セミナー風景、参加者の体験動画、親睦会、交流会の画像や動画の信憑性、信頼性について

情報商材のセールスレターやオプトインページ、

また情報起業家のフェイスブックページなどには、


・セミナーの風景画像、動画

・セミナー体験者の声、そのインタビュー動画

・親睦会、交流会などの画像、動画



と言った類のものが多数掲載されているものがある。


消費者心理としては、そのようなものが多数掲載されていると、


「この人の高額塾、セミナー、教材は大丈夫だろう。」

「この人は本物じゃないか。」



という思考となってしまう可能性が高く、

それらを1つの安心材料、判断材料にしているケースも少なくない。


またインフォプレナー側もそれを意図して、

そういった画像、動画をセースルレターやオプトイン記事に、

ところ狭しと多数掲載しているのである。


では本当にそういったものが掲載されていれば、

その教材、その起業家は信用出来るのか。


今日のテーマはそういったものの信頼性、信憑性についてである。

セミナー風景、参加者の体験動画、親睦会の画像や動画について


まず今回のテーマの「結論」に繋がるものとして、

あなたに1つ認識しておいて頂きたい事。


それは「どんな怪しい団体、組織にも信者はいる」という事。


そして原則としてセミナー、親睦会、懇親会などには、

もはやその「信者」と化している人が集まるものであり、

ほぼ信者化した人達が集まっていけば、

その空間はより一層その傾向が強まっていくものである。


つまりどんなに「セミナー」というものに人を動員し、

その体験者の声が絶賛に値するものであり、

また親睦会、交流会にあたるものが和気藹々と

楽しげな雰囲気を醸し出すものになっているとしても、

決してその人物やその人物が手掛ける教材等が

価値があるもの、再現性の高いものとは限らないのである。


現にこのブログで幾度と取り上げて来ている

詐欺的な行為をほぼ確実という線で行っている、

数多くの起業家達の大半も


・セミナー

・親睦会

・交流会



こういったものに参加している「信者」達からの支持は高く、

そういった場に集まった者達の主張、風景、インタービュー動画は

当然、その現場の空気に呑まれたものになって当然である。


そこに輪をかけてウェブ上にそれらを公開する際は、

起業家側にとってより都合の良い部分だけを抜き出し、

あたかも「自分のセミナーの満足度は極めて高い」という事や、

「多くの人に信頼されている」という事を「演出」しているのである。


まさにその筆頭に挙げられるのは「与沢翼」だろう。


今やほぼ再現性はゼロに近かったと言っても過言では無い「与沢塾」や、

与沢翼がこれまで手掛けてきた数々の高額塾や高額教材。


小玉歩との「ネット有名人プロデュース」を謳った100万円の事案など、

これはほぼ「詐欺」と断定しても差し支えの無いようなものであり、

多くの人が支払った代金に対する「対価」を得ていない事は明らかである。


しかし与沢翼がいざ「セミナー」や「信者達の交流の場」を作れば

その現場はたしまち「教祖与沢翼を崇める場」と化す。


ほぼ詐欺に近いような商法で大金を騙し取り、

ろくに「稼がせる事」も出来ていないような人物が、

あたかも多くの人に支持されているような演出を出来てしまうのである。


つまりセミナー、懇親会、交流会というような

「リアルな場」の状況や画像、参加者の生の声などの動画は

全く持ってその人物やその教材の信頼性、信憑性を図れるものでは無く

あのようなものこそが起業家側の演出材料として


「作為的に作り込まれたもの」

「作為的に作り込めるもの」



なのである。


その上でやはり肝に銘じておくべきは


「どんな怪しい団体、組織にも信者はいる」


という事である。


・セミナーの風景画像、動画

・セミナー体験者の声、そのインタビュー動画

・親睦会、交流会などの画像、動画



決してこのようなものを信頼性、信憑性を図る指標にするべきでは無い。


むしろこれらこそ「作為的に捏造されたもの」と言っても過言ではないのである。


それがその人物のセミナーや懇親会、交流会などへの

実際の参加者達の生の声だとしても、である。


それらの生の声、画像、動画などから見とれるものと、

その起業家、その起業家の高額な教材が、

本当に価値のあるものかどうかは「無関係」。


あくまでもそう捉えるべきという事である。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ

2014年11月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

詐欺疑惑?中川大輔の半自動報酬発生システム完全版。

現在、インフォトップで中川大輔なる人物の

半自動報酬発生システム完全版という情報が売れ筋となっている。


既に幾つかのブログでは「低俗な詐欺紛いの教材」と評されているが

併せて「実践者の声」に明らかに不自然な点が見受けられた為、

私の方ではその詐称疑惑の方を取り上げさせて頂く。

詐欺疑惑?中川大輔の半自動報酬発生システム完全版。


この「半自動報酬発生システム完全版」内容については

以前「ねずみ講まがい」として取り上げた

「ランドオブハンモックYouTuber」と類似したものであり、

要するにその大筋は、


「この半自動報酬発生システム完全版を紹介して稼げ」


というものである。


このような内容の教材のクオリティが高いはずが無く、

当然この「半自動報酬発生システム完全版」も

怪しさ満点のオプトインページのテンプレートと

到底成約が取れるはずもないメルマガのテンプレートが提供され、

あとは各自でそれを拡散していけというお粗末なものとなっている。


各作業手順の解説も完全な手抜き動画が幾つかアップされているのみで、

到底「教材」と言えるレベル内容では無い。


この動画とあのテンプレート一式で稼げるとすれば、

それは既に集客力や販売力を持っている人間だけである。


到底、ゼロからこれらを駆使して稼げるというものでは無い。


その観点で見るとこの「半自動報酬発生システム完全版」の

セールスレターに掲げられている3名分の


「実践者の声」


にはあまりに不自然、不可解な点が数多く垣間見える。


それぞれのコメント内容はどう考慮しても「嘘八百」であり、

もはやこれはこの「半自動報酬発生システム完全版」はもとより、

販売者の中川大輔、そして「モニター」として名を連ねている


・後田圭一

・所孝二郎

・渡辺大輝



この3名も詐欺まがいの商行為の片棒を担いでいるとしか言いようがない。


では上記3名1人1人のコメント内容の不自然な点と

それぞれの正体を暴露していく。


半自動報酬発生システム完全版モニター:後田圭一の詐称疑惑


まずはこの後田圭一なる人物。




この人物は実際にこの「半自動報酬発生システム完全版」の購入者が

無料オプトインリストを収集する際に拡散を強いられる、

こちらのLPの方にも「モニターとしての声」が掲載されている。


全く新しい半自動報酬発生システム

http://aff7.jp/lp1/




ただ既にこの2つのコメントに矛盾点が見受けられる。


半自動報酬発生システム完全版掲載コメント
私は半自動報酬発生システムを8月に設置し、
現在は月収30万前後を稼いでおります。


全く新しい半自動報酬発生システム掲載コメント
私は7月まで中古家電せどりで月収50万程度を稼いでいました。


この時点で自ら主張する「月収」に20万円の差額がある。


更にこの人物はあの「小玉歩氏」のNBGCにも参加し、

参加者としての声を顔写真付きで掲載しているのである。




こちらと比較しても、またその主張には矛盾点が見受けられる


全く新しい半自動報酬発生システム完全版掲載コメント
物販に限界を感じ始めた私は「物販の成果を元に情報発信をしよう!!」と決意しました。

しかし情報発信について全く未経験であった私は何から手を付ければいいか全く分からない状態でした。

そんなときに中川さんから放置収入システムのモニターに誘われ、成果を出せる環境を用意して頂けました。

中川さんの指導は非常に分かりやすく、情報発信未経験の私でも取り組みやすいように順序立てて指導して頂きました。

その教えを私は素直に実践し、必死に各種媒体の構築→集客に努めました。

その結果どうなったかと言うと8月11日にアフィリエイトを開始12日にメルマガ内で教材の告知13日の販売初日に5本、その翌日に4本成約しました。2日間の報酬額は計22万5千円です。

8月も終わってみたら合計で55万円のアフィリエイト報酬でした。

8月上旬にアフィリエイトを開始したのにも関わらずです・・・

アフィリエイターの95%は月5,000円も稼げないと言われる中、私は情報発信を始めてわずか1ヶ月足らずでアフィリ報酬55万円を達成しました。


NBGC掲載コメント:http://nbgc2014.com/
私はNBGCに入る前までは主に店舗せどりを行い、 月30万程度を稼いでいましたが、将来的な不安を感じ、 情報発信するべく一念発起しNBGCの門を叩きました。

(中略)

「フロントラインマーケティング」という月額制のサービスにて、 発表が動画で配信されたことによって、私の一気に知名度が上がりました。

動画を見た沢山の方が、私のメルマガに登録して頂き、ちょうどせどり教材がリリースされるタイミングが重なったのもあって、8月11日にメルマガの配信をスタートさせ、13日に初めての教材アフィリエイトを行った所、販売初日に10万、翌日にも10万のアフィリ報酬を達成。

最終的に8月は55万のアフィリ報酬を達成し、せどりの売上と合わせて人生で初めて月収100万を超えました。

それまでせどり1本しか知らなかった私が、NBGCに入ってわずか2ヶ月で信じられないほど人生が大きく変わりました。


もはやぐうの音も出ない矛盾ぶりである。


結局のところこの後田圭一なる人物は

中川大輔の手による半自動報酬発生システム完全版で稼いだのか、

小玉歩の手によるコミュニティの力で稼いだのか、

真っ向から全く違う主張をしているのである。


しかしその「実績」は一致するという点から、

どちらかが「嘘」である事は間違いない。


もしくは両方が嘘である可能性さえある。


いわゆるこの後田圭一なる人物がこの手の

モニター屋のようなものである可能性さえ考えられる。


いずれにせよこの後田圭一なる人物のコメントは、

どちらに寄せているコメントも全く持って信頼できる余地は無く

結果としてこれは小玉歩のNBGC、

中川大輔の半自動報酬発生システム完全版双方の

モニター参加者の声、捏造疑惑を生む形となった。


何よりこの後田圭一なる人物も要注意の嘘付き男である。


半自動報酬発生システム完全版モニター:所孝二郎、渡辺大輝について


また2人目の実践モニターであるこの所孝二郎なる人物。




この所孝二郎なる人物はこのようなブログの運営者のようである。

http://standardmain.biz/link/



もともとは中国輸入ビジネスとせどりで稼いでいる人物である事がわかる。


そして3人目のモニター実践者、渡辺大輝なる人物。




この渡辺大輝なる人物に関しては「家電せどり for online」という

情報商材の販売をしているバリバリのインフォプレナーである。





それぞれの実践者としてのコメントは下記の通りである。


所孝二郎掲載コメント
(半自動報酬発生システム完全版を)取り入れた翌月には、
今の仕組みの倍以上を稼ぐことができました。

私がお伝えしたいことは、あなたが稼ぎたいのであれば、
絶対に半自動報酬発生システムは手に入れるべき!という事です。

私もいろいろな教材を試しても
なかなか結果を出すことができませんでしたが、
今回、モニターとして取り入れて翌月には、3倍近くの報酬です。

(43万円代のアフィリエイト報酬が123万円代になったという画像)


渡辺大輝掲載コメント
そんな私も今年の10月中旬に独立を果たす事が出来ました。
現在は、更にビジネスの拡大に力を入れています。
独立してビジネスに時間が取れるので、毎日楽しくて仕方がありません。

