本庄祐也氏 vs 三木本(中井忍)グループ 情報商材暴露and返金掲示板にて。

中井忍こと三木本グループが、

コピーライター本庄祐也氏を的にかけた誹謗中傷行為を、

「情報商材暴露and返金掲示板」なる

中井忍こと三木本グループ自身が自ら運営している

下記のうな掲示板サイトを中心に展開しているようである。

本庄祐也氏 vs 三木本(中井忍)グループ in 情報商材暴露and返金掲示板


その自作自演が痛々しい掲示板はこちらである。


情報商材暴露and返金掲示板

http://henkin.bbs.fc2bbs.net/


中井忍こと三木本グループの悪行についてはこちらの記事を参照。

>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


こお誹謗中傷行為の発端は、

あの「尾島幸仁」氏のブログが引き金となっているようである。


情報商材レビュアーを名乗る「三木本」が尾島幸仁氏を誹謗中傷。


この一件については私もこちらの記事で取り上げた。

>三木本等詐欺グループ、尾島幸仁、宮本拓也氏を中傷し始める。


中井忍こと三木本グループの手口は

この業界の有名情報商材や有名起業家を誹謗中傷し、

自身が扱う詐欺情報を売りつけるというもの。


従来通りのその手口で中傷した尾島幸仁氏が

その中傷記事に真っ向反論した事が火種となり、

更に痛々しい中傷記事を組織的に拡散していったという顛末である。


尾島幸仁氏の三木本グループへの反論記事はこちらの通り。

>三木本(中井忍)に対する尾島幸仁氏の反論記事


この三木本グループ vs 尾島幸仁氏については

私なりの意見をこちらの記事でも述べた。

>三木本等詐欺グループ、尾島幸仁、宮本拓也氏を中傷し始める。


ただ次第に三木本グループの誹謗中傷の矛先は

尾島幸仁の正体と噂される「本庄祐也」氏に向いていったのである。


その主な誹謗中傷を主に展開しているのが

先ほど挙げた中井忍こと三木本グループが運営する

情報商材暴露and返金掲示板なる掲示板サイトである。


ただこの掲示板の内容、存在についても

尾島幸仁氏はその書き込み内容を含めて一刀両断。

>三木本(中井忍)グループが運営する「情報商材暴露and返金掲示板」について。


尾島幸仁氏の企画に参加した「参加者」が

その内容を告白しているかのような書き込みも、

その全てが「自作自演の書き込み」である事が露呈された。


“プレゼンテーションの場に尾島幸仁氏と宮本拓也氏が現れ
 尾島幸仁氏は間違いなく本庄祐也氏だった”



