せどりは本当に稼げるのか。

ネットビジネス初心者でも比較的簡単に稼げると言われている

オークションサイトやアマゾンなどを利用した

「せどり」というビジネスモデル。


アフィリエイトに並ぶネット副業の代名詞として

それに関連する情報商材も多数出回っている分野であるが

果たして本当に「せどり」は稼げるビジネスなのか。


私的にその結論を述べるなら確かに「せどり」は

その「やり方」を間違わなければ稼げるビジネスである。

せどりが稼ぎやすい理由。


せどりはアフィリエイトなどのネットビジネスと比較しても

ウェブ関連の知識はほぼ無いに等しくても取り組む事が出来る。


その一番の理由は「集客」というスキルを必要としない点である。


主にせどりは既に出来上がった市場に商品を出品し、

そこで販売を行っていく事が出来るというメリットから、

自分自身でブログやサイトなどを所有する必要も無く、

またそこへの集客作業などもとくに必要とされない。


アマゾンやヤフーオークションなど、

これらのサイトを利用するだけで

優良な顧客は買ってに集まってくるのである。


これがせどりなどの転売ビジネスが

比較的、取り組みやすく稼ぎやすいと言われている所以である。


ただ、当然「デメリット」もある。


ただアフィリエイトなどのビジネスと比較したデメリットは

ほぼ無料で取り組めるアフィリエイトなどのビジネスに対し、

せどりは必然的に「仕入れ」に伴う資金が必要になる。


ある意味で言えばそれは他でもないリスクである。


仕入れた商品が売れなかった場合、

仕入れた価格より安い金額でしか売れない場合、

これは当然ながら「損失」に繋がっていく。


ただこのデメリットは見方によってはメリットにもなり、

仕入れた資金をうまく回転させられれば

転売による「利益」を即時手にしていく事が出来るのだ。


俗に言われる「即金ビジネス」なのである。


しかしそんなせどりというビジネスの可能性を謳った上でだが、

この情報業界で出回っている情報商材というものについては

基本的にはアテにするべきでは無いというのが率直なところである。


せどり、転売関連の情報商材は

そのほぼ全てが“使えないもの”と考えるべきなのだ。


せどりの情報商材はそのほとんどが「机上の空論」。


「せどり」というビジネスの可能性やメリットは確かにある。


ただせどり関連の情報商材というものは全面的に否定したい。


何故なら本当にせどりというビジネスで成果を上げているなら

その人物が自らのノウハウを公開する「メリット」が

どのように考慮しても考えられないからである。


所詮は需要と供給の隙間を縫って利益を得るビジネスである。


そんなビジネスのノウハウを情報という形で公開し、

その有効性がそのまま保たれるはずが無い。


結局のところそのノウハウを公開している者は

既にせどりでは稼いでいないか、

稼げなくなったからノウハウを売る事で利益を得ているのである。


一時は「阿部せどり塾」などがこの業界で話題となり

何億もの売上が上がった上で大返金騒動となったが

これはまさに


「せどりの情報を売るのが一番稼げる」


というこの業界で言われるある意味「真実」の実例と言える。


初心者をターゲットにしやすいせどりの情報商材は

販売者としてもアフィリエイターとしても「売り易い」のである。


だからこそデッチ上げのノウハウも多く、

まさに「売る為に作られた見せかけのノウハウ」が横行している。


このせどりや転売というジャンルに限って言えば

“本当に稼げるノウハウが情報として公開されるはずが無い。”

というのが真実なのである。


本当にせどりで稼ぎたいのであれば

少なくとも情報商材などに頼るべきでは無い。


基礎知識を身に付け、稼ぐべくして稼いでいく。


言わば「投資」というジャンルに近いものと言えよう。


言うまでも無くこの「投資」というジャンルにおいても

情報商材業界で本物と言える情報は皆無である。


その理屈はこのせどりビジネスに言えるものと変わりはない。


こういった需要と供給のバランスを突いて稼ぐビジネスにおいて、

本当に有効なノウハウを情報として公開するメリットが無いのだ。


本来、この手の情報で確固たるノウハウを確立すれば

生涯そのノウハウだけで数千万、数億円という利益を手に出来る。


それをあえて情報商材という形で公開し、

そんなお宝ノウハウを無駄にしようと思うだろうか。


ここは是非、自分自身に置き換えて冷静に考えるべきである。


自分なら、そんなノウハウを第3者に公開するか。


“自分なら絶対にそんな事はしない。”


