破産したはずの与沢翼が資産を隠し持っている件、ウソにより同情を集めて有料メルマガを募っていることは詐欺的な行為との批難も。

度重なる不運による経営破綻を宣言し、

高級車や高級マンション高級家財など

全ての財産を処分してゼロからの再スタートする。


改めてテレビ露出などもまた増えている与沢翼氏。


この彼が、実はまだ運転手つき高級車を隠し持っていて

高級家具なども手放さず、高級マンションも

依然として保有しているのではないか?



それを疑われる写真が流出したことから、

自身のブログや週刊誌などで嘘八百を並べ立て、

同情から有料メルマガを募っていることなど、

一連の行為を詐欺的行為とする避難の声があがっているようだ。


この件の詳細と、それに対する私なりの見解を述べておきたい。

与沢翼が未だ資産を隠し持っていると話題を集めた写真について。



運転手付きの高級ベンツで移動

与沢翼とベンツ


与沢翼氏の住居は高級マンション

与沢翼とベンツ


とある場所から高級家財を移動させる

与沢翼とベンツ

自身のブログや週刊誌で嘘八百を書いて人々の同情を引き、
有料メルマガを募って毎月いくらかの金を得ることは
法律用語で何と言うだろう?

引用元 探偵ファイル:http://www.tanteifile.com/diary/2014/06/10_01/


情報元サイト(探偵ファイル)によるところ、

彼の現住居は、セントラルレジデンス 新宿シティタワー。


与沢翼氏の公言通りワンルームであれば、

私が調べたところ賃料およそ15万円程度。


これは個人の金銭感覚にもよるところだが、

都内の住居としては、決して高級と言えるほどでもない。


ワンルームが事実であるならば、

与沢氏本人が公言している通り、

金銭的に苦しいのは偽りではないのかも知れない。


ただ、家財などを移動させているとのことから、

ワンルームでそれが収まる程度なのかは疑問もあり、

実際には同マンションの2LDK(家賃30万円)か、

それよりも広い部屋である可能性も否定できない。


写真にあるベンツに関しては、新しいモデルであり、

ベンツSクラス(価格1500〜1700万円程度)と、

かなりの高級車とみられるものである。


また、上記情報元サイトでは以下のような、

与沢翼氏側から写真掲載などに関する抗議文があったようだ。


ベンツについては、
会長が公開されているようにオールオブミーの所有物でございます。

私が経営破綻を発表する前の所有車です。

オールオブミーがアイランドタワーに入っていることも公開しております。

今回は、私個人やオールオブミーに対する納税義務ではなく、
フリーエージェントスタイルへの納税義務であることも説明しております。

個人所有の物品を公開されたり、彼女の肖像を無断で使用されたり、
適性な探偵依頼がない中で、尾行を受け、
プライバシーや名誉を侵害されているこちらの気持ちを理解してください。

面白半分や探偵ファイルのPVアップのためであれば、
速やかに私に対する全記事の削除をお願いします。

引用元:http://www.tanteifile.com/diary/2014/06/13_01/



内容云々の前に、気になってしまったのだが、

この文面は与沢翼本人によるものなのか、

それとも社員による文面なのかが解らない。


「会長が公開されているように」


与沢翼本人が一人称を”会長”という

単純にちょっと痛いだけの人なのかもしれないが、

現実的には、社員の立場による表現と考えられる。


ただ続く文面として、


「私が経営破綻を発表する前の所有者です。」

「私個人やオールオブミーに対する納税義務ではなく」



このように一人称が”私”となっているのは、

どういったことなのだろうか。


社員に抗議文作成を丸投げして、

適当にこの文面を作った人間がいたのか、

もしくは、それを与沢氏本人が修正した際におかしくなったのか。


いずれにせよ、

真剣な訴えを行っているはずの抗議文としては、

非常に乱雑な文面という印象を受けてしまう。


(まあ、私が直接受けた抗議ではないのでどうでもいいことだが。)


同サイトではこの抗議文に対して、

下記のように非難を続けている。


破産して2年半で、また経営破綻。
なのに別の会社に財産が移動。

もし、破産時に財産を隠していたら
何という罪になるか知ってるのか。

自分以外はみんなアホとでも?

引用元:http://www.tanteifile.com/diary/2014/06/13_01/


そもそも、株式会社オールオブミーは「別会社」と言えるのか?



経営破綻したのはフリーエージェントスタイルであって、

与沢翼本人やオールオブミーは別会社だから関係ないのか。


この主張については、以前から私自身も触れている通り、

一般常識や倫理的な問題は置いておいて、

ひとまず法的に間違った主張と言えるものではないと考えている。


「個人の収入はゼロですよ」


このように以前テレビ番組”ガンミ”でも語っていたが、

金がなくなったのは与沢翼個人の問題であり

法的に別人格となる法人は関係ないという主張そのものには正当性がある。


税金や投資関連などの失敗により

経営破綻したとされる株式会社フリーエージェントスタイルと、

今現在、活動を行っている株式会社オールオブミー。


この会社間で連帯的な責任を負う必要がないことも

私がこちらの記事で述べた通りだ。


>与沢翼、破綻話で深夜番組「ガンミ!」TV出演。無神経さが露見する結果に。


ただ、勘違いしないで欲しいのだか、

私は与沢翼氏を擁護するつもりは一切ない。


法的な話しという視点で話しを進めるならば、

株式会社オールオブミーが別会社だから関係ないという主張は、

そもそも単独で活動実態がある会社かどうかという問題も

視野に入れて考えなければならないだろう。


例えば、現在は事業活動を行っていると見られる

株式会社オールオブミーが、

元々税金逃れのために作られていた会社であったり、

事実上、活動実態がないまま放置されていた会社、

俗に言う「ペーパーカンパニー」だったならどうか。


これがグループ会社間による

架空経費計上等に使われていたりしたなら、

場合によっては刑事責任を問われかねない犯罪行為である。


事業活動の実態がない会社に、

売上金があることは本来あり得ない。


アイランドタワー家賃月400万円のオフィスや、

会社で社用車(まして1000万円以上もの高級ベンツ)が存在すること自体、

不自然であり現実的にはあり得ないということだ。


さらにその方向で考えるなら、売上のあるグループ会社から

web制作等どうとでも主張しやすい外注費などの名目により、

架空経費を立て資金移動させていた可能性が高い。


誤解のないように言っておくが、

あくまでも、このことは私の個人的見解であり、

現時点で犯罪行為や不正行為とみなされていない以上、

その可能性を指摘する全ては憶測に過ぎない。


しかし、この憶測が生まれることにも理由はある。


私自身、与沢翼氏が経営破綻を宣言するまで、

少なくとも彼に関するすべての情報商材販売元は

株式会社フリーエージェントスタイルであったと記憶していること。


もう一つは、株式会社オールオブミーの公式ホームページとその内容だ。


そこでは経営理念やサービス内容など、

実にそれらしい文面を並べられているのみであり、

サイト外注で制作してもらったまま、

現在に至るまで放置していたように思えてならない。


一応はweb開発系の会社ということになってはいるものの、

具体的に何かの募集を行っていたり、実績を掲載するなど、

そういった痕跡は一切見られないのである。


事業の実態をこの目で確認できるようなものは

何一つとして存在しない公式ホームページ。


そして、オールオブミーの公式ホームページメニュー

RECRUIT(リクルート=求人募集)という項目を選択すると、

今もなお、株式会社フリーエージェントスタイルの

求人情報ページに飛ばされてしまう始末である。


現実的にまとまった資金が残っていても

なんらおかしくない「別会社」と主張するに足る客観的事実、

株式会社オールオブミーに事業の実態があったなら、

その会社単体で求人をかけるなりすることは普通である。


うっかり忘れていただけなどという主張が通るだろうか。


まして破綻問題となり活動休止しているはずの会社に対する

求人募集リンクを残しているくらいなのだから、

そもそも、この会社単独での顧客など元より存在せず、

問い合わせや指摘を受けることすらないと考えるのが妥当である。


この株式会社オールオブミーのホームページを見て、

何かしらの事業実態があったと感じてしまう、

いわゆるダミー会社、ペーパーカンパニーではないとする、

人間の感覚の方が不自然ではないだろうか。


会社登記していてホームページがあるだけでも、

グループ会社であり、別会社と言えるか。


そんな馬鹿な話しはない。


それを本気で信じてしまうとすれば、

webや会社経営に関する知識がない人間だけだ。


与沢翼は顧客を欺き、有料メルマガで不当に金銭を巻き上げていると言えるか?