などという書き込みが行われていたのである。


しかし尾島幸仁氏曰く、この企画のプレゼン段階で

尾島氏がその場に同席することは無く、

その事は企画案内の方にも明確に書かれている。


事実、私がプレゼンテーションを受けた際も

私の前に現れたのは宮本拓也氏一名のみであり、

当然、宮本氏の風貌はネットで出て来る本庄祐也とは別モノであった。


その後、懇親会などの場で企画参加者が一同を介しているが

私が尾島幸仁氏と会ったのはその時のみである。


当然その場には宮本拓也氏、

例の掲示板や尾島幸仁氏のブログでも名前が挙がっている

この企画のプレゼンターとして活動中の

「2足わらじのIT社長」こと橋本氏の姿もあった。

>2足わらじのIT社長、橋本のブログ。


つまり、尾島氏、宮本氏、橋本氏はそれぞれ別人であり、

3名共にきちんと実在する人物なのである。


しかし例の掲示板では


宮本はビジネスネームであり
橋本と言う人だという事が分かりました



という意味不明な書き込みがあり、

この書き込みの多くに不自然過ぎる点が多かった点から、

尾島氏はこの掲示板への書き込みは全て自作自演であり、

実際の参加者からの書き込みは無いものと判断したとしている。


事実、私が参加した懇親会の模様は

橋本氏のブログにもアップされている。

>尾島幸仁さん監修企画、懇親会の模様


こうして3人が一同に介す場を定期的に設けていながら

その3名がそれぞれ名前を入れ替えて人前に現れる事はありえない。


またこれは私の実体験として伝えるが

尾島幸仁氏がウェブ上のビジネスネームである事は

既に彼自身のブログでも明かされている通りであるが、

彼が人前に出る時は必ず実名が入った名刺を差し出す。


つまり「尾島幸仁」はあくまでもウェブ上のネームであって

尾島幸仁を名乗って人前に出る事は無いのである。


また例の掲示板ではしきりに

尾島幸仁氏=本庄祐也氏論を展開する中で、

本庄祐也氏の経済状況が非常に厳しい事をしきりに書き込んでいるが

本庄祐也氏が約4億円ほどの「脱税」で摘発されたのは、

2007~2010年までの売上に対してのみ、である。


つまり2011年以降、ここ3年間の売上については摘発を受けていない。


その脱税の一件についてはこちらの記事に詳しい。

>脱税4億円、株式会社YuchanGooD 元代表 本庄祐也(本條勇冶)


本庄祐也=尾島幸仁 論に伴う両名の懐事情について。


先ほど紹介した記事にもある通り、

本庄祐也がコピーライターとして業績を本格的に伸ばしたのは

この脱税の摘発を受けた2011年以降なのである。


業績を伸ばす以前の脱税額が4億というのも常識外れであるが

摘発を受けた本庄祐也氏が元代表を務める

株式会社YuchanGooDの設立日を見ても、

脱税を指摘されている年度は第一期に該当する

個人事業との境目時期の売上のみと見られる。


「修正申告を済ませ納税を行った」

という報道もされていた事から、

数億円規模の納税を行った点は間違いないものと見られるが

本庄祐也氏がこの脱税行為の摘発によって受けた打撃は

これまでの全体売上の規模を見れば、

そこまで大きいものではないのである。


そんな 尾島幸仁=本庄祐也 論を展開する中で、

尾島幸仁氏のブログに掲載されている

ロールスロイス、マンション等についても


ロールスロイスは既に手放し、マンションも引っ越している


という事を鬼の首を取ったかのように執拗に書き込んでいるが、

彼等の「ブランディング低下戦略」も空しく、

当の尾島幸仁氏は先ほどの記事で

この件についてもあっさりとこう切り捨てた。

サイドバーのライブラリのところに掲載している
下記のような記事の事だと思いますが
こちらの記事は更新日時を見てもらえればわかりますが
投稿したのはもう4年くらい前の2010年の記事です。

http://webconsulting-ojima.net/?p=161
http://webconsulting-ojima.net/?p=287

さすがに同じマンションに3年、4年は住みません(笑)

ロールスロイスもあまり使う機会がなかったので
購入して2年の減価償却を終えると同時に売却してます。

1800万円くらいで売れたので
購入時、約2100万円のお金が2年で節税に充てられたので
税金分を考慮すると普通に購入して「得」をした買い物でした。

たかだか2000万円くらいの車を所有してるかどうかで
私の評価の何が変わるんでしょうね。

そこを指摘して何か思う人がいる・・・
という思考が貧乏くさいです(苦笑)

2000万円の車を所有する事で信用を集められるなら
またいつでも買いますよ(笑)

ロールスロイスなら普通に減価償却で経費にできますから、
実質的に購入しても売却した時には節税分儲かりますから。


確かにこれらの記事の更新日は

尾島幸仁氏のブログを参照すれば分かる通り、

いずれの記事も2010年中の更新記事であり、

もう3~4年も前の記事なのである。


現にここ最近の記事を見ていっても、

尾島幸仁氏のブログで


「今もこのマンションに住んでいる。」

「ロールスロイスで○○に行った」


というような記事投稿は1つも無く、

とくに「嘘」を述べるような記事は何1つ無いのである。


だからこそ当の本人もこういった事実をあっさりと認めているのだ。


にも関わらず例の掲示板では、


「ロールスロイスを今も所有していると嘘を言っている」


などと、事実無根の書き込みが

あたかも複数の人間が書き込んでいるかのように書かれている。


この他にもこの掲示板は書き込んでいる人間の

レベルの低さが露呈されるものが多数掲載されているが

もはやそれがほぼ全て掲示板運営者の自作自演。


つまり三木本グループによる自作自演である事は明白であり、

その書き込みのレベルの低さはもはや常軌を逸したレベルなのである。


余りにも低能過ぎる書き込み事例。


例えば本庄祐也氏に対してのこのような書き込み。

報酬配分があまりにも少な過ぎなのと
仲間への配慮が最悪です
正直自分で稼いだ方が早いのと
これ以上彼と関わっていると
いつ警察にお縄されてもおかしくありません
ビクビクしながら仕事するのは
ゴメンだという事です
もし警察が私のところまで来た場合
全て正直に話します
全て本庄祐也の言われた通りに
活動してたまでです。
彼のしている事は完全に犯罪です


とんだお笑い草である。


実際に本庄祐也氏と直に仕事をしていたなら、

報酬配分についてなどは直談判すればいい話である。


警察にお縄にされるようなリスクのある仕事を

納得の出来ない低い報酬配分で「やらされていた」というのか(笑)


「自分で稼いだ方が早い」というのに?


そしてそれを警察に指摘されたなら

本庄祐也氏にやらされていたと「正直に」話すのだと言う。


仮にこれが本当に本庄祐也氏と

実際に仕事をしていた人間の書き込みであるなら、

もはやこの書き込みをしている人間の人間性を疑うものである。


そして掲示板管理者による意図した「自作自演」だとしても、

この書き込みのレベルの低さはもはや小学生レベル。


誰が見ても論理というものが破綻している。


ほぼ間違いなくこれは後者の自作自演による中傷行為であるが、

いずれにしてもこの掲示板の書き込みは「笑いの宝庫」である。


引き続き面白い「ネタ」が書き込まれれば、

またこの三木本グループの痛い自作自演行為を露呈していきたい。


関連記事一覧


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報

>尾島幸仁、宮本拓也氏のプロジェクト詐欺疑惑について。

>脱税4億円、株式会社YuchanGooD 元代表 本庄祐也と宇崎恵吾

>本庄祐也氏 vs 三木本(中井忍)グループ 情報商材暴露and返金掲示板にて。

>中川塾 なかがわ 中川悟 前原塾 前原しんじ vs 匿名管理人、尾島幸仁


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年3月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍) 本庄祐也

尾島幸仁氏 vs 詐欺集団 三木本(中井忍)グループ 苦しい誹謗中傷

この一件における詐欺師集団の痛々しい続報である。

>三木本等詐欺グループ、尾島幸仁、宮本拓也氏を中傷し始める。


ネット上の風評を見ても詐欺師である事は間違いない

中井忍こと三木本等のグループ。


この業界の有名情報商材や有名起業家を誹謗中傷し、

自身が扱う詐欺情報を売りつける

痛々しい手口で暗躍しているグループだが、

従来通りの手口で中傷した尾島幸仁氏が

その中傷記事に真っ向反論した事が火種となり、

更に痛々しい中傷記事を組織的に拡散していっている。


尾島幸仁氏の三木本グループへの反論記事はこちらの通り。

>三木本(中井忍)に対する尾島幸仁氏の反論記事


彼等の悪行はこの記事を参照。

>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


この反論主張には一点の曇りも無く、

立場を無くしたのはむしろ中井忍・三木本グループ。


しかし痛すぎる中井忍・三木本グループは

同グループ傘下のブログ等を用いて

更に稚拙な意見を一方的に拡散し始めた。


下記のようなブログ及び記事である。


趣味がない人生がつまらない人間が
お金持ちになり女にもて、生活を楽しむ方法のブログ

http://seikatublog.com/?p=631


ガイヤが俺にもっとレビューしろと囁いている

http://jouhounuckle.info/?p=491


儲かる情報商材を暴露する裏サイト!byミサミサ

http://misa-liberty.com/?p=917


口コミブログ

http://www.kutikomiblog.com/public/2014/01/post-97.php


上記記事、全てに共通している事は

散々と三木本氏、尾島幸仁氏の一件に触れておきながら

尾島幸仁氏のブログのリンクやURL

その反論記事のURL等を一切載せていない事である。


三木本のブログURLや記事のリンクのみを見せ、

一方的に尾島幸仁氏の非難し「三木本が正しい」と擁護。


このブログの過去の記事を見ても

このブログがグループ運営の自作自演サイトである事は間違いない。


ただこうして尾島幸仁氏のブログや

発端となっている記事のURLを掲載しない理由は1つ。


まさに彼等にとって見られてはまずい事が書かれているからである。


それならば触れなければいいものを、

あえてそのURLや記事などは記載せず、

三木本側のみのブログを宣伝しているというお粗末な手口。


まさに稚拙な愚行とはこの事である。


中には尾島幸仁氏に対しこのような中傷意見も。



(上記ブログ引用)

実は、私のサイトを訪れてくれる方に
尾島幸仁の情報を持っている方がいて、
彼曰く尾島幸仁と宮本拓也は副業.comの内部の人間だそうですよ。
副業.comとは何か?
知らない方のために言いますと、
被害者でまくりの悪質情報商材を乱売していた詐欺ASPです。 
副業.comは悪評が広まってもう使えなくなったので、
尾島幸仁と宮本拓也(偽名の疑いがある!)
の名前を使って商売替えしているそうです。



悪いが副業.comの内情は私も詳しい。


その運営会社は北海道にあり、

内部構成としては代表者と運営を任されている人間、

そして技術面を担当する3人規模で運営されている

この業界にはよくありがちな弱小ASPである。


しかしその代表者も運営者も

尾島幸仁氏でも無ければ宮本拓也氏でも無い。


仮に彼等が「内部の人間」であるとするなら

彼等は北海道在中という事になる。


例のプロジェクトで東京ベイコート倶楽部を指定する彼等が

参加者が現れる度に東京へ飛んでくるというのだろうか。


三木本グループの指摘する

「内部の人間」の位置づけがいまいち不明だが、

少なくとも副業.comは北海道を本拠として、

北海道で運営されている弱小ASPである。


その売上規模を見ても尾島幸仁氏個人が稼いでいる金額にも満たない。


何をもって「内部の人間」と指摘しているかは不明だが

彼等が関与している株式会社イーブックジャパンは

少なくともインフォトップ、インフォカート、アドモールなど、

多数の情報商材ASPを利用している経緯がある。


副業.com「内部の人間」であるなら、

あえて他のASPを利用するメリットがあるのかどうか。


むしろ私は尾島幸仁氏については

インフォトップ、インフォカート、アドモール、

これら大手ASP内部の人間との繋がりや

その内部関係者の顔さえあるのではないかと見ている。


そうでなければ説明のつかない所業が少なからず見えるからである。


副業.comとの繋がりがあろうとなかろうと、

彼等くらいの大物起業家であれば、

ASP各所の内部の人間とは繋がりがあって当たり前である。


「ヤクザの知り合いがいるからコイツは詐欺師だ。」


三木本グループの主張はこれに等しい。


ただ1つ言える事は三木本グループは

まさに完全な「詐欺師集団」である。


彼等に反論の余地があるというなら、

是非とも堂々と尾島幸仁氏のブログや

当該記事のリンクなどを貼り付けてもらいたいものである。


願わくば私のブログも中傷の的にし、

下記のような記事を堂々と貼ってもらいたい。

>三木本(中井忍)グループの悪行について


そしてこれらの記事に反論があるというなら、

尾島幸仁氏のように相手の主張をURLごと公開し、

堂々と真っ向から反論を述べればいいのである。


まあ、実際に詐欺行為を働いている

三木本グループには到底出来る事ではないが。


この一件についての進展がまた報告していきたい。

関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報

>尾島幸仁、宮本拓也氏のプロジェクト詐欺疑惑について。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年2月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍) 尾島幸仁

http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報

また新たな中井忍情報は公開されている模様。


こちらである。

http://lexuss.net/

 
 
