ネットビジネスは今から参入しても稼げるのか。

“ネットビジネスは今から参入しても稼げるのか。”


何のビジネスで参入を考えているにせよ、

このような疑問は誰もがその際に抱くものである。


ただここで1つ客観的な事実を述べるとすれば

こんな疑問は去年この業界に参入した者も、

一昨年この業界に参入した者も、

更には3年前、4年前、5年前に参入した者も

全く同じような疑問を抱いていたと考えられる。


そしてそのいつの時期に参入した者の中にも

良くも悪くもこの業界で成果を上げている者は存在する。


そしてまたいつの時期においても、


“もうこの業界は稼げない”
“この業界は先発組しか稼ぐ事が出来ない”
“後発組は今から参入しても、もう遅い”



と、このような事が言われてきたのである。


しかし現実はそうでは無い。


例えそれが今日であっても明日であっても、

実際に参入し成果を上げる者は出てくるのである。


少なくとも私の知人には今年参入した者も、

去年参入したものも2~3年前に参入した者もいる。


そしてその中には成果を上げ続けている者もいれば

すぐに成果を上げているような者もいるのである。


これが紛れも無い客観的事実である。

どの時期に参入者にも成功者はいるという客観的事実


またより具体的な見方をするなら、

この業界は結局のところ集客力と販売力によって

その売上や成果が決まっていくと言っても過言では無い。


集客力とは自己媒体などにアクセスを集める力。


販売力とはそこで商品を売り込む力である。


そして集客力はマーケティングに左右され

販売力は主にライティングに左右される。


ではまずその集客に伴うマーケティング部分。


これは結局のところ4つに大別される。


・メールからのダイレクトな集客
・検索エンジンからの集客
・その他、ウェブサイトなどからの集客
・広告による集客



この中で数年前までは実行出来て、

今、実行できないものが1つでもあるだろうか。


もしくは先発組だからこそ有利であり、

後発組に圧倒的に不利なものがあるだろうか。


・・・本質的な意味ではそんなものは存在しないはずである。


では次に販売に伴うライティング力。


これなどはもはや先発も後発も無い。


いかにネットビジネスと言えどその原理原則を考えれば

参入の時期などは全く無関係なのである。


重要なものは「時期」では無く「術」である。


結局のところネットビジネスは集客力と販売力。


マーケティング技術とコピーライティングスキル。


この2つを磨き上げればいつでも結果は付いてくる。


余計な裏ワザに頼ろうとするから横道に逸れるのである。


王道こそが最短の成功ルートであるという事。


一見近道に見える道こそ落とし穴なのだという事。


この2点を肝に銘じていくべきである。


これはネットビジネスに限らず、

全てのビジネスに共通して言える事である。


>情報業界の真実講座コンテンツ一覧へ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年11月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像