フリーエージェントくんこと与沢翼が与沢塾第4期を募集し始める。

闇金ウシジマくんで大活躍?中の

フリーエージェントくんのモデルとなった与沢翼氏。


つい数カ月前に開始されたばかりの

与沢塾第3期の終了期日が近くなったタイミングか、

すぐさま与の沢塾第4期の募集に入る模様である。


与沢塾4期

http://free-agent-style-holdings.jp/yozawa_jyukusei/


まだ4期目の与沢塾であるが、

この募集ペースの速さに異常ささえ感じてしまう。


しかしそれも無理もないことである。


フリーエージェントくんこと与沢翼氏の生活レベルを考慮すれば

その浪費ぶりは見るに堪えないものである事に代わりはないが

ここ最近の与沢翼氏が手がける情報商材においては、

全くもって目立った売れ行きを見せているものが無い。


せいぜい話題になるのはこの与沢塾くらいのものである。


1年、2年前であれば次々と高額な案件をリリースし、

そこに話題を集めていた事が記憶に新しいが

もはやそれも出来ないレベルとなっているか、

やっても話題にもならず終わっているというのが現実である。


こちらの記事でも報じた通り、

与沢翼氏が現状持ち出す実績は全て過去のものばかり。

>天生翔こと与沢翼氏のFree Agent Style Holdingsの損益計算書を紐解く


派手な生活ぶりをアピールし、

それをブランディングの一環として演出していた者が

その演出さえできなくなった時、どうなってしまうのか。


与沢翼氏、最後の砦と言っても過言ではない

自分自身の名を冠としている与沢塾も

このままのペースで5期、6期と募集を重ねたなら、

その参加希望者が皆無となることは目に見えている。


その時、彼に打つ手はあるのか、それとも・・・。


こうして人は「過去の人」へなっていく。


その典型的な生き様を見せてしまうのか。


それともまだ起死回生の手を残しているのか。


今後も与沢翼氏の動向に「人知れず」注目したい。


関連記事一覧


>羽田和広と与沢翼、斉藤和也、藤沢涼、小玉歩の関係。

>天生翔こと与沢翼氏のFree Agent Style Holdingsの損益計算書を紐解く

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年4月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

