔、原田翔太「リストビルディング大百科」

>和佐大輔について。~和佐大輔との付き合い方~

>木坂健宣について。

>和佐大輔とインフォハウス


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:和佐大輔

和佐大輔について。~和佐大輔との付き合い方~

今日はこの業界でも有名人の一人に数えられる、

この人物を取り上げてみたい。


和佐大輔
images


私の知る限りでは「ブログ解体新書」という情報商材が

彼が初めて販売した情報商材だったと記憶している。


内容については今では無料で調べられるような事ばかりだが、

ブログというサービス自体が普及し始めた頃だっただけに、

そんな内容の情報でもそれなりの売上を記録出来たらしい。


今ではとても金を取れるような内容では無い為、販売はされていない。


内容についても大半のブログサービスがその形式を変えてしまった為、

そのまま公開しておく事は出来ないと判断された為であると考えられる。


しかしこのような「ブログ」に特化した情報商材を販売していた当人は、

さほどブログというコンテンツをビジネスに活用していない傾向にある。


それがどうという訳ではないが、

当時からブログによる情報発信というものを

ほとんど行っていなかった和佐氏にとって、

この「ブログ解体新書」という情報は

まさに金と実績を得る為のコンテンツに過ぎなかったと言えるだろう。


その当時としてはブログについてのアクセスアップ法や

カスタマイズ方法などが詳しく書かれた情報というものが無かっただけに

この「ブログ解体新書」というものの販売に踏み切り、

その売上を伸ばした着眼点は評価できる。


が、この傾向から見てもこの和佐大輔という人物は、

その時流に沿って売れるものを売るという考えを持っている事が分かる。


自分が本当稼いでいる手法などを公開するのではなく、

多くの人が関心を示し、金を支払ってくれそうなものを売る。


そのような視点を持った起業家であるという見方が出来るのだ。


起業家として何よりも利益を追求する事は当然であるが

彼の言う事を真に受けてそのノウハウなどを学んでいっても

ビジネスの世界で成功出来るかどうかは全く別問題という事である。


現にここ最近、継続して彼が提供しているコンテンツや情報商材は

かなり抽象的な内容をそれらしく語っているというのもの極めてが多い。


今では一部のコアなファンだけが

ただただお布施を支払続けているだけという見方もあり、

彼のメルマガなどを目にしても確かにそう思える節がある。


一部のファンがそこそこのお金をもたらしてくれる為に、

そこそこなものをそれなりの形で垂れ流し続けている・・・

そんなマンネリしたビジネス展開が見て取れるのである。


継続課金型の会員制サービスと定期的な高額オファー。


こういったコンテンツに頼っている傾向こそが、

その全てを物語っていると言っても過言では無い。


しかし客観的な視点で見れば彼のビジネスは参考になる点も多い。


言っている事は真に受けず、その戦略だけを盗む。


このような視点で彼の活動を見ていけば、

下手な情報商材を買い漁るよりも得られるものは遥かに多い。


無料コンテンツの提供によるリスト収集や

マーケティング力のある人物とのジョイント教材の販売。


そうして収集したリストに対しての教育と高額オファーの売り込み。


彼がこの業界でDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を

うまく利用している数少ない起業家の一人である事は間違いない。


そういった意味では彼はその“入口”となるフロント商材に

最も力を入れている傾向にある。


要するにリストを収集する段階で提供するコンテンツの事である。


その代表的な事例が木坂健宣氏との「ネットビジネス大百科」と

原田翔太氏との「リストビルディング大百科」だろう。


いずれも1万円前後の価格に高額なアフィリエイト報酬が付いており、

その販売目的が顧客リストの収集にある事は一目瞭然である。


手頃な価格でそれなりのものを提供し、

その顧客リストを今後のビジネスに繋げていくのである。


そういった意味では価格に対しての中身という点で

和佐氏の提供するコンテンツの中では、

先ほど挙げた2つが最も質が高いと言えるだろう。


ただこれらの教材には高額なアフィリエイト報酬が付いている為、

手放しにこれらの教材を推奨しているアフィリエイターがあまりにも多い。


そこでネットビジネス大百科については

私なりの意見を独自の視点でまとめたこちらの記事を参照頂きたい。


>和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー


ただ、このネットビジネス大百科の購入者へ向けて販売した

その後の高額教材についてはあまりにもずさんなものが多かった。


PPC大百科、ブランディング大百科、NBAなどなど。


音声やDVDと様々な形で数万円から数十万円の高額教材を販売したが

その内容はネットビジネス大百科を若干掘り下げたか

別の視点で切り口を開いたものという程度であった。


1万円という価格のネットビジネス大百科に対し、

その後のバックエンド商材があまりにも陳腐だったのである。


そしてこの質の高いフロント商材に対し、

そこに色づけした程度のバックエンド教材という流れは

今も変わらずに続いている傾向にある。


だからこそ和佐氏の提供する情報は、

それを客観的な資料として学ぶ程度が適切なのである。


お金を出すなら低額なフロント商材まで。


それ以降に待っている高額教材やオファーなどにはほぼ価値は無い。


価値を感じているのはもはや洗脳されてしまった信者だけである。


これが私なりの見解と言える“和佐大輔との付き合い方”である。


参考にして頂ければ幸いである。


追記


彼の収入自慢はあまりアテにしない方が賢明である。


以前は年収数億というような事を言い放ち、

“リストが増えていくほど収入も増えていく”

