情報商材業界の有名人達は本当に「億」というキャッシュを稼いでいるのか。

「●カ月で●億円を売り上げた。」

「何年で●億円を稼いだ。」

「現在の年商は●億円。」



この情報業界ではあちこちで「億」という数字が飛び交っている。


では本当に“彼等”はそんな収入を手にし、

本当に誰もが憧れるような生活を送っているのかどうか。


そんな素朴な疑問は誰もが一度は抱いた事があるのではないだろうか。


ただそこに私なりの見解を1つだけ述べておくなら、


“結局のところ、この業界は言ったもの勝ち”


という一言に尽きる。

まさしく「言ったもの勝ち」の情報業界


自分は●億稼いでいる。と言い張れば、

それが例え大嘘であろうと疑う者がいようと

10人に1人、100人に1人、強いては1000人に1人でも

その言葉を信じてくれるものがいれば「儲けもの」なのである。


情報は販売しているインフォプレナーしかり、

それらを紹介しているアフィリエイターしかり、

「稼いでいるふり」をしておくに越したことは無い。


本当に億単位の収入を稼いでいる者がいようと、

その真相を確かめる術はいずれにしても皆無である。


それならばもはや稼いでいようといなかろうと

幾ら稼いだと豪語しておけば、

その言葉を真に受けて尊敬してくれる者が出てくる。


その見せかけの実績に吊られて、

金を出してくれる者が出てくるのがこの業界の実情なのである。


“それならとりあえずは何億稼いだと言っておこう。”


