剥がれはじめたメッキ。木坂健宣氏の悪行が遂に暴露される。ネットビジネス大百科 和佐大輔

和佐大輔氏とのネットビジネス教材、

ネットビジネス大百科の著者として知られる木坂健宣氏ですが、

その悪行が遂にその「被害者本人」の口から語られる事となった。

木坂健宣氏の悪行が遂に暴露される


事の発端は2011年に木坂健宣氏が

自らのメールマガジンにて読者に対し募集を行った

60万円ほどの高額料金を徴収する「二人三脚コンサル」なるもの。


その参加者の一人に木坂健宣氏は信じ難い悪行を働いていたのである。


実際に「二人三脚コンサル」を受けた当人が語った

その生々しい真実の声の全てはこちらに綴られている。


>木坂健宣氏の悪行の全て。二人三脚コンサルの顛末


この情報業界ではかなり「クリーン」なイメージのみを象徴し、

与沢翼等、ネオヒルズ族グループや

斉藤和也氏、SKナレッジグループなどとは

一線を画す独自のブランディング戦略で、

決して目立つ事なくこの業界に根を落としていた木坂健宣氏。


しかしその裏側では事実として、

悪質極まりない無責任な「コンサルティング詐欺」を

こうして働いていたのである。


ただこの事は上記ブログの方でも触れられているが

木坂健宣氏は自身のコンサル生を集める際、

必ずと言っていいほど「テスト」的なものを行い、

その参加者に規制を引いてふるいにかける手法を取る。


表向きは「自分のノウハウを提供するにふさわしい人間」を

そのテストという形を使って選定していると言っているが、

実際は「騙しやすい人間」ないしは、

「騙しても文句を言わなそうな人間」や

「騙してもネット上で騒ぎ立てない人間」を

そのテストを介して選定していた可能性さえある。


現に上記ブログでその真実を語った

マーケティングクリエイター足立博氏は、

その顛末から2年ほどはこの事を明かさずにいたのだ。


しかしこの足立博氏同様の木坂健宣氏の

コンサル詐欺にあった被害者は

ほぼ間違いなく他にも多数存在するものと推定される。


そんな他の被害者達がこの足立博氏に続き、

次いでその被害にあった真実を明るみにしていって欲しいものである。


そうする事が「新たな被害者」を生み出さない事に繋がる。


現在進行形の木坂健宣信者とされる

被害者予備軍が足立博氏の記事を見て何を思うか。


そしてこのような告白が相次いだ際、

彼の高額案件が出る度にそれを全力で推進する

アフィリエイターみんてぃあこと新田祐士氏などは、

そのままその「詐欺の片棒」を担ぎ続けるのか。


与沢翼氏、斉藤和也氏、SKナレッジグループなどのような

派手なプロモーションは行わないものの、

この情報業界では決して小さくは無い勢力を持つ

木坂健宣氏の「水面下マーケティング」が

今後、どのような方向性を見せるか注目すると共に

以後、木坂健宣氏が今回の告白の発端となっているような

数十万円単位の「コンサル案件」を持ち出してきたなら、

そこには細心の注意を払うべきである。


木坂健宣氏関連記事一覧


木坂健宣氏の悪行が遂に暴露される。

木坂健宣の高額セミナーStay Goldと詐欺商法(ネットビジネス大百科)

木坂健宣について。

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年3月14日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:木坂健宣

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像