 
謳い文句は下記の通り。



サイトを巡回し、コピペをする→指定の場所へ移動し、報酬を受け取る。
この繰り返しで資産3億作った悪魔の方法を、顔を合わせて教えますが・・・



相も変わらずの対面商法だが50万円という高額設定にも関わらず、

やはり被害者の声は後を絶たない。


何より目を向けるべきはこのサイトの特定商法表記。


販売者:西
代表責任者:西
所在地:東京都


・・・当然の事ながら、

このような特定商法表記は法律上認められない。


この時点でこのサイトは完全な違法販売を行っているという事である。


このような点も含めてこの情報の販売者が

過去にどんな情報をどんな手口で販売し、

被害者を量産している状況にあるか。


その詳細はこちらに記事に詳しく記してある。

http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)暴露 詐欺


またこの情報を含めて第3者の購入者を装う形で

自作自演で自らの販売情報を褒めちぎっているサイトが複数存在する。


その手口については下記の記事の方で、

その自作自演サイトの一覧と共に公開しているので、

こちらも目を通しておいて頂きたい。

三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


これまでの手口同様、この情報もその内容はありきたりな情報であり、

そのような低俗な情報を対面形式で提供し、

口八丁で初心者をやりこめるという手口を用いている事は間違いない。


引き続き巧妙な手口に騙されないよう、

この人物の販売情報に対しては引き続き注意を呼びかけたい。

関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)詐欺 暴露

通称、三木本こと中井忍がまた新たな情報を公開し、

そこからも新たに被害者の声が上がっている。


その販売サイトはこちらである

http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/

fc2ぶろぐを利用した怪しい雰囲気がプンプンのサイトであるが、

何故かこんなサイトに興味をそそられ、

30万円という大金を支払って情報を購入している

哀れな被害者達が相当数存在するというのである。


ただそんな状況を生み出している理由は2つある。


1つは対面(顔と顔を併せて)で直接情報を提供するという点。


そしてもう1つはこのサイトで稼ぐ事が出来たという

第3者の声を装った自作自演サイトで、

あたかもこの情報が本物の情報であるかのように

この販売者自身が情報操作している点である。


確かに直接会って情報を提供してくれるとなれば、

そこまで詐欺的な情報が提供される事は無いだろうと、

そのように考えてしまう気持ちは分からないでもない。


しかし詐欺師はそこにつけ込んでくるものなのである。


それも巧妙な手口で・・・。


この人物が過去にどんな情報をどんな手口で販売し、

その購入者達をやり込めてきたのかについては

その詳細を詳しく記載しているこの記事を参照頂きたい。


>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)暴露 詐欺


またこの情報を含めて第3者の購入者を装う形で

自作自演で自らの販売情報を褒めちぎっているサイトが複数存在し、

この人物はその手口で販売網を広げ、

次から次へと被害者を拡大し続けている。


その手口については下記の記事の方で、

その自作自演サイトの一覧と共に公開しているので、

是非一度目を通しておいて頂きたい。


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


その手口が同じだけにこの人物についての悪評や

各販売情報の暴露情報も多く出てくるようになってきた為、

新たな販売サイトや販売情報を用いての販売活動が目立ってきた。


しかしその手口は同様のものなので、

どんなに新たな情報を公開してきても、

結局は全て中井の息がかかったものである事がまる分かりである。


とくにこの販売者の販売網の中核を担っているのは下記のサイト。


日本最大級の情報商材レビューサイト(三木本)

