ネットビジネスは今から参入しても稼げるのか。

“ネットビジネスは今から参入しても稼げるのか。”


何のビジネスで参入を考えているにせよ、

このような疑問は誰もがその際に抱くものである。


ただここで1つ客観的な事実を述べるとすれば

こんな疑問は去年この業界に参入した者も、

一昨年この業界に参入した者も、

更には3年前、4年前、5年前に参入した者も

全く同じような疑問を抱いていたと考えられる。


そしてそのいつの時期に参入した者の中にも

良くも悪くもこの業界で成果を上げている者は存在する。


そしてまたいつの時期においても、


“もうこの業界は稼げない”
“この業界は先発組しか稼ぐ事が出来ない”
“後発組は今から参入しても、もう遅い”



と、このような事が言われてきたのである。


しかし現実はそうでは無い。


例えそれが今日であっても明日であっても、

実際に参入し成果を上げる者は出てくるのである。


少なくとも私の知人には今年参入した者も、

去年参入したものも2~3年前に参入した者もいる。


そしてその中には成果を上げ続けている者もいれば

すぐに成果を上げているような者もいるのである。


これが紛れも無い客観的事実である。

どの時期に参入者にも成功者はいるという客観的事実


またより具体的な見方をするなら、

この業界は結局のところ集客力と販売力によって

その売上や成果が決まっていくと言っても過言では無い。


集客力とは自己媒体などにアクセスを集める力。


販売力とはそこで商品を売り込む力である。


そして集客力はマーケティングに左右され

販売力は主にライティングに左右される。


ではまずその集客に伴うマーケティング部分。


これは結局のところ4つに大別される。


・メールからのダイレクトな集客
・検索エンジンからの集客
・その他、ウェブサイトなどからの集客
・広告による集客



この中で数年前までは実行出来て、

今、実行できないものが1つでもあるだろうか。


もしくは先発組だからこそ有利であり、

後発組に圧倒的に不利なものがあるだろうか。


・・・本質的な意味ではそんなものは存在しないはずである。


では次に販売に伴うライティング力。


これなどはもはや先発も後発も無い。


いかにネットビジネスと言えどその原理原則を考えれば

参入の時期などは全く無関係なのである。


重要なものは「時期」では無く「術」である。


結局のところネットビジネスは集客力と販売力。


マーケティング技術とコピーライティングスキル。


この2つを磨き上げればいつでも結果は付いてくる。


余計な裏ワザに頼ろうとするