詐欺確定か。Twitter Anonymous Club(一般社団法人日本WEB動画協会)実践者捏造疑惑。

一般社団法人日本WEB動画協会なる社団法人が販売する、

Twitter Anonymous Club(ツイッターアノニマスクラブ)

なる、高額なTwitterアフィリエイト塾について、


“実践者捏造疑惑”


が浮上した。


捏造の証拠画像と共にその詳細をお伝えしておく。

一般社団法人日本WEB動画協会「Twitter Anonymous Club」について


「年商10億円」企業のオーナーがひた隠しにする

月収1500万円の「謎の副業」として、

Twitterのアフィリエイトノウハウとツールを提供する、

298000円もの高額なアフィリエイト塾である。


販売はインフォトップなどの決済ASPを介さず、

自社契約の独自決済を利用している点から、

このような独自決済方式の高額塾は詐欺的なものが多い。


第3者機関の審査等を受けていない為である。


勿論、独自決済商品の全てが「詐欺」というつもりは無いが、

審査等を受けず独自の決済システムで販売されている為、

完全に詐欺的な教材や塾でも「売る事」は出来てしまう。


これは当然、1つの注意点として意識しておくべきである。


ただこのTwitter Anonymous Clubでは、


「副業を初めて1年で月収1600万円になった

 その“私の手法”を弟子たちに教えていった」



という事が謳われ、

そこには数名の「弟子たち」と称される、

この手法で先だって「稼いだ」とされる実践者たちの声が

顔写真等と共に幾つも掲載されているのだが、

これらに「捏造疑惑」が浮上したのである。


「Twitter Anonymous Club」実践者捏造疑惑


このTwitter Anonymous Clubのセールスレターには、

数々の「実践者の声」のようなものが顔写真付きで公開されている。


Twitter Anonymous Club

http://www.j-web.or.jp/anonymous/


この中に掲載されている実践者画像を基に、

その捏造疑惑の証拠となるものをここに挙げていく。


まずは「稼いだ弟子」として冒頭に出てくる、

「山本」なるこの人物。





この「photolibrary」というサイトで、
普通に「本を持つ男性」というタイトルで、
売られている“素材写真”である。



http://www.photolibrary.jp/img261/7433_2092411.html




続いて次に登場するこの「吉田」なる実践者。




この男性の写真についても下記のの通り
「photolibrary」のロゴが入ったものが存在する。

http://www.nlpcoaching-jp.net/wp-content/themes/nlp/images/s_voice_dummy.jpg




捏造疑惑画像はまだまだこんなものでは終わらない。


続いてはこの実践者「元木」という人物。





同様にこの画像も「photolibrary」における、
「笑顔の男性」という標題の素材写真の一枚である。





続くこの実践者「飯塚」なる人物。





この人物はこのツイッターアフィリエイト塾とは、

どう見ても全く無関係な「相続相談」系のサイトで、


「小和田氏Tさん」


と紹介されている。

http://sozoku-guide.info/office?id=29





最上段に掲載されている人物写真は確実に同一人物である。


続くこの実践者「末野」なる人物も
「photolibrary」における「スーツ男性」の素材画像。







http://www.photolibrary.jp/img190/8146_1225836.html




「クソ上司に辞表を叩きつけた」と、

自信満々な笑顔に拳を突きつける「榊原」なる人物については、

「アンドロイドナビ」なるスマホアプリ検索サイトにおける、

下記画像の切り抜き画像のようである。







http://www.photolibrary.jp/img190/8146_1225836.html





それでもまだまだ続く、捏造画像疑惑。


実践者「持田」なる人物は「消防点検のオオガ」という

消防点検業者のスタッフ紹介画像に登場している。







http://www.syoubou-ohga.jp/






続く実践者「小川」なる人物の画像は、

スマートライフ研究所というサイトに掲載されている、

こちらの画像の切り抜き画像であると判明。







http://www.sma-life.jp/?pid=76775930





同じく実践者「富岡」なる人物も全く無関係な

新卒者対象の求人サイトの素材写真である事が伺える。







http://shinsotsu.smartagent.jp/faq_student.php





それでもまだ終わらない捏造疑惑、、、。


次は実践者「竹村」。


画像の元は「女性の美学」というサイトの素材写真である。







http://shinsotsu.smartagent.jp/faq_student.php




最後は実践者「中瀬」。






http://www.ts-sieg.com/




見ての通りこの人物のが画像も

受験サポート塾ジークというサイトの素材写真の切り抜きである。


以上、もはや「実践者」とされていた9割近い画像が、

全て、ネット上で購入できる素材、切り抜ける画像で締められている。


これは99%、これらの実践者はただの素材画像であり、

それぞれの「声」を実際に述べている人物の写真では無い。


そもそもそのような「声」を上げている人物が

この世の中に本当に存在するのかさえ疑わしい状況である。


「Twitter Anonymous Club」詐欺確定か。


このような素材画像をあたかも、

実際にその声を上げている人物かのように見せかけ、

このように掲載するような行為は当然、

規制の対象になっても何らおかしくない詐称行為である。


明らかに消費者を「錯覚」させ「欺こう」としているのであるから、

もはやこれは広告規定レベルでは無く「詐欺」にも近い行為と言える。


「いえ、これはただの素材です。

 どこにも“本人”の画像なんて書いてません!」



詭弁な詐欺師はこのような御託を並べるかもしれない。


「掲載されている“声”は本当に生の声なんです!」


と。


では100歩譲って販売者側のこのような弁を受け入れるとしょう。


もしこれらの画像は全てただの「素材」であり、

そこに掲載されていた「声」は全て本物であると言うなら、

何故、そこまで「稼がせてもらった弟子達」、

「成功させてもらった実践者達」は、

自らの顔写真をこの販売者に提供してくれないのか?


稼がせ、成功させてもらったという事実があり、

あえてこのような「声」を寄せるくらいなら、

自分の顔写真を提供するくらいは抵抗が無いはずである。


それくらいの「協力」「恩返し」はして然るべきではないだろうか。


どうしても顔を出したくないのであれば、

目を隠す、口元を隠すなどの方法もある。


そのような写真の提供さえ「出来ない」という弟子達、実践者達が

ここまだたくさんの「声」を寄せるだろうか。


上記捏造疑惑の数に該当するだけでも11件。


11人の「稼がせて貰った弟子達」「成功した実践者達」が

声は届けるが写真画像等は一切提供できないと?


そのような馬鹿な話があるはずも無い。


つまりこのTwitter Anonymous Clubのセールスレターに掲載されている、

「声」は全て、ほぼ間違いなく捏造されたものであるという事である。


推薦者として推薦文を提供している、

株式会社ウィニングエッジ中村司、

株式会社バリューブレイン小野たつなりの両名も、

決してこの情報業界では評判の良い起業家とは言えない。


また、このTwitter Anonymous Club自体、

既にネット検索での評判は悪評が目立ちボロが出始めている。


そんな中、こうして揺るぎない「ボロ」として、

今回の「実践者の声」捏造疑惑が上がってしまったという事である。


何よりツイッターのツール、ノウハウは、

既にほぼ完成されたものが数万円そこそこの値段で

インフォトップ等でリリースされている状況にあり、

到底それを大きく超えるレベルのものは想定出来ない。


このようなツイッター系の高額塾には要注意である。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年11月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:管理人からの連絡

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像