そう思うなら、それが他でも無く、

この手の情報におけるこの業界の「真実」である。


せどり、投資、ギャンブルなど、

そのノウハウを秘匿してこそ利益の出せる情報には

絶対に手を出すべきでは無い。


それは紛れも無く既に使えなくなった賞味期限切れのノウハウか

情報を売る為にでっち上げられた机上の空論なのである。


そんな情報に金を出し、資金を投じてビジネスを進める・・・。


これほど恐ろしい事があるだろうか。


何より本当にこの手のビジネスで稼いでいる人間は

純粋に取り扱う関連商品の知識が豊富であり、

単純にそういった商品の事が好きな人間が大半なのである。


ゲーム、音楽CD、本。


様々なせどりがあるが強いていずれかの商品や

その特定のジャンルのものに対し、

人並み以上の愛着が無ければおそらく稼ぐ事は難しいだろう。


何故なら興味も無い知識を頭に詰め込んでいる事は

苦痛でしかないものだからである。


せどりというビジネスで結果を出していきたいなら

まずはそういった根本的な部分を考えてみる必要があるだろう。


少なくとも情報商材などには頼ってはならない。


それだけは間違いないものと断言しておく。


番外講座:「競合」が利益を生み出すせどりノウハウ。



せどりや転売関連のビジネスにおいては情報商材に頼るべきでは無い。


この意見は私なりの確信に近い意見であるが、

その中に例外的に見る事が出来るノウハウというものもある。


需要と供給のバランスを意図的に崩し、

あえて「競合」を生んでこそ更に利益を生み出せる。


この業界にはそんなノウハウも公開されているからである。


“そんな事がありえるのか。”


そんな疑念は当然のものと思われるが

この“あえて競合を生んでこそ利益を生み出せるノウハウ”は

その言葉を裏付けるかのように

そのノウハウ自体が無料で全て公開されているのである。


つまり無料で手に入れる事が出来るノウハウなのだ。


これは他でもなくそのノウハウが

本当に競合を生んでこそ利益を生み出せるものだからに他ならない。


市場を活性化させる事が利益に繋がるからこそ

そのノウハウの全てが無料で公開されているのである。


それがこちらのせどりの無料教材である。


■せどりのノウハウを学べる教材(価格:0円)

>次世代せどりメゾットせどりインサイダー


文字通り、ノウハウは全て無料で公開されている。


サポートなどが付けられた有料プランの案内もあるが

正真正銘、ノウハウの肝となる部分は全て

この無料マニュアル内で公開されている為、

とくに有料プランへの申し込みを行わずとも、

同じノウハウをすぐにでも実践していく事が出来るのだ。


・競合こそが利益を生み出すという確固たる公開理由。

・実際にそのノウハウが無料で公開されているという事実。



ここまでの条件が揃っていればもはや疑う余地は無い。


つまり本当にそのノウハウを公開するメリットが

ノウハウの提供側にあるというなら、

このように無料でそのノウハウが公開されているはずなのである。


公開するメリットがあるなら無料で公開すればいい。


それを見事にやってのけているのがこの無料教材という事である。


この業界で参考にするのであれば、

こういった“ノウハウを公開する理屈”がしっかりとした

本当に有効なノウハウのみに絞り込むべきである。


この無料教材の対象となる商品は

音楽関係のプレミアCDなどであるが

こういったものに愛着があるなら一度読んでみる事をお勧めする。


>情報業界の真実講座コンテンツ一覧へ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年11月22日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像