http://www.no1-reviewer.com/

この管理人は他でもないこの情報の販売者である通称、中井忍。


このサイトで不自然に持ち上げている情報があれば

それは間違いなくこの人物の販売情報であり、

それが対面形式という手口のものであればほぼ100%間違いない。


そして内容はありきたりな情報を対面で提供し、

初心者をやりこめる事を目的した情報に過ぎないという事である。


巧妙な手口に騙されないよう、

この人物の販売情報に対しては引き続き注意を呼びかけたい。

関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報 暴露 詐欺

特定した情報商材名も無く、

販売元の氏名や所在地さえ明かさない。


そんなどう考えても怪し過ぎる情報にも関わらす、

何故か多くの被害者を生み出している詐欺情報が存在する。


こちらである。


販売URL: http://mendan20.com/
販売URL: http://nakatan.net/



2つのURLで同じような販売ページが2つ存在するが

これは既に流出している悪評を逃れる為、

同内容のサイトを別のURLで公開している模様である。


基本的にはヤフーオークションで販売されている事が多い情報であるが

今はこれらのサイトからも直接申し込みが出来るようになっている。


しかしそれぞれのサイトを見て頂ければわかるが

これらのサイトには本来掲げなければならないはずの

「特定商法取引に基づく表記」が見当たらない。


情報商材の販売をサイト上で行う以上、

販売者の氏名、住所、連絡先などを提示する義務がある。


つまりそれを掲げずに情報の販売を行っている時点で

この情報は完全に特定商法違反を犯しているのだ。


そして法を犯しているからこそ、

この情報はASPなどの決済サイトを利用する事が出来ず、

その内容的にもその審査基準を満たす事の出来ない

そんなレベルの低俗な情報なのである。


この時点で少しでも法律知識があれば、

こんなあからさまな違法商材に手を出してしまうわけが無い。


更にその情報価格が235000円というから驚きである。


しかしここまであからさまな高額違法商材に対し、

その被害者が後を絶たない状況にあるという。


「直接会って情報を教える。」


この一言に多くの人が騙されているのだ。


では、実際にどんな情報が提供されるというのか。


直接会って情報を提供してくれるとなれば、

そこまで詐欺的な情報が提供される事は無いだろう。


そう思ってしまう気持ちも分からないでもない。


しかし詐欺師はそこにつけ込んでくるものである。


もともと特定の情報名をつけず、

悪評や暴露ネタを見つけにくくしているようだが、

よくよく探せばそんな意見が次々と目に入る。


その販売者は「中井忍」というらしく、

数多くの自作自演サイトを運営している経緯から、

そのサイトの管理者名として「三木本」とも呼ばれている。


この情報についてを検索していく中で出てくる

「この情報で本当に稼げた」などと書いているサイトは全て、

この人物の自作自演サイトと見て間違いない。


よくよく見れば各サイトの構成や文章にかなりの一致が見られる。


その手口については下記の記事の方で、

その自作自演サイトの一覧と共に公開している。


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


逆にこの人物の息がかかっている自作自演サイト以外で、

この情報の事をよく言っているサイトはほぼ皆無。


しかしこの人物はそうした悪評さえも、

同業者による根拠のない誹謗中書と豪語し、

本物の情報だからこそ同業者には目の敵にされているのだと言う。


では私自身が自ら調査したその内容をここで明らかにしておこう。

批評


この情報は通称“中井忍”曰く、

旧バージョン、新バージョンと、2つの情報が存在する。


これはネット上で情報内容が暴露される度にその情報内容をすり替え、

「ネットで暴露されている情報とは違う情報です。」と言い張っている為である。


まず既に多くネット上で暴露されている旧バージョンは、

やはりその暴露通り「グーグルアドセンス」を利用したものであった。


勿論、グーグルアドセンス自体は詐欺的なビジネスでも何でも無く、

実際にこのビジネスで稼いでいる国内ユーザーも多数いるだろう。


しかしこの通称“中井忍”が提唱しているアドセンスのノウハウは

マニュアルにするとわずか8ページほどの薄っぺらいもので、

その手法も何ら目新しさも何も無い内容である。


そんな8ページほどの内容をわざわざ会って教えるというのだから、

いかにその口八丁で相手をやりこめようとしているか、

よほど話術に自信があるのだろう。


内容としては無料レポートや検索ベースで知る事が出来る程度の

本当に初歩的なアドセンスノウハウである。


“400字×30記事程度の中規模のサイトを量産していく”


