捏造発覚。斉藤和也氏、大富豪専門学校|時間貧乏から脱出する極意。

もはや大型プロモーションを連発すると共に

詐欺商材を連発している事に疑いの余地のない、

株式会社ラストランプ代表 斉藤和也氏。


今更感があるがその斎藤和也氏が当初の段階でインフォトップ、

インフォカート等で発行していた「大富豪専門学校」に、

明らかな捏造画像が放り込まれていた為、

こちらにそのキャプチャを掲載しておく。

斉藤和也氏、大富豪専門学校の捏造画像。


その捏造画像が掲載されているセールスレターはこれらである。


株式会社ラストランプ斉藤和也/大富豪専門学校(インフォトップ)

http://lastlanp.jp/lp/millionaire_school3.html


株式会社ラストランプ斉藤和也/大富豪専門学校(インフォカート)

http://lastlanp.jp/time/ms/sp/icart.html


そこにはインフォトップで稼いだとされる、

下記のようなインフォプレナー、アフィリエイターの

獲得報酬額を示すキャプチャ画像が掲載されている。


インフォトップ インフォプレナー報酬



インフォトップ アフィリエイター報酬




しかし、これらのキャプチャ画像は明らかに不自然な点があり、

何よりこの斉藤和也氏はインフォトップでは

インフォプレナーとしてもアフィリエイターとしても

現実としてこのような実績を挙げたであろう記録はどこにも無い。


まずそれぞれのキャプチャ画像の不自然な点を拡大する。





この不自然なラインのズレは何だろうか。


インフォトップのこの画面はどのような形で観覧しても

このような不自然なラインのズレが生じる事は絶対にありえない。


本来であればこのようになっているはずなのである。





また同様にアフィリエイター報酬のキャプチャ画像にも

明らかに不自然な点がある。





この画像などは明らか過ぎるほど、

報酬金額の部分とモザイクがかけられた上位部分に差異がある。


本来であればこのような形になっているはずなのである。




右端の一枠のみがどう見てもズレている。


これは明らかな捏造画像である。


仮にこの実績が本物であるなら、

何故このような捏造処理をする必要があるのか。


まさに「架空の実績」を掲げている可能性が極めて高い。


これまで斉藤和也氏が手掛けたプロモーション動画等では、

ボロボロとその出演者による「ヤラせ」行為が発覚しているだけに、

その悪質な手口にはもはや言及の余地さえ無い。


またセールスレター上に掲載されている

「斉藤和也のプライベート動画」なるものでは、

あの某プロジェクトで尾島幸仁氏、宮本拓也氏等が

ビジネスモデルのプレゼンに利用している、

会員制ホテル、東京ベイコートホテルの一室や食事風景が見られる。


この会員制ホテルに出入り出来ている点で、

実際にそれなりの社会的ステータスと経済力のある人物が

その後ろ盾としているであろう事が伺えるが、

このしらじらしいLPなどは川島和正氏のパクりなのか。


斉藤和也 ランディングページ

http://lastlanp.jp/third/lp/dlp.php


わざわざこのLPを作成する為、

世界各国を渡り画像と動画を作成したかのような臭いさえする。


まさに手間と金と時間をかけて「悪徳商法」を成立させているようである。


川島和正氏のイメージをパクり、

与沢翼氏のようなやり口で成功者をアピールし、

SKナレッジのような手口でロンチ商法を駆使する。


斉藤和也氏の悪行には今後も注意を呼び掛けていきたい。


関連記事一覧


>株式会社ラストランプ斉藤和也「大富豪専門学校」詐欺ブログと迷惑メール行為の実態

>高岡式PPCスクールの高岡勇人、偽名詐欺?特定商法違反の疑い。

>LINEリッチプロジェクト 高野勇樹と斉藤和也のやらせ動画が発覚した件。

>斉藤和也の不思議な貯金箱(高岡勇人=中田隼太郎)虚偽広告を自白。

>捏造発覚。斉藤和也氏、大富豪専門学校。

>ネットビジネス大学(斉藤和也)が早速、ぶちかましている件。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年3月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:斉藤和也

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像