【小玉歩&与沢翼】ネット有名人完全プロデュースパッケージ、参加者のその後

こちらの記事で報じた小玉歩と与沢翼による

ネット有名人完全プロデュースパッケージ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージについて


何件かその参加者の動向が見受けられた為、

それがいかに悲惨な状況にあるかをご覧頂きたい。


ちなみに下記に掲載していく者達は

この「ネット有名人完全プロデュースパッケージ」を介し

小玉歩と与沢翼に120万円を支払った「愚か者」達である。


服部憲治@税理士&クリエイターのブログ

http://ameblo.jp/kenyuki04/

→ 既にブログを削除。120万円をドブへ。


業界情報暴露人 平形清一公式ブログ

http://ameblo.jp/hirahirakata/

→ 約半年以上、月1回のダラダラ更新。
  何がしたいかもわからないブログを展開中。


サプライズが世界を変える!!(松浦)

http://ameblo.jp/walkman4/

→ 昨年12月より更新無し。120万円をドブへ。


本当は教えたくない、でも話したいコト♪

http://ameblo.jp/b00700ym/

→ 2013年1月より更新無し。120万円をドブへ。


全自動化でITを攻略(ライト)

http://ameblo.jp/ikeda-hikaru/

→ 2013年3月より更新無し。120万円をドブへ。


お酒と食品の流通革命で人々を幸せに(松井)

http://ameblo.jp/kkmatsui/

→ 2013年9月より更新無し。120万円をドブへ。


副業でもここまでできる!邑松健一のブログ

http://ameblo.jp/smilemonte/

→ 既にブログを削除。120万円をドブへ。


最先端のナレッジとアイデアを(田中)

http://ameblo.jp/tsdent/

→ 2013年9月より更新無し。120万円をドブへ。


オカケンのFXブログ

http://ameblo.jp/okdknt0102/

→ 2013年8月より更新無し。120万円をドブへ。


オカケンのFXブログ

http://ameblo.jp/masaokurihara/

→ 2013年9月より更新無し。120万円をドブへ。


山田一郎のブログ

http://ameblo.jp/sanjyuinternational/

→ 2012年12月より更新無し。120万円をドブへ。


桜川祐那オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/luxe-duomo

→ 2013年7月より更新無し。120万円をドブへ。


スピリッチな人生を実現する!
物心両方の豊かさを手にする日本一の瞑想コーチのブログ

http://ameblo.jp/mindsetadviser/

→ 2013年2月より更新無し。120万円をドブへ。


鳳まことのブログ

http://ameblo.jp/ohtorimakoto/

→ 2013年2月より更新無し。120万円をドブへ。


与沢翼のビジネスパートナーのブログ(岡田)

http://ameblo.jp/okacchi2468/

→ 既にブログを削除。120万円をドブへ。


アメブロのデザインを見れば、

この「ネット有名人完全プロデュースパッケージ」を介し

ブログを作成したであろう人達である事は一目瞭然である。


ただこの手のブログは何十と出てくるが

そのほとんどが完全な放置状態となっている。


つまり誰一人として有名にはなれず、

120万円という高額なコンサル料をドブに捨てたのである。


勿論、その一番の責任は「本人」にある。


しかし120万円もの代金を取っておきながら

この程度のアメーバブログを納品し、

ろくな成果も出させられない小玉歩、与沢翼、

両名のプロデュース力の無さには呆れるばかりである。


そしてそんな両名が今現在も「多くの人を稼がせている」と豪語し、

相も変わらず高額な情報商材を売り続けている。


ただこうして実際に小玉歩、与沢翼を信じ

120万という高額な代金を支払った者に対して

ろくな見返りも与えられていない事は明らかである。


あれだけの大風呂敷を広げ「有名にする」「稼がせる」と豪語し、

120万もの金をムシり取った結果がコレとは、

見るに堪えないとはまさにこの事ではなかろうか。


しかしこれが小玉歩、与沢翼、両名のプロデュース力、

その「現実」という事である。


情報弱者から金をむしり取る事は出来ても

実際に人を稼がせるような事は出来ない。


その事がまざまざと露呈された現実ではないだろうか。


一人でも多くの人がこの事実に気付く事を願うばかりである。


引き続き、このブログではその真実を報じていくものとする。


情報の拡散に協力願いたい。

関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>小玉歩の手口について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年1月5日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 小玉歩