言ってみればただこれだけのノウハウなのだ。


この程度の情報で30~50万円を稼げる、稼いでいると豪語し、

20万円を超える金額で売り捌いていたのだ。


しかしこのような明らかな詐欺情報に引っかかってしまうのは、

アドセンスの「ア」の字も知らない初心者の可能性が高い。


それだけにこんな低俗な情報にも、

自信満々な口調で説明されれば納得してしまうのかもしれない。


しかしいざやってみればその結果は一目瞭然。


このようなノウハウでそこまでの大金を稼げるはずもない。


確かにそれなりの文字数と記事数を揃えたサイトを量産すれば

数百円から数千円程度の収入にはなるかもしれないが、

やはりその程度が限界というのが現実である。


20万という情報料の回収にどれほどの時間と労力がかかる事か。


まさに初心者を騙す為の手口とやり口である。


しかしこれは既にネット上で数多く暴露されている旧バージョンのもの。


今は新バージョンを謳い、別の情報を提供している。


その新バージョンは俗にいうサイト転売ビジネス。


その中で中井はアダルトサイトの転売が儲かると豪語し、

その作り方や転売の仕方を指南している。


しかしその内容もアドセンスの情報と同様に

やはり低俗で思わず溜息が出てしまうような内容なのである。


到底、買い手が付くとは思えないような低俗なサイトを作るノウハウ。


それも初心者にとっては到底簡単と思えるようなものでも無く、

またそれを作り上げられたとしてもまず買い手は付かない。


つまりその労力さえ無駄になる事が目に見えている

どうしようも無い情報なのである。


おそらく中井自身も全く実践などしていない

机上の空論を描いただけのノウハウである事はまず間違いない。


そもそもネット初心者がそう簡単に

買い手がつくようなアダルトサイトなど作れるはずが無いのだ。


しかしこの情報もネットビジネスのネの字もわからない初心者なら

これで稼げると言われればその場では納得してしまい、

それから中井の口車に乗せられ、

買い手が付く事も無いようなサイトの作成に

手間と時間を取られていくのだろう。


そして想定した以上の作業を強いられ、

おのずと諦めるしかない状況に追い込まれるか、

もしもサイトが出来上がったとしても、

あれが違う、これが違うと難癖を付けられる。


いずれにせよ「稼げない責任は自分にある」という状況を作り、

そのまま諦めさせるという手口で騙しこんでいるのだろう。


熱帯魚の飼育転売や実験用モルモットの飼育ビジネスなど、

儲け話を持ち掛けつつ高額なその飼育キッドを売り込む

悪質詐欺商法の現代版と言ったところであろうか。


むしろその内容を明かさない段階で、

情報料として先立つ多額の金銭を支払わせているだけ、

この情報の悪質度は更に高いと言わざるを得ない。


結論として中井の扱うこれらのこの情報は

今や無料でも知る事の出来るような情報内容を、

いかにもまだほとんど知られていないビジネスのように思わせ、

対面形式という名目で多額の情報料を取っている、

ただそれだけの悪質極まりない低俗情報という事である。


あたかも信用を装う対面という形式や

巧妙な自作自演サイトも含め、

この人物の手口には注意が必要である。


追記


更に悪評が広がり続けている為か、

今は「番外編」「裏ver」「短期速攻編&エリートコース」と言った

旧バージョン、新バージョンと異なる謳い文句を用いている。


情報内容そのものも変更している可能性があるが、

これまでの2つの情報内容を見ても分かる通り、

この人物が価値のある情報を提供出来るとは到底思えない。


これまでの手口から見てもこの人物は

現在販売している情報の悪評や暴露情報が流れると

「グーグルアドセンスは関係ありません。」

「アダルトサイトの転売ではありません。」

と、これまで販売していた情報内容を否定する。


そしてそれとは全く別の新しい情報かのように見せかけ、

取ってつけたようなありきたりな情報を提供してくるのである。


現在の情報はというと、

実際に購入してしまったという被害者からの情報によると

そのうちの1つはFXトレードのノウハウなのだとか。


このような詐欺商法を繰り返す人物の投資ノウハウなど

自身の大切な資金を危険に晒すだけである。


引き続きこの人物の販売情報に対しては注意を呼びかけたい。


関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

三木本と名乗る猫の管理人画像が象徴的な

日本最大級の情報商材レビューサイトというサイトをご存知だろうか。




このサイトだが一見は与沢翼氏を始めとする

インフォトップ系の情報起業家やアフィリエイター、

最近はあまり見ませんが以前のインフォスタイル系、

インフォレストラン系の情報商材など、

これらを批判する正義のレビューサイトを装っている。


ただその実状はその管理人自身が

自ら販売している情報商材を巧妙に売り込む為のサイトであり、

他の起業家を批判する事で信用させ、

自らの商材を売り込んでいく事を目的に運営されているサイトなのである。


その他、ちょっと名前が挙がってくるような起業家がいると

すかさずケチを付けて詐欺師呼ばわりという始末。


その中傷相手や情報商材など、

その実状や中身がどうであろうとお構い無しに、

とにかくケチを付けていく。


要するに自分は販売する情報さえ売れれば何でもいいのだ。


そういった話題の起業家の名前や商材名は

それを記事にするだけでも集客になる。


まさに有名起業家やその販売情報の中傷行為は、

集客と販売を一体して行っていく事が出来る為、

この三木本なる人物にとっては極めて効率的な販売戦略なのである。


とは言え私自身、この手法自体を非難するつもりはない。


このような手法はこの業界にはあって当然のものだからである。


そして実際に販売している情報が本当にいいもので、

価値のある情報だと言うならそれはそれで結構だ。


実際にこの業界の情報などは大半が詐欺的、

もしくは価値の無い情報なのだから、

このような意図で運営されているサイトであっても、

無駄なお金を捻出せずに済む人は少なからずいると思うからである。


しかし、この三木本(本名は中井忍というらしい)なる人物が、

このような手法で販売している情報は、

三木本自身がその運営サイトで中傷しているような数多くの情報商材より、

遥かに価値の薄い全く持って再現性の無いゴミ商材なのである。


少なくとも彼の売っている情報と比較するなら

与沢氏などが販売している情報の方がまだマシである。


要するに再現性も無ければ中身も無いペラペラなゴミ商材。


三木本なる人物はそんな情報を

他の情報や起業家を中傷するという手口で、