与沢翼の与沢塾3期 特定商法違反の疑い 返金騒動 詐欺

専属ドライバーの暴行事件による書類送検が記憶に新しい与沢翼氏。


その報道とほぼ同時期に募集が開始された与沢塾の3期募集に、

既に幾つかの問題が浮上しはじめているようである。

与沢翼の与沢塾3期生募集に特定商法違反の疑い


何とこの与沢塾3期生募集の特定商法ページに、

特定商法違反の疑いが浮上しているというのである。


その特定商法表記次項はこちらの通り。




販売会社は言わずと知れた「株式会社 Free Agent Style Holdings」。


ただその代表者が「与沢翼」となっているが

実はここがその問題点なのである。


というのも「与沢翼」は一説によると、

彼の「ビジネスネーム」であり本名は別であると言う。


現に彼は「与沢翼」という氏名をそのまま商標登録し、

その登録権利者が「與澤翼」となっていたという一件から、

与沢翼の本名は與澤翼であると言われていた。


その読み仮名はあくまでも「よざわつばさ」であるが

与沢翼は実名とは異なる漢字を用いた

あくまでも「ビジネスネーム」なのである。


にも関わらずこの「与沢塾3期」では、

その本名とは異なるその「ビジネスネーム」を

こうして特定商法表記のページに掲げている事が分かる。


ビジネスネームを名乗る事自体に違法性は無い。


しかしビジネスネームはあくまでもビジネスネームであり、

本名とは違う仮名である事に違いはない。


そのような仮名を特定商法表記のページに掲載する事は

完全な特定商法違反にあたり、

同時にそれは「偽名商法」に繋がってしまう。


何故なら特定商法表記には実名を明かす事が

商法上の原則とされているからである。


つまり特定商法表記のページにその氏名を乗せた段階で

消費者に対してはその氏名が実名であると偽った事になる。


30万円もの高額情報で特定商法違反及び偽名の使用は大問題である。


万が一今後この「与沢塾」に入塾したものが

この辺りの事実を追及していけば、

全ての参加者に対する返金が義務付けられる可能性さえある。


私自身、確固たる形で与沢翼の本名が與澤翼であると調べ上げたわけでは無いが

これが事実である可能性も踏まえて、

この与沢塾に申し込んでしまったような者に対しては

最低限の対策として現時点の特定商法表記ページをキャプチャし、

保存しておく事をお勧めしたい。


「値上げ準備中」を謳う詐欺師と同レベルの販売行為


また今回の与沢塾は値上げを煽るだけ煽っておきながら、

肝心な値上げ期日には「値上げ準備中」の表示を掲げ、

そのままの価格を継続してページを公開し続けている。


無論、このような値上げを煽るだけ煽り、

消費者を欺くような販売手法はこの情報業界では日常茶飯事であり、

現に多くの販売者が当たり前のように行っているような行為である。


しかしここまでの知名度を作り上げ、

30万円もの価格を打ち出している高額塾において、

このような裏切り行為をあからさまに行う図太い神経。


どうやら太いのは体だけではないようである。


本人曰く、50名に上るというサポートスタッフを抱えていながら

値上げを告知した日に手早く価格を更新する余裕も無いというのか。


私でもサイトのFTP情報を教えてくれれば3分で出来る作業である。


それを与沢翼を筆頭に50名のサポートスタッフ全てが

煽りに煽った値上げ告知をそのまま放置するという有様である。


値上げをするというタイミングで値上げをしないのは

それ以前に申し込んんだ人達を裏切っている事と何ら変わりはない。


このような約束を守らない輩に30万円もの代金を支払い

一体何を学ぶというのであろうか。


もしもこの与沢塾への入塾を検討している者がいるなら、

過去に公開している当ブログの関連記事も参考にして頂きたい。


「やめておけ。」


それが私から言える率直な進言である。


特定商法違反に偽りの値上げ告知。


このような行為を働く者のビジネス塾に価値など無いと断言しておく。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年12月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

あの与沢翼氏が首謀する高額教材「与沢塾」。


塾と銘打ったDVD動画の分割提供商法の魁的なものであり、

既に第一期、第二期と開催され、

多くの参加者を獲得しているというわりに、

この塾からの成功者というのは全く目にした事が無い。


内容は無料オプトインアフィリエイトやそれを発行し、

リストを収集してのダイレクトレスポンスマーケティング。


それを与沢翼氏自身が自らの実績を作った方法として

それらしく解説していくというものである。


彼がこの手法で実績を作り上げた事は事実であろうが、

それ以前の段階での膨大な資金投資もまた明らかなところ。


悠に数千万円単位の広告費を投じ、

そこから利益を生み出した事は間違いないものの

それを真似られるような人はそうそういないだろう。


そして何より彼の戦略は派手な私生活をひけらかす事による

金持ち自慢ブランディングに頼っているところが極めて大きい。


そのような手法を真似られるような資金力と

実際にそれを行うだけの節操のない人格。


いや、それを喜んで行えるような人格が

彼のノウハウを再現していくには必要不可欠なのである。


経済的な面も含めてそれを再現できるような人は稀である。


少なくともそれくらいの資金力があるような人が

このような高額塾教材に何十万という金を支払う事はまず考えられ無い。


その現実に目をあてる事無く、

この塾に入れば彼と同じような収入を手に出来ると淡い幻想を抱くなど

冷静な分析力が無いという点を評さざるを得ない。


何より当の与沢翼氏自身も今やあちこちの高額塾などの講師に名を連ね

当人の軸そのものがブレブレという状態にある事は明らかである。


やれSEOだ、やれ動画マーケティングだ、やれアフィリエイトだ、

やれ有名になれだ、やれせどりだ、やれ送料ビジネスだ、

やれクリエイティブだ・・・

もはや何をしたいのか、何をさせたいのかもわかったものではない。


結局のところ重要なノウハウを集約したものは1つも無く

手を変え、品を変え、次々と高額な情報を売りつける、

その事のみに全てを集中していっている事は明らかである。


その為には手段も選ばず節操も無い。


ただそんな姿勢が明らかになってきているせいか、

ここ最近は明らかな売り上げの伸び悩みが目に見えている。


彼のビジネス戦略は派手な私生活を見せつける

その事で成り立っている側面もあり、

またそれに伴い莫大な継続費用を支出している事も疑いない。


そんなビジネスモデルがいつまで成り立つものだろうか。


既に自転車操業の状態に入っている可能性もあり、

無理やりな高額案件の連続リリースもそこを伺わせている。


自身のリスト収集の要となっているであろう

与沢アフィリエイトセンターの報酬不払いの声も絶えず

まともに紹介した無料オファーの報酬も否認扱いになるというのだ。


彼がこの業界の過去の人の一人に数えられる日は近いかもしれない。

関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年9月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

このページの先頭へ

イメージ画像