私は現在完全放置収入だけで安定的に月収50万円く らい稼いでいます。
今年中に、ベース収入が100万円になる予定です。

これもシステムを設置させて頂いたおかげです。


ハッキリと断言するがこの半自動報酬発生システムで

40万円のアフィリエイト報酬を120万円にする事や

この仕組み「だけ」で1~2カ月で月収50万円、

その翌月に月収100万円ベースなど、


「到底不可能」


である。


これは実際にこの教材を手にした誰もが痛感させられ、

その内容を目にしていくにつれ「やれらた!」と思うはずである。


つまり、この所孝二郎、渡辺大輝、両名も

嘘のカタマリのような起業家であると見るべきである。


この半自動報酬発生システムの仕組み「のみ」で

1~2カ月という期間でどうそんな収入を稼ぎ出したというのか。


これは決めつけ云々等では無く

内容的に「不可能」なのはもはや誰の目にも明らかなのである。


この半自動報酬発生システムの中身を確認し、

まともな意見を述べるアフィリエイターであれば、

誰もがそう判断するはずである。


つまりこの半自動報酬発生システム完全版の首謀者である

中川大輔、そしてそのモニターとして名を連ねる

後田圭一、所孝二郎、渡辺大輝の3名。


彼等はもはや信頼できる余地の無い起業家、

アフィリエイターと見なすべきである。


とくにこの中川大輔という人物については、

今後、別のコンテンツ販売等の可能性も考えられる為、

注意、警告の伏線を張っておく事をお勧めしたい。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ

2014年11月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:中川大輔

詐欺?馬場優士の馬場式フルオート型アフィリエイトスクール

馬場優士なる人物のYoutube系の高額塾が

ルパン三世扮する仮装プロモーションを皮切りに展開されている。


馬場式フルオート型アフィリエイトスクール

http://baba-lupin.com/fff01/letterab/f0st1ba/


あまりの「怪しさ」「胡散臭さ」に批判の声も上がる中、

やはり「まんま」と参加させられている消費者層もいるようである。

詐欺?馬場優士の馬場式フルオート型アフィリエイトスクール


塾長とされる馬場優士氏は蝶野舞、与沢翼の名コンビによる

IBS(インターネットビジネススクール)の一期生として

与沢翼に憧れ、賢明で健気な活動をしていた経緯が

自身のフェイスブック等を見ても垣間見えてくる。


馬場優士氏のフェイスブックは昨年の12月頃を最後に

パッタリと更新は止まっている状況であるが、

急遽このような


「馬場式フルオート型アフィリエイトスクール」


なる高額塾を引っ提げて登場したという経緯である。


ただ馬場優士氏のプレゼン動画を見る限り、

憧れの与沢翼には程通い棒読みのプレゼン力。


その主張内容を踏まえても明らかな実力不足が垣間見える。


もともと与沢翼のようなブランディング戦略に

強い憧れを持っていた人物である事は明らかである事から

どこかのプロモーターのバックアップを経て、

言わば全面的に前へと出る「ピエロ」の役を担っている可能性が高い。


そもそもこの馬場式フルオート型アフィリエイトスクールは、

無料のオプトイン登録をした登録者全員に


「48時間後に50名限定でスクールの募集を開始します」


というようなプロモーションをかけては、

順次、初回アクセスから24時間しか表示されないサイトを案内し、

「50名限定全国一斉募集」のような謳い文句で、

無知な消費者層を欺き、巧妙なプロモーション販売を継続している。


その販売時点で明らかな詐称まがいの行為を行っているのである。


そしてその概要は「Youtube動画のまとめサイトで広告収入を稼ぐ」というもの。


そのサイト構築から集客段階までを

「フルオート(全自動)」で行えるというのが売り文句である。


しかし実際にその「成功事例」として挙げている

馬場優士氏の運営サイトとその実績には多くに疑問点が垣間見える。


馬場優士の自称運営サイトの実績における捏造疑惑。


例えばセールスレターでも紹介されているこのサイト。


バイナリーオプション必勝パターンを動画で総まとめ!



実際にそのサイトにアクセスしてみると・・・

http://binary-o.info/




そこには新着動画の一覧と「再生回数」の表示があるのだが。




何とも無難なトホホな状況・・・。


ちなみに「再生回数2回」の動画は、

実際に再生回数がカウントされるかをテストしたもので、

私が再生したものである。


つまり、こうしてトップページに表示される「新着動画」が

ほぼ全くと言っていいほど再生されていないのである。


セールスレターによるとこの動画まとめサイトは

月間アクセス107万3351PVを

「ほったらかし」で集めていると豪語している以上、

毎日3万以上のアクセスが無ければおかしいサイトである。


そのようなサイトのトップページの表示動画が

0~1回しか再生されていない事などありえるだろうか。


・・・これは100%ありえない事である。


つまりこのサイトには「そこまでのアクセスは無い」のである。

(イコールその収入実績も「偽り」という事になる。)