多くの起業家やアフィリエイターがそこに行き着くのは必然的である。


真実さえも嘘に見えてしまうこの業界において、

もはや嘘をつく事に罪の意識を感じるものはごく稀である。


ただその「嘘」もここ最近は明らかにエスカレートしていると言えよう。


動画にまで登場し、その身を曝け出して大嘘をつく。


そんな人間が後を絶たなくなっているからである。


「まさかここまでやって嘘はつかないだろう。」


まさしくそんな消費者心理につけ込んでいるとか言いようが無い。


しかしこれもまた「言ったもの勝ち」の理論と何ら変わりはないのである。


顔を出していようが動画で公言していようが、

幾ら稼いだというのは言うだけタダなのである。


むしろそれで信用性が増すというなら、

詐欺師達は喜んで顔を出し動画に登場するのである。


勿論、その中には本当に稼いでいる人間もいるのかもしれない。


ただ「言うだけタダ」「言ったもの勝ち」という状況にある以上、

もはや「●億円稼いだ」話は全て信用するべきではない。


そのような「稼いだ話」を除外した上で、

彼等の話に耳を傾けていくべきなのである。


本当に実力があり、価値のある情報を提供している者なら、

そんな稼いだ額を度外視していったとしても、

しっかりと価値のあるものを提供してくれるはずである。


しかしいざその金額や実績などを度外視すると、

語っている内容はただの戯言という者も決して少なくはない。


結局のところ「幾ら稼いだ」というホラ話以外、

何1つとして実のある話をしていない者が大半なのである。


本当に稼いでいる起業家を見分ける方法


ただそれでも「本当に稼いでいる者」を見分けていきたいなら、

やはり重要視すべきものは「その証明となるもの」であろう。


確かにそういったものを何らかの形で開示している者も多い。


しかしその証明や画像の全てが

その人物の収入の裏付けになっているとは限らないのである。


例えば「現金画像」やその動画。


これはそういうものを用意してくれる業者の存在や

身内にキャッシュを持っている者がいれば

誰でも簡単に用意出来るものである。


つまり現金画像はその人物が「稼いだ」という、

確固たる事実の証明にはならず、

実質的には何の目安にもならないものなのである。


これは高級マンションや高級車などの画像や動画にも同じ事が言える。


また銀行通帳の残高画像なども確固たる証明とは言えない。


これも簡単な画像加工で「捏造」が可能だからである。


・現金画像や動画

・高級マンションや高級車等の画像、動画

・銀行通帳の画像など



これらは全く実績の裏付けにはならないという事である。


では逆に信頼に値する証明となるものは何なのか。


それは他でも無く公的機関が発行する下記のようなものである。


・所得証明

・納税証明もしくは課税証明

・そういったものを第3者に開示した確固たる事実



やはり公的機関が発行されたこれらの証明。


これ以上、信用に値するものは存在しない。


こういったものの捏造も不可能ではないが

これらの公的機関が発行する証明書を捏造し、

その画像をインターネット上にアップするような行為は

まさに詐欺行為の証拠をネット上に残しているようなものである。


詐欺師はいつでも最後にはそれが詐欺かどうか、

その判断が難しい状況を作れるようにしているものである。


よってあえて公文書偽造という逃げ場のない犯罪行為を犯し、

その確固たる証拠をネット上に残した上で、

いざ何かがあった際に逃げ場のない状態を作る詐欺師はいない。


だからこそ本来であれば最も信頼性の高いものである、

こういった公的機関が発行する証明書を、

自分自身の収入の証明として開示する者は皆無なのである。


実際に「億」の収入を証明している起業家達


私の知る限りでここまでの確固たる証明を開示している(していた)のは、

この情報業界においては下記の4名のみである。


・川島和正氏

・菅野一勢氏

・宇崎恵吾氏

・尾島幸仁氏



川島氏は自身のブログやメルマガで。


菅野氏も何かの情報商材のセールスレターで

そういったものを開示していたのを目にした記憶がある。


宇崎氏は自身の師匠にあたる人物の年収5億という実績を、

インフォトップへの商品登録審査の際に

その所得証明などを開示させられた事があったとして、

実際にインフォトップで公開されている情報商材のセールスレター上に

その経緯の全てをのEメールのキャプチャ画像と共に公開している。

http://copyrighting-supremeprinciple.net/afili/afilt.html
 
 


そして尾島氏に至っては自身のブログの下記の一覧などで

数多くの所得証明と納税証明を数年分に渡り公開し続けている。

http://webconsulting-ojima.net/?p=20#a1
  
  


本当に「●億円を稼いだ」と豪語したいのであれば、

本来であれば彼等のような証明を開示して当然なのである。


しかしあれだけ「億の収入を稼いでいる」と豪語している者が多い中、

その最も確固たる証明となるものを開示している起業家は、

上記、たった4名のみというのがこの業界の実情なのである。


勿論、その中にはこういったものを開示しないだけで

本当に稼いでいる者もいる可能性はあるが

どうしてもその真相を確かめたければ直に開示を求めてみる事をお勧めする。


「何か公的機関の発行書面であんなの収入を証明してみろ」と。


おそらく9割以上の起業家は無視を決め込むか

何かしら理由をつけて開示してこないだろう。


この事からも分かる通りこの業界内で、

本当に億という「収入」を手にしている者は

そこまで多くは存在しないというのが実際のところなのである。


「年商」という言い方で収入を誤魔化している、

そんな者が多いのもその一例と言える。


実際に1億の入金があってもその1億を得る為に

8000万、9000万の出費というのも十分にありえるからだ。


少なくとも今、動画マーケティングなどを大々的に行っているような

際立って目立つ活動をしている起業家達は、

その無料動画のオプトイン段階で相当なプロモーション費用をかけている。


「あのプロモーションで5000万稼ぎました。」


などと言っている起業家をよく見かけるが、

それはあくまでも入金ベースの数字であって、

4000万円分のプロモーション費用を投下して

ようやく5000万円の入金があり、

その身入りは実際のところ1000万円程度、

更には赤字になっているという可能性さえあるのである。


だからこそ多くの起業家は本当の「所得」を明かす事が出来ない。


何故なら「稼いでいるふり」をしていなければ、

自分の支持者達は一気に消え失せてしまうからである。


この業界における大半の起業家が

いかに空虚なビジネスを行っているかが垣間見えたはずである。


勿論これは推測論の1つに過ぎないのが

決して的外れな物言いでは無い事は明らかである。


“何故、確固たる証明となるものを多くの起業家が開示しないのか”


この一点のみを考慮しても

私の推論は決して的外れなものではないことが分かるはずである。


この情報業界で活動する起業家達がいかに空虚な存在であるかが分かる。


そんな彼等が公開しているノウハウや教材に幾らの価値があると言えるのか。


私は疑問を感じずにはいられない。


そんな自転車操業に付き合っていったところ先は見えている。


確固たる実力を持った本物の起業家を見極め、

そういう人物のノウハウやビジネスを学んでいく事をお勧めしたい。


少なくとも私のブログやメルマガの購読者においては

その真実に気付いてもらう事を願うばかりである。

>情報業界の真実講座コンテンツ一覧へ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年11月29日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像