“僕の収入は常に右肩上がり”

と豪語していたにも関わらず、

以前公開されたセールスコピーでは

“年収5000万円”

と記載。


月給はおろか日給せ何千万、

時には何億円のステージに立ったとさえ言っていた時期もありながら

この“年収5000万円発言”は、

彼を慕う古いファンの間でも話題となった。


“あれ?億単位の金を余裕で稼いでいるのでは?”


不用意な一言からそんな不信感を湧き上がらせてしまったのである。


勿論年収5000万円でも十分に立派な収入である。


しかし彼は自らを神格化する為に

これまでそこにゼロを1つ付け加えるほどの数字を豪語し、

それが右肩上がりに上がり続けていると語っていたのである。


“自分のノウハウを駆使していけばそれくらいか稼げる”


そう語り、信者を集め、信じ込ませていたのだ。


ただその虚像を自らの発言で崩壊させてしまったのである。


以前本当にそれくらいの収入があったのかはわからない。


しかしあったとすれば大幅に収入を下げているという事。


右肩上がりの年収5000万円と

右肩下がりの年収5000万円とは意味合いが全く異なる。


この一件からも彼の収入自慢は

全くアテにならないという事がわかるだろう。


とは言え、この業界においては、

このような事は彼に限った事では無いのだが…。


追記2


リストビルディング大百科についての記事を書きました。

よろしければ参考にしてください。

>和佐大輔、原田翔太「リストビルディング大百科」



関連記事


>和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー

>和佐大輔、原田翔太「リストビルディング大百科」

>和佐大輔について。~和佐大輔との付き合い方~

>木坂健宣について。

>和佐大輔とインフォハウス


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:和佐大輔

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー

今回はこちらの商品について。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科
http://www.insiderscoachingclub.com/encyclopedia/