小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

インフォトップの売上ランキング上位を争っていた2名、

小玉歩氏と与沢翼氏で打ち出していた企画。


小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ パッケージ


目に見えていた事ですが被害者の声も出始めている。


少なくとも100名以上の申し込みがあったという話のわりに、

実際に彼等のプロデュースでこの業界に出てきているような者は

どう考えても100名という人数には及ばない。


超高速ゲームせどり やしろ塾 のやしろひろたみ氏あたりは

どう見てもその一人と見られるが

目立ったところでこの人物のみである。


ただこのやしろ塾も批判の声が殺到している状況にあり、

よくぞこの状況で2期生の募集をかけたものである。。


とは言えこのプロデュースパッケージでは

世間の風潮的にどちらかと言うと

与沢氏への批判の声が多いが私の考えは逆である。


実際のこのプロデュース企画の売上の取り分や

その主導権がどっちにあったかにもよるところがあるが

仮にそれが折半であったなら、

与沢氏はまだ少なからずその活動が見られる事に対し、

小玉氏はまるでこの企画自体が無かったかのような

かなり無責任な感じが見受けられるからである。


裏で頑張っているというならそれでいい話だが

少なくとも小玉氏のメルマガなどでは、

この企画でプロデュースされた者の紹介は全く見受けられない。


対して与沢氏のメルマガでは一時期

明らかに手抜き感の見られるくだらないオプトイン情報の紹介が

次から次へと頻繁に届いていた。


間違いなくあれはこの企画から打ち出された者達だろう。


ある意味これは与沢氏は自分の媒体を利用して

一応はプロデュース的な事をやっているという事。


対して小玉氏はそこにすらノータッチという感じがするのである。


このプロデュースパッケージの悪評は

ネット上でもそれなりに見受けられる為、

小玉氏としてはそれなりの金にはなったものの

自身のブランド価値には大きな傷が付き、

手にした金以上の代償を払う羽目になったというところだろうか。


実際にそのような状況が見受けられるようになった以降、

小玉氏の口からは与沢翼という固有名詞や

このプロデュースパッケージの話題は全く出てこなくなった。


本当にプロデュースというものをやっているなら、


「こういう人物をプロデュースした。」

「こういう人物をプロデュースしてどれくらい稼がせた。」


と、これくらいの報告をどんどんしていって欲しいものである。


・・・しかし、それは到底出来る事では無い。


何故なら100万もの金を奪っておきながら、

公に出来るような実績は全く出せていないからである。


勿論これは小玉氏だけでなく与沢氏にも全く同じ事が言える。


あれほど多くの「稼がせる」という趣旨の企画を打ち出しているなら

自分がいかに稼いだかを自慢するのではなく、

いかに自分が人を稼がせたかを自慢して欲しいものである。


しかしそれは叶わぬ願いだろう。


このプロデュースパッケージへの申し込み代金100万円。


これを支払い被害者と気付かない被害者達。


ただこのような残念な企画に100万もの大金を出した者にも責任はある。


しかし100万円という金額なら闘う術も価値もあるだろう。


巷では被害者の会なるものも立ち上がっている模様。


今やこんな企画など無かったかのように

我知らぬ顔で活動を続ける小玉氏。


手抜き感が見え見えのオプトインページを量産し、

形だけのプロデュースを行っていく与沢氏。


もしも価格に見合わないサービスしか提供されないのであれば

闘っていくだけの価値は十分にある。


両名を法廷に引きづり出し本気で戦う者が出てくる事を期待したい。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>小玉歩の手口について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年10月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 小玉歩

このページの先頭へ

イメージ画像