岸隼人、ツイッターアフィリエイトクラブ。タイムリーに報道された詐欺事件との比較。

毎月300万円をツイッターで稼ぐと謳う、

岸隼人氏が有料オファーの公開を開始していたので

それに関する私なりの見解を述べておきたいと思う。


ツイッターアフィリエイトクラブ

http://岸隼人.net/kishi_sl/


現時点で発覚している事実としても、

恒例のバックエンドオファーは

2段階と見られている。


ツイッターアフィリエイトクラブ・プレミアムメンバー

http://岸隼人.net/premium/


ツイッターアフィリエイトクラブ・パートナークラブ

http://岸隼人.net/partner/


それぞれの価格設定は、

フロントエンドオファー321,840円。


フロントエンド申し込み完了後

自動的にページが切り替わって

バックエンドオファー1段階目537,840円。


バックエンド1段階目の申し込み完了後、

さらに自動的にページが切り替わって

バックエンドオファー2段階目1,080,000円。


つい半年ほど前に「アンダーグラウンドメソッド」という

掲示板アフィリエイトで同様の手法を採用していたが、

今回もまた、webページのセールスレター形式ではなく、

2度のバックエンドオファー含めて、

すべて動画セールストークによる有料募集案件(動画オファー)である。


岸隼人ツイッターアフィリエイトクラブ。バックエンド込々参加価格1,939,680円。



この手の高額塾では、内容云々の以前に

度重なるバックエンドオファーの存在が、

その都度、問題視されている。


実際に今回の動画オファーにも見られることだが、

まず、フロント30万円オファーの時点では、

バックエンドの存在は一切明かされることなく、

すべてのノウハウが得られるかのように参加の勧誘を行う。


ところが、フロント30万円の決済完了直後、

次のバックエンド50万円の動画オファーが始まり、

そこでは主張が一転し、バックエンドも合わせて参加しなければ、

利益が確約されないかのように参加を促すのである。


客観的事実としてこれを伝えるならば、

そんなもの最初から申し込む方が悪いと思うかも知れない。


世間一般に問えば、そう答える人も多いことだろう。


しかし、すでに一歩踏み込んでしまった当事者には

極めて深刻な問題であり、冷静な判断をすることが

困難となってしまう「弱み」である。


すでに30万円の先行投資を済ませている以上、

その金額が当事者にとって重みのある金額なら尚更のこと、

あとにくるバックエンドで踏み留まることができない。


後に引けず、50万円のバックエンドオファーを受け入れてしまえば、

さらに次のバックエンドが100万円と続いても、

今度は合計80万円もの先行投資が無駄になると感じ、

最終的に200万円にも及ぶ高額案件すべてを購入してしまうのである。


実際にこの手の被害者による事後相談は後を絶たない。


>高額塾や高額な情報商材が「本物」か「詐欺か」を見極める明確な基準と方法。


岸隼人が実際に行っている行為と、警察に認定された詐欺行為との比較。



岸隼人のツイッターアフィリエイトクラブ募集開始と、

偶然にも同じタイミングで、あるYahooニュースが目についた。


良い機会なので、参考にしてみてほしい。


<詐欺被害者>「取り返せる」で再び4750万円取られる

毎日新聞 7月22日(火)23時56分配信

大阪府警布施署は22日、約3年前に約2000万円の振り込め詐欺被害に遭った女性が今度は約4750万円をだまし取られたと発表した。「以前の被害金を必ず取り返せる」と電話で言われ、信じてしまったという。

布施署によると、東大阪市内に1人で暮らす60代のパート女性。6月12日、「消費者センター職員」などを名乗る男女から女性宅に数回の電話があり、「振り込め詐欺被害を回復する手続きがある。預貯金の解約と送金が必要」などと言った。

女性は言われた通りに預貯金を解約、今月上旬まで2回に分け、日本郵便の宅配サービス「ゆうパック」で現金計約4750万円を東京都豊島区内の私書箱に送った。

女性は2011年にも未公開株への投資を装った勧誘電話で約2000万円を詐取されたとしており、「必ず取り返せる」との誘い文句に応じてしまったという。現金が返ってこないため、女性が署に被害を届けた。【新宮達】