数十万円もの高値で販売し被害者を増やし続けているのである。


ではその販売情報がどういったものなのか、

その詳細については下記の記事で批評しているので、

中身がどうしても気になるなら是非参照頂きたい。


>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)暴露 詐欺

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)詐欺 暴露

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報


また、この三木本なる人物はとにかく似たような手口で

他の起業家や情報商材を中傷するサイトを量産し、

全く同じ手口で自身が販売する情報への誘導を行っている。


・ネット収入で目指せ月100万円!!
 http://100manmezase.blog.fc2.com/

・アキの阿部塾ってどうなの?セドリ実践レビュー
 http://ameblo.jp/abejuku-sedori/

・情報商材暴露レビューのミヤグチ屋
 http://miyaguchi-ya.com/

・掲示板@情報商材暴露&返金相談
 http://henkin.biz/read.php/henkin/

・ヤフーオークション・ヤフオク情報商材暴露公開掲示板
 http://jbbs.livedoor.jp/internet/1776/

・儲かる情報商材を暴露する裏サイト!byミサミサ
 http://misa-liberty.com/

・fukugyomaster
 http://fukugyomaster.blog.fc2.com/

・成功者になるためのブログ
 http://seikousyakasoku.blog.fc2.com/

・詐欺情報商材撲滅委員会
 http://onayamifree.info/

・あの気になる情報商材のレビュー!稼げる?詐欺?
 http://blogs.yahoo.co.jp/mzrjj8987/MYBLOG/yblog.html

・ネットビジネス検証ブログ
 http://kazushou.jugem.jp/

・情報商材失敗日記
 http://nikki-net.com/

・ネットビジネス参加者の実践レビュー
 http://blog.livedoor.jp/chaocho7/

※その他、同様の手口で詐欺情報を推奨する媒体が多数


更に他の起業家や情報を中傷する方法とは違う手口でも、

下記のようなブログで同様の詐欺商材への誘導も行っている。


・気ままな旅行ブログ
 http://www.tabidaisuki.com/

 旅行好きの一般人を装い各地の旅行についての豆知識などを紹介
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・趣味がない人生がつまらない人間が、
 お金持ちになり女にもて生活を楽しむ方法のブログ
 http://seikatublog.com/

 女性にモテる方法などを語る一般人を装い
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・クラシック音楽初心者のための楽しみ方
 http://www.classicmusic-navi.com/

 クラシック好きの一般人をその知識などを紹介
 その中でネットビジネス体験記と称し詐欺情報への誘導を図る


・一般人が法律をうまく活用する方法
 http://orochisan.info/index.html

 過払い請求や債務整理の情報をまとめたサイトと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・ikechanのブログ
 http://ameblo.jp/aka-chanblog/bookmark.html

 子育てなどをテーマにブログをやっている一般人を装い
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・ラーメン巡りブログ
 http://ramenmeguru.seesaa.net/

 ラーメン屋巡りをやっている一般人を装い
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・ナンパ日記ナンパブログ
 http://blog.livedoor.jp/lifenanpa/

 ナンパのノウハウなどをまとめたサイトと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・私のキャッシング債務整理ブログ
 http://hensainikki.cocolog-nifty.com/

 キャッシングや債務整理の情報をまとめたサイトと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・集団訴訟呼びかけのブログ
 http://blog.livedoor.jp/mendan20sagisosyou/

 詐欺商材への集団訴訟を呼びかけるブログと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る


・おしゃれな専業主婦を目指しつつ、家計節約の方法のブログ
 http://www.setuyakkumama.com/

 一般専業主婦のブログと見せかけ、
 その中で自身の販売する詐欺情報への誘導を図る

※その他、同様の手口で詐欺情報を推奨する媒体が多数


各ブログやサイトの文体や手口を見れば、

それが全て同一人物の手によるものである事は明らかだが、

そのような客観的な視点を持つ事が出来ないが為に、

今もこの三木本なる人物に騙されている被害者が後を絶たない。


この情報の真実について、

より多くの人の客観的な意見を聞きたいなら、

下記2ちゃんねるのスレッドが最も適切だろう。

>2ちゃんねる:ヤフオク情報 【直接会って教える中井忍のスレ】


また、ここ最近の情報によると、

多くの購入者から立て続けに少額訴訟を起こされ、

次々と敗訴していっているという。


その為か今は少額訴訟の対象にならない

対面の際に60万円以上の商材を売りつけてくるというのだ。


情報業界に携わるサイトやブログなどを運営している者は、

是非この人物についての注意を呼びかけて欲しいものである。

関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報



メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:三木本(中井忍)

このページの先頭へ

イメージ画像