販売者はこの業界でも有名人の部類に入るであろう

和佐大輔という人物と木坂健宣という人物。


彼等個人についての言及は別の機会に行うとして、

今回はこの商材の裏側と他のアフィリエイターとは違う

本当の意味での客観的なレビューをしていきたい。


まずこの情報そのものが販売されたのはもう何年も前となるが、

今だにインフォトップのランキングにもチラホラ顔を出す

言わずと知れたこの業界のロングセラー商材である。


累計の販売数は既に1万本を超えているのだとか。


確かにこの業界における情報商材としては異例の数字である。


価格こそ1万円という数字であるが、

それだけの本数を売り捌いた彼等の実力は賞賛に値する。


しかしこの実績にも少なからず裏側がある。


その裏側の1つはこの情報商材のアフィリエイト報酬。


アフィリエイターとしてこの情報商材を見ると、

その数字は88%という報酬還元率になっている事がわかる。


1万円という価格に対し8800円の高額報酬が付いているのである。


そこから決済手数料の10%などを差し引くと、

1本1本の売上から販売者の手元に発生する報酬はほんの数十円。


つまり1万本以上という本数を捌いていったとしても、

販売者の手元に残っているのは、

ほんの数十万円程度の収入でしかないのである。


またこの情報にはメール1通で無条件返金という

返金保証がついており(現在は条件付きとなっている)、

当人達のメルマガでは約10%ほどの返金があったという。


10%としても1000本。


1万円×1000本と考えても1000万円。


この時点でこの情報の販売者側は、

1000万円単位の赤字を背負った事実が分かる。


とは言え1万人以上の顧客リストを手にした事で、

おそらく彼等はそれ以上の利益を手にしていると考えられる。


要するにそれが彼等がこの情報で提唱する

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という手法、

それそのものなのである。


とは言え1000万円で1万件の顧客リストを手にしたと考えても

1件あたりの単価としては1000円という単価になる。


1件の顧客リストの獲得に1000円のコストというのは、

業界の相場としては割高な獲得費用と言えるが、

結果としてそれ以上の利益をペイ出来ているのであれば、

そこに幾らの費用を投じていようがそこを問題視する必要は無いだろう。


しかし裏を返せば1件のリストに1000円というお金を投じるという

かなりリスクの高い行為を行っていかなければ、

彼等のような実績を手にすることは難しいという事である。


少なくとも彼等の手法を真似て成功を目指すのであれば

それだけのリスクを取る覚悟が必要になってくるという事。


つまり1万本以上の売上を記録したというこの情報は、

実はその情報単体での利益を捨て、

アフィリエイターに金銭をバラ撒く事で達成した記録なのである。


簡潔に言えば1億円ほどの売上のうち約1000万円はASPに、

約9000万円はアフィリエイターに還元する形で、

自分らの利益は完全に度外視していたのだ。


そして現実にその高額なアフィリエイト報酬が付いているからこそ、

今だにこの教材を絶賛するアフィリエイターが後を絶たない。


「本当に稼げる教材はコレです。」

「一番のお勧め教材はネットビジネス大百科です。」


こんな謳い文句を並べているブログは数多くあれど

その大半はその高額なアフィリエイト報酬に釣られているのである。


確かに1万円という販売価格で8800円という高額報酬は

アフィリエイターにとってはおいしい案件と言える。


しかしここで私が多くのアフィリエイター達が語ろうとしない

この情報商材における本当のところを伝えておきたい。


まず、この情報は確かに得られるものも多く、

価値が無い情報であるとは言わない。


しかし今のネット業界において言えば、

もはや1万円の価値があるかどうかは疑わしいと言わざるを得ない。


その理由としてまず筆頭に挙げられるのは

この教材が主に「音声」という形で成り立っている点である。


セミナーの録音や木坂氏、もしくは両名の対話形式で、

淡々とネットビジネスについてのイロハを語る、

その音声がそのメインコンテンツとなっているのである。


正直これは教材としてはあまりにも不親切である。


その内容がしっかりとまとめ上げられた

しっかりとした内容になっているのなら話は別だが

その要点はかなり掴み取りにくい。


これは他でも無くノウハウをまとめ上げるような手間を省き、

教材の作成に対して手を抜いたとしか考えられない。


言うなれば無料で配るレベルの音声がその7割以上。


これが私のこの教材に対しての率直な感想である。


そしてその中で最も価値を感じられる音声は

木坂氏が語るコピーライティングの部分であるが、

これにもやはり音声という点に難を感じざるを得ない。


何故コピーライティングという文章についての教材を

音声という形で片付けてしまったのか。


コピーこそコピーによって教育し、学ぶべきものではないか。


木坂氏がこのスキルを文章という形でマニュアル化しなかったのは

音声という形による“説得力”のみで、

その内容を少なからずぼかした節があると私は見ている。


現にコピーライティングという分野であれば、

この音声ファイル以上に完成度の高い教材が他にあるからである。


つまりその内容として最も価値のあるパートにおいても

既にこの教材以上のものが挙げられるという状況にあり、

それ以外のパートに関してはさほど価値は感じられない。


少なくとも右も左もわからないような初心者にとっては、

“何となくタメになりそうな話をたくさんしているもの”

というような印象や感覚以上に得られるものは無いだろう。


厳密に言えば知識として得られるものはあっても、

そこにあるべきはずの具体性や実践性が極めて希釈なのである。


しかしこの情報商材については高額なアフィリエイト報酬と

多くのアフィリエイターに右へならえというこの業界の傾向から、

とにかく手放しでこの情報を絶賛しているアフィリエイターが多過ぎる。


どう考えても今の段階でそこまで絶賛されるような教材では無いのである。


勿論、私がこのような事を言っても

現実としてこんな意見を述べているものはほとんどいない。


多数派意見が正しく、少数派意見がそうではないというなら、

私の主張などは完全に一人よがりなものに聞こえてしまうだろう。


ただ、これだけは言える。


この情報商材の全てのファイルを手渡され、

この内容をもとにネットでお金を稼いでみろと言われ、

それを達成できるような人に関しては、

この情報を手にしなくても成功する事が出来る、と。


ここまでの状況となれば、

多くのアフィリエイターの絶賛意見に流され、

価値のある情報を手に出来たという気持ちになっている、

そんな購入者も数多くいるものと考えられるが、

そこから結果を出せた人などほぼ皆無である事が間違いない。


是非一度冷静に考えてみて欲しい。


1万人以上もの購入者がいながら、

一体その何割がそこから結果を見出す事が出来ているのかを。


1割の1000人にも満たないのではないだろうか。


その比率でも10人に対し9人には

実質的に何を見出す事も出来ない情報だったという事である。


しかし誰もその現実に目を向け真実を伝えようとしない。


高額なアフィリエイト報酬目的に多くのアフィリエイターが絶賛する。


そして皆が絶賛しているからと絶賛するアフィリエイターが更に増える。


これがこの業界の1つの図式なのであり、

多くの人が絶賛している情報商材の現実という事である。


私からすればただ当たり前の事だけを音声にし、

それをそれらしく詰め込んでいるだけの情報商材。


これがこの情報商材に対する私の素直な感想である。


以上。


下記のような関連記事も是非参考にして頂きたい。

関連記事


>和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー

>和佐大輔、原田翔太「リストビルディング大百科」

>和佐大輔について。~和佐大輔との付き合い方~

>木坂健宣について。

>和佐大輔とインフォハウス

>木坂健宣の高額セミナーStay Goldと詐欺商法。

木坂健宣氏の悪行が遂に暴露される。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:和佐大輔 情報商材レビュー 木坂健宣

このページの先頭へ

イメージ画像