(Yahooニュース引用 URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140722-00000146-mai-soci )


このニュースは、警察介入のもと詐欺行為と公的に報道されたものである。


並び立ててみると、ツイッターアフィリエイトクラブは、

2つのバックエンドを合わせても1,939,680円であり、

単純な金額だけを見れば10倍以上ものスケールの違いはある。


ただ、岸隼人はフロント30万円の動画オファーで以下のように語っていた。


今まで他のアフィリエイトや、輸入転売せどり、
FXや株などの塾に入って本当に騙された、
損をした、失敗し続けてきたという方は、
その今まで損をした金額までも、
今回の私のツイッターアフィリエイトノウハウで
一気に取り戻してください。

作業時間0分、フルオートで稼ぐ手法もすべて暴露します。

今回のプログラムを実践すれば、
始まってから最長でも30日後には、
毎月10万円の安定した収入を、
あなたの銀行口座にもたらしてくれます。

さらに翌月には30万、3ヶ月後には100万、
半年後には月300万円と、嫌でも稼いでしまうのです。


要点をまとめていこう。


「過去の高額塾での損失を取り戻すことができる」

「全自動で稼いでいくこともできる」

「参加すれば30日以内には10万円の入金がある」

「半年後には嫌でも300万円稼ぐことができる」



さらにその上で、このようなことも語られていた。


「私(岸隼人)はサポートに全力を尽くす」

「だからこそ確実に稼がせることができる」



ここまでが、フロントエンド30万円の動画オファーの話しである。


続くバックエンドの動画オファー(プレミアムメンバー)では、

ある程度、うまく言葉を濁してはいるが

一般的感覚をもって言葉を額面通り受け入れるなら

以下のような内容が語られている。


「確実に成功するためにはプレミアムメンバーに参加する必要がある」

「私(岸隼人)はプレミアムメンバーのサポートに優先して取り組む」



さらに続くバックエンド(パートナークラブ)では、

またしても以下のように同様の主張が展開されていた。


「もっと確実に成功するためにはパートナークラブに参加する必要がある」

「私(岸隼人)はパートナークラブメンバーに携帯番号を教えサポートを優先する」



フロント30万円の動画オファーでは、

過去に騙された金額を確実に取り戻せると発言している。


そして最初から確実性を強調しながら、

結果的には、すべてのバックエンドに参加しなければ、

その対価が得られないかのように、

都度、都合よく主張を改めるのである。



2014072401
フロント動画オファーで熱弁する岸隼人氏


2014072402
すでに80万円を受け取り、満足そうな笑顔を浮かべながらも
100万円のバックエンドをPRする岸隼人氏。


Yahooニュースで報道された詐欺事件と、

実質的なその内容には大差が無いように思えるのは

私だけではないだろう。


少なくとも販売までの経緯に偽装行為があったのは

前回お伝えした通り、ゆるぎない事実である。


>ツイッターアフィリエイトクラブ「岸隼人」が他人アカウントで動画解説。


そもそも、販売経緯と商法自体に問題があり、

その上で内容の再現性が期待できるかは、

絶望的だと言えるだろう。


これは余談となるが、

SKナレッジの関与が認められる高額塾は

インフォトップの審査は通らないようだ。

(まあ、広告内容から考えれば当然だが。)


一部分割決済はインフォカート。


メインは主要ASPを介さず、

以下自社決済と思われる運営元のものが見受けられた。


株式会社エティ(株式会社Aty)?
東京都中央区日本橋堀留町2丁目7−1
人形町デュープレックスR’s-1204号室


動画再生数などから逆算すれば、

すでに100人ほどの参加者がいるものと思われる。


今後の動きにも注目していきたい。


関連記事一覧


>ツイッターアフィリエイトクラブ「岸隼人」が他人アカウントで動画解説。

>返金騒動?マッチングビジネス塾 小島幹登と佐藤文昭(SKナレッジ)

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年7月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像