ちなみにこのサイトには下記のような、

「累計再生回数」を表示したランキングも掲載されている。




月間100万アクセス以上を集める動画まとめサイトで

最も再生されている動画の再生回数はわずか702回。


2位は604回、3位以下は400回という有様である。


もう一度言うがセールスレター曰く、

このサイトは月100万アクセス、

毎日3万アクセスを掻き集めるサイトと豪語している。


そんなサイトの一番再生されている動画が

こうして「ランキング1位」に表示されている状況で、

「累計」700回再生ということなど到底ありえる事では無い。


尚、親切にこのサイトにはこんなランキングもある。




最近見られた動画。


このランキングでも私が再生した動画を覗けば、

最近見られた動画の1位の再生回数はわずか22回となっている。


毎日3万アクセスを集めるサイトでこの数字はやはりありえない。


また馬場式フルオート型アフィリエイトスクールのセールスレターには

このような動画サイトも大々的に紹介されている。


ゲム速



このサイトでは「PV数」の表示を非表示にしている事がわかる。


ただ実際にこのサイトでも累計再生回数のランキングは健在である。




試に1位の動画のページを表示してみると、、、。




そこには「ブックマーク」「グーグルプラス」などのシェアボタンがあるが

このサイトで最も再生されている動画でも、そこで見られるアクションは

「グーグルプラス」のボタンがワンクリックされているのみである。


ちなみにこのサイトは月に84万アクセス、

同じく1日あたり2~3万アクセスは集めるサイトである。


その動画まとめサイトで最も再生されている動画の

シェアボタン関連がほぼ全くクリックされていないという状況・・・。


これはニコニコ動画などに貼られている同様のシェアボタンを見れば

それなりの再生回数がある動画は必ずこれらのボタンも

それなりにクリックされている事が分かる。


つまりこのサイトも到底月80万アクセス、

1日2~3万アクセスを集めているとは思えない状況という事である。


以上の実状から垣間見える結論。


馬場優士氏はこのYoutube動画のまとめサイトビジネスでは

実際はさほど稼ぐ事も出来ていない可能性が高いという事である。


そもそもこのような動画のまとめサイトは、

「ほったらかし」で集客が出来るほど甘くは無い。


それが現実である。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ

2014年11月11日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:馬場優士

詐欺確定か。Twitter Anonymous Club(一般社団法人日本WEB動画協会)実践者捏造疑惑。

一般社団法人日本WEB動画協会なる社団法人が販売する、

Twitter Anonymous Club(ツイッターアノニマスクラブ)

なる、高額なTwitterアフィリエイト塾について、


“実践者捏造疑惑”