そもそも会社経営に関する知識がない人も多いと思うし、

ややこしい問題にも感じると思うので、改めて焦点を纏めておく。


まず税金の支払いやその他の出費により、

経営破綻状態にあるフリーエージェントスタイルと、

個人収入がゼロとなったと公言する与沢翼氏。


彼が今現在展開するビジネスとして、

経営破綻した事実やホームレス状態となるまで転落した物語を

有料メルマガとして配信していくというものがある。


しかし、上記に掲載した写真などから、

実際には彼が公言するような

破綻の実態そのものが偽装だという疑いが生じたこと。


グループ会社間で不正に資金移動することにより、

法人としての顧客や国税局なども欺いていること。


これが詐欺的な行為だということ。


それに対する与沢翼氏側の反論としては、

写真に見られるような高級車などは、

別会社(株式会社オールオブミー)のものであり、

経営破綻を発表する前の所有車であることから、

税金的な問題はない、という反論。


そもそも税金的問題を弁解しておきながら、

顧客を欺いていることに対して、

否定的な姿勢が見られないのも突っ込みたいところだ。


(とりあえず自分の身を守ること以外に興味は無いとも取れる。)


与沢翼氏曰く元々グループ会社として存在した株式会社オールオブミー。


私の目で確認する限りでも事業の実態は見受けられず、

ペーパーカンパニーである可能性が高いこと。


私の見解としても、事実批難されている内容のように

詐欺的行為と指摘されても頷けてしまう要素の方が多いこと。


「現時点で犯罪行為とみなされていないなら白なのではないか?」

「国税局により早期納税を求められている現段階で
 この行為が事実ならすでに明るみにでるものなのでは?」



以上の疑問についても言及しておこう。


国税局にせよ警察機関にせよ、

彼らが下す判断や処罰には白か黒かしか存在しない。


あくまでグレーゾーンである内はどうにもできないのである。


周知の事実だが株式会社フリーエージェントスタイルに

税金納税を迫るが金が無いとされた。


グループ会社のオールオブミーには明らかに金があるとしても、

法的には別会社なので、その金に手をだすことはできない。


できるとすればまた別の事案として

追求しなければならない問題なのである。


実際に事業実態がないグループ会社に対して、

架空経費等により資金移動を行い、

納税を免れる行為は勿論許されていることではない。


架空の経費でなければ問題はないが、

その線引きが難しい問題でもある。


それでも、まず架空経費であるという立証が取れなければ、

このケースにおいて納税を迫ることはできないのである。


この問題で与沢翼氏が白か黒かは、

少なくとも私が判断を下すものではない。


ただ、日本の国税庁や警視庁は決して無能ではない。


与沢翼氏が本当に世間や顧客を欺いているならば、

いずれ相応の処罰が下されるものだろう。


いずれにせよ彼の活動内容に、

このような疑惑が生じるに足るグレーゾーンがあることは

ほぼ間違いがないと無いと言える状況なのである。


(100%クリーンな企業など存在しないのかも知れないが。)


奇しくも2012年の段階で彼が尊敬するホリエモンに、

「グレーなことをやっている可能性あり」と指摘されたことが、

現実のものとして徐々に明るみに出つつあるということだろうか。


今回は、一連の行為を詐欺的行為とする

批難の声が上がっていることに対して、

さらに私が批判を被せたような形になってしまったが。


私は彼がまっとうな方向で事業活動していくなら、

なんら批判的な記事を取り上げていくつもりはない。


だからこそ、15万円のワンルームマンションが

高級マンションと言えるかという問題も取り上げたし、

私自身の憶測は憶測と明記させて頂いている。


あくまで慎重に言葉も選んでいるつもりである。


ただ、いい方向に進んでいるとは思えない限り、

真実を追究するものとして、

今後も厳しいことを言わせてもらうつもりだ。


関連記事一覧


>与沢翼の破産話、フリーエージェントスタイル資金ショートの真相。

>与沢翼と土屋ひろし。闇金ウシジマくんのフリーエージェント組が放った爆笑企画。

>天生翔こと与沢翼氏のFree Agent Style Holdingsの損益計算書を紐解く/闇金ウシジマくん、フリーエージェント

>詐欺?羽田和広と与沢翼、斉藤和也、藤沢涼、小玉歩の関係。羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校。

>挫折者だらけの高額塾。与沢翼 蝶乃舞 インターネットビジネススクール(IBS)


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年6月15日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像