詐欺疑惑?中川大輔の半自動報酬発生システム完全版。

現在、インフォトップで中川大輔なる人物の

半自動報酬発生システム完全版という情報が売れ筋となっている。


既に幾つかのブログでは「低俗な詐欺紛いの教材」と評されているが

併せて「実践者の声」に明らかに不自然な点が見受けられた為、

私の方ではその詐称疑惑の方を取り上げさせて頂く。

詐欺疑惑?中川大輔の半自動報酬発生システム完全版。


この「半自動報酬発生システム完全版」内容については

以前「ねずみ講まがい」として取り上げた

「ランドオブハンモックYouTuber」と類似したものであり、

要するにその大筋は、


「この半自動報酬発生システム完全版を紹介して稼げ」


というものである。


このような内容の教材のクオリティが高いはずが無く、

当然この「半自動報酬発生システム完全版」も

怪しさ満点のオプトインページのテンプレートと

到底成約が取れるはずもないメルマガのテンプレートが提供され、

あとは各自でそれを拡散していけというお粗末なものとなっている。


各作業手順の解説も完全な手抜き動画が幾つかアップされているのみで、

到底「教材」と言えるレベル内容では無い。


この動画とあのテンプレート一式で稼げるとすれば、

それは既に集客力や販売力を持っている人間だけである。


到底、ゼロからこれらを駆使して稼げるというものでは無い。


その観点で見るとこの「半自動報酬発生システム完全版」の

セールスレターに掲げられている3名分の


「実践者の声」


にはあまりに不自然、不可解な点が数多く垣間見える。


それぞれのコメント内容はどう考慮しても「嘘八百」であり、

もはやこれはこの「半自動報酬発生システム完全版」はもとより、

販売者の中川大輔、そして「モニター」として名を連ねている


・後田圭一

・所孝二郎

・渡辺大輝



この3名も詐欺まがいの商行為の片棒を担いでいるとしか言いようがない。


では上記3名1人1人のコメント内容の不自然な点と

それぞれの正体を暴露していく。


半自動報酬発生システム完全版モニター:後田圭一の詐称疑惑


まずはこの後田圭一なる人物。




この人物は実際にこの「半自動報酬発生システム完全版」の購入者が

無料オプトインリストを収集する際に拡散を強いられる、

こちらのLPの方にも「モニターとしての声」が掲載されている。


全く新しい半自動報酬発生システム

http://aff7.jp/lp1/




ただ既にこの2つのコメントに矛盾点が見受けられる。


半自動報酬発生システム完全版掲載コメント
私は半自動報酬発生システムを8月に設置し、
現在は月収30万前後を稼いでおります。


全く新しい半自動報酬発生システム掲載コメント
私は7月まで中古家電せどりで月収50万程度を稼いでいました。


この時点で自ら主張する「月収」に20万円の差額がある。


更にこの人物はあの「小玉歩氏」のNBGCにも参加し、

参加者としての声を顔写真付きで掲載しているのである。




こちらと比較しても、またその主張には矛盾点が見受けられる


全く新しい半自動報酬発生システム完全版掲載コメント
物販に限界を感じ始めた私は「物販の成果を元に情報発信をしよう!!」と決意しました。

しかし情報発信について全く未経験であった私は何から手を付ければいいか全く分からない状態でした。

そんなときに中川さんから放置収入システムのモニターに誘われ、成果を出せる環境を用意して頂けました。

中川さんの指導は非常に分かりやすく、情報発信未経験の私でも取り組みやすいように順序立てて指導して頂きました。

その教えを私は素直に実践し、必死に各種媒体の構築→集客に努めました。

その結果どうなったかと言うと8月11日にアフィリエイトを開始12日にメルマガ内で教材の告知13日の販売初日に5本、その翌日に4本成約しました。2日間の報酬額は計22万5千円です。

8月も終わってみたら合計で55万円のアフィリエイト報酬でした。

8月上旬にアフィリエイトを開始したのにも関わらずです・・・

アフィリエイターの95%は月5,000円も稼げないと言われる中、私は情報発信を始めてわずか1ヶ月足らずでアフィリ報酬55万円を達成しました。


NBGC掲載コメント:http://nbgc2014.com/
私はNBGCに入る前までは主に店舗せどりを行い、 月30万程度を稼いでいましたが、将来的な不安を感じ、 情報発信するべく一念発起しNBGCの門を叩きました。

(中略)