が浮上した。


捏造の証拠画像と共にその詳細をお伝えしておく。

一般社団法人日本WEB動画協会「Twitter Anonymous Club」について


「年商10億円」企業のオーナーがひた隠しにする

月収1500万円の「謎の副業」として、

Twitterのアフィリエイトノウハウとツールを提供する、

298000円もの高額なアフィリエイト塾である。


販売はインフォトップなどの決済ASPを介さず、

自社契約の独自決済を利用している点から、

このような独自決済方式の高額塾は詐欺的なものが多い。


第3者機関の審査等を受けていない為である。


勿論、独自決済商品の全てが「詐欺」というつもりは無いが、

審査等を受けず独自の決済システムで販売されている為、

完全に詐欺的な教材や塾でも「売る事」は出来てしまう。


これは当然、1つの注意点として意識しておくべきである。


ただこのTwitter Anonymous Clubでは、


「副業を初めて1年で月収1600万円になった

 その“私の手法”を弟子たちに教えていった」



という事が謳われ、

そこには数名の「弟子たち」と称される、

この手法で先だって「稼いだ」とされる実践者たちの声が

顔写真等と共に幾つも掲載されているのだが、

これらに「捏造疑惑」が浮上したのである。


「Twitter Anonymous Club」実践者捏造疑惑


このTwitter Anonymous Clubのセールスレターには、

数々の「実践者の声」のようなものが顔写真付きで公開されている。


Twitter Anonymous Club

http://www.j-web.or.jp/anonymous/


この中に掲載されている実践者画像を基に、

その捏造疑惑の証拠となるものをここに挙げていく。


まずは「稼いだ弟子」として冒頭に出てくる、

「山本」なるこの人物。





この「photolibrary」というサイトで、
普通に「本を持つ男性」というタイトルで、
売られている“素材写真”である。



http://www.photolibrary.jp/img261/7433_2092411.html




続いて次に登場するこの「吉田」なる実践者。




この男性の写真についても下記のの通り
「photolibrary」のロゴが入ったものが存在する。

http://www.nlpcoaching-jp.net/wp-content/themes/nlp/images/s_voice_dummy.jpg




捏造疑惑画像はまだまだこんなものでは終わらない。


続いてはこの実践者「元木」という人物。





同様にこの画像も「photolibrary」における、
「笑顔の男性」という標題の素材写真の一枚である。





続くこの実践者「飯塚」なる人物。





この人物はこのツイッターアフィリエイト塾とは、

どう見ても全く無関係な「相続相談」系のサイトで、


「小和田氏Tさん」


と紹介されている。

http://sozoku-guide.info/office?id=29





最上段に掲載されている人物写真は確実に同一人物である。


続くこの実践者「末野」なる人物も
「photolibrary」における「スーツ男性」の素材画像。







http://www.photolibrary.jp/img190/8146_1225836.html




「クソ上司に辞表を叩きつけた」と、

自信満々な笑顔に拳を突きつける「榊原」なる人物については、

「アンドロイドナビ」なるスマホアプリ検索サイトにおける、

下記画像の切り抜き画像のようである。







http://www.photolibrary.jp/img190/8146_1225836.html





それでもまだまだ続く、捏造画像疑惑。


実践者「持田」なる人物は「消防点検のオオガ」という

消防点検業者のスタッフ紹介画像に登場している。







http://www.syoubou-ohga.jp/






続く実践者「小川」なる人物の画像は、

スマートライフ研究所というサイトに掲載されている、

こちらの画像の切り抜き画像であると判明。







http://www.sma-life.jp/?pid=76775930





同じく実践者「富岡」なる人物も全く無関係な

新卒者対象の求人サイトの素材写真である事が伺える。







http://shinsotsu.smartagent.jp/faq_student.php





それでもまだ終わらない捏造疑惑、、、。


次は実践者「竹村」。


画像の元は「女性の美学」というサイトの素材写真である。







http://shinsotsu.smartagent.jp/faq_student.php




最後は実践者「中瀬」。






http://www.ts-sieg.com/




見ての通りこの人物のが画像も

受験サポート塾ジークというサイトの素材写真の切り抜きである。


以上、もはや「実践者」とされていた9割近い画像が、

全て、ネット上で購入できる素材、切り抜ける画像で締められている。


これは99%、これらの実践者はただの素材画像であり、

それぞれの「声」を実際に述べている人物の写真では無い。


そもそもそのような「声」を上げている人物が

この世の中に本当に存在するのかさえ疑わしい状況である。


「Twitter Anonymous Club」詐欺確定か。


このような素材画像をあたかも、

実際にその声を上げている人物かのように見せかけ、

このように掲載するような行為は当然、

規制の対象になっても何らおかしくない詐称行為である。


明らかに消費者を「錯覚」させ「欺こう」としているのであるから、

もはやこれは広告規定レベルでは無く「詐欺」にも近い行為と言える。


「いえ、これはただの素材です。

 どこにも“本人”の画像なんて書いてません!」



詭弁な詐欺師はこのような御託を並べるかもしれない。


「掲載されている“声”は本当に生の声なんです!」


と。


では100歩譲って販売者側のこのような弁を受け入れるとしょう。


もしこれらの画像は全てただの「素材」であり、

そこに掲載されていた「声」は全て本物であると言うなら、

何故、そこまで「稼がせてもらった弟子達」、

「成功させてもらった実践者達」は、

自らの顔写真をこの販売者に提供してくれないのか?


稼がせ、成功させてもらったという事実があり、

あえてこのような「声」を寄せるくらいなら、

自分の顔写真を提供するくらいは抵抗が無いはずである。


それくらいの「協力」「恩返し」はして然るべきではないだろうか。


どうしても顔を出したくないのであれば、

目を隠す、口元を隠すなどの方法もある。


そのような写真の提供さえ「出来ない」という弟子達、実践者達が

ここまだたくさんの「声」を寄せるだろうか。


上記捏造疑惑の数に該当するだけでも11件。


11人の「稼がせて貰った弟子達」「成功した実践者達」が

声は届けるが写真画像等は一切提供できないと?


そのような馬鹿な話があるはずも無い。


つまりこのTwitter Anonymous Clubのセールスレターに掲載されている、

「声」は全て、ほぼ間違いなく捏造されたものであるという事である。


推薦者として推薦文を提供している、

株式会社ウィニングエッジ中村司、

株式会社バリューブレイン小野たつなりの両名も、

決してこの情報業界では評判の良い起業家とは言えない。


また、このTwitter Anonymous Club自体、

既にネット検索での評判は悪評が目立ちボロが出始めている。


そんな中、こうして揺るぎない「ボロ」として、

今回の「実践者の声」捏造疑惑が上がってしまったという事である。


何よりツイッターのツール、ノウハウは、

既にほぼ完成されたものが数万円そこそこの値段で

インフォトップ等でリリースされている状況にあり、

到底それを大きく超えるレベルのものは想定出来ない。


このようなツイッター系の高額塾には要注意である。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ

2014年11月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:管理人からの連絡

このページの先頭へ

イメージ画像