ネオヒルズ族。土屋ひろしのIBCA(インターネットビジネスクリエイトアカデミー)

久積篤史、与沢翼と共にネオヒルズ族として

地上波テレビ等で取り上げられていた土屋ひろしが

IBCA(インターネットビジネスクリエイトアカデミー)なる高額塾を

久積篤史、与沢翼とは個別に開催している模様である。


IBCA(インターネットビジネスクリエイトアカデミー)

http://ibca.s3.amazonaws.com/info.html


久積篤史、与沢翼、土屋ひろしの悪行、悪評ぶりは

今更声を大にして述べるまでもなく、

与沢翼に関しては自作自演疑惑の濃い破産宣言から

表舞台からはすっかりと姿を消している印象である。


そんな中、単独でIBCAなるものを企画し、

与沢塾ばりの高額塾を開催中の土屋ひろし氏にスポットを当て、

その実態、実状に迫ってみるとする。

土屋ひろしのIBCA(インターネットビジネスクリエイトアカデミー)



今だ六本木ヒルズに住居を構える事をブランド材料として、

その自宅で開催する「直接指導」をウリモノとしているようである。


ただそのコンテンツ内容を見る限り、

その内容はブログの運営から各SNSの集客活用まで多岐に渡り、

とにかくネットビジネスにおいて使えるメディアは全て使い、

その為のノウハウを全て詰め込んでいるという印象である。


しかしツイッター、フェイスブック、ユーチューブと、

様々なメディアを活用する為の動画コンテンツが提供されるわりに、

その1つ1つの収録時間は1~2時間程度であり、

その程度の講義時間で質の高いノウハウが提唱できるものか、

そこには大きな疑問を感じざるを得ない。


また自身の「メディア」を持つ事を前提とし、

その筆頭に「ブログ」を上げている点が見受けられるが

当の土屋ひろし氏のアメーバブログは

この記事を投稿した今現在の段階で

2014年5月28日が最終更新日となっており、

既に4カ月ほど更新さえされていない状況にある。





しかし、その2014年5月までの

ブログの更新状況は非常に頻繁なものであった。





2月、3月、4月と1日1回以上の更新をしているのである。


この手の起業家がブログを更新し続けるのは、

更新する行為が収入に繋がっている時であり、

逆に更新していない時は更新する行為が

それに見合う収入を生み出せなくなった時である。


つまり土屋ひろし氏はブログで、

その更新作業に見合う「見返り」を

既に得られなくなっているという事であり、

そのような状況でブログを主体とするノウハウを提唱し、

30万円もの高額な入塾料を徴収して、

そのノウハウを「教える側」に立とうとしているのである。


まさに「自分ではやらなくなった=稼げなくなった」ノウハウを、

他人に売る事で収入に変えるという商法、

そんな手口の典型的な事例である可能性が高い。


更に極めつけは土屋ひろし氏のツイッター。


現状としてはこのような状況である。






フォロワー数146人に対し800回のツイート行為。


何とも残念な状況である。


しかし土屋ひろし氏のIBCAこと、

インターネットビジネスクリエイトアカデミーでは、

この「ツイッター」の集客活用法も伝授してくれるという。


146人のフォロワーを集客して、

一体、幾らの収入を生み出せるというのか。


これなどはまさに根本から机上の空論に近いノウハウを提唱し、

再現性があるかも分からない集客手法をやらされる可能性が高い。


唯一土屋ひろし氏のメディアとして、

フェイスブックのみ、更新を継続しているようだが

その「繋がり」の大半はやはりネオヒルズ族系の同業者である。


もはや完全に更新を断念しているブログ戦略と

根本からフォロワーが集まっていないツイッター。


そもそも「金持ち自慢」「成功者自慢」
「六本木ヒルズ自慢」「フェラーリ自慢」を軸とする
土屋ひろしという人間のブランディング戦略、
ビジネス戦略を一般人が学んで活用する余地があるのかどうか。


そこに大きな疑問を感じる事は言うまでもない。


金持ち自慢も成功者自慢も六本木ヒルズ自慢もフェラーリ自慢もせず、
果たして土屋ひろし氏は何が出来るのか。


それらを用いる事の無いような「稼ぎ方」を教えられるのか。


・・・ブログ、ツイッターの状況を見る限り、
私は「無理」であるとしか思えない。


土屋ひろしのIBCA(インターネットビジネスクリエイトアカデミー)。


極めて注意が必要である。


関連記事一覧


>与沢翼と土屋ひろし。闇金ウシジマくんのフリーエージェント組が放った爆笑企画。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:土屋ひろし

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像