「フロントラインマーケティング」という月額制のサービスにて、 発表が動画で配信されたことによって、私の一気に知名度が上がりました。

動画を見た沢山の方が、私のメルマガに登録して頂き、ちょうどせどり教材がリリースされるタイミングが重なったのもあって、8月11日にメルマガの配信をスタートさせ、13日に初めての教材アフィリエイトを行った所、販売初日に10万、翌日にも10万のアフィリ報酬を達成。

最終的に8月は55万のアフィリ報酬を達成し、せどりの売上と合わせて人生で初めて月収100万を超えました。

それまでせどり1本しか知らなかった私が、NBGCに入ってわずか2ヶ月で信じられないほど人生が大きく変わりました。


もはやぐうの音も出ない矛盾ぶりである。


結局のところこの後田圭一なる人物は

中川大輔の手による半自動報酬発生システム完全版で稼いだのか、

小玉歩の手によるコミュニティの力で稼いだのか、

真っ向から全く違う主張をしているのである。


しかしその「実績」は一致するという点から、

どちらかが「嘘」である事は間違いない。


もしくは両方が嘘である可能性さえある。


いわゆるこの後田圭一なる人物がこの手の

モニター屋のようなものである可能性さえ考えられる。


いずれにせよこの後田圭一なる人物のコメントは、

どちらに寄せているコメントも全く持って信頼できる余地は無く

結果としてこれは小玉歩のNBGC、

中川大輔の半自動報酬発生システム完全版双方の

モニター参加者の声、捏造疑惑を生む形となった。


何よりこの後田圭一なる人物も要注意の嘘付き男である。


半自動報酬発生システム完全版モニター:所孝二郎、渡辺大輝について


また2人目の実践モニターであるこの所孝二郎なる人物。




この所孝二郎なる人物はこのようなブログの運営者のようである。

http://standardmain.biz/link/



もともとは中国輸入ビジネスとせどりで稼いでいる人物である事がわかる。


そして3人目のモニター実践者、渡辺大輝なる人物。




この渡辺大輝なる人物に関しては「家電せどり for online」という

情報商材の販売をしているバリバリのインフォプレナーである。





それぞれの実践者としてのコメントは下記の通りである。


所孝二郎掲載コメント
(半自動報酬発生システム完全版を)取り入れた翌月には、
今の仕組みの倍以上を稼ぐことができました。

私がお伝えしたいことは、あなたが稼ぎたいのであれば、
絶対に半自動報酬発生システムは手に入れるべき!という事です。

私もいろいろな教材を試しても
なかなか結果を出すことができませんでしたが、
今回、モニターとして取り入れて翌月には、3倍近くの報酬です。

(43万円代のアフィリエイト報酬が123万円代になったという画像)


渡辺大輝掲載コメント
そんな私も今年の10月中旬に独立を果たす事が出来ました。
現在は、更にビジネスの拡大に力を入れています。
独立してビジネスに時間が取れるので、毎日楽しくて仕方がありません。

私は現在完全放置収入だけで安定的に月収50万円く らい稼いでいます。
今年中に、ベース収入が100万円になる予定です。

これもシステムを設置させて頂いたおかげです。


ハッキリと断言するがこの半自動報酬発生システムで

40万円のアフィリエイト報酬を120万円にする事や

この仕組み「だけ」で1~2カ月で月収50万円、

その翌月に月収100万円ベースなど、


「到底不可能」


である。


これは実際にこの教材を手にした誰もが痛感させられ、

その内容を目にしていくにつれ「やれらた!」と思うはずである。


つまり、この所孝二郎、渡辺大輝、両名も

嘘のカタマリのような起業家であると見るべきである。


この半自動報酬発生システムの仕組み「のみ」で

1~2カ月という期間でどうそんな収入を稼ぎ出したというのか。


これは決めつけ云々等では無く

内容的に「不可能」なのはもはや誰の目にも明らかなのである。


この半自動報酬発生システムの中身を確認し、

まともな意見を述べるアフィリエイターであれば、

誰もがそう判断するはずである。


つまりこの半自動報酬発生システム完全版の首謀者である

中川大輔、そしてそのモニターとして名を連ねる

後田圭一、所孝二郎、渡辺大輝の3名。


彼等はもはや信頼できる余地の無い起業家、

アフィリエイターと見なすべきである。


とくにこの中川大輔という人物については、

今後、別のコンテンツ販売等の可能性も考えられる為、

注意、警告の伏線を張っておく事をお勧めしたい。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年11月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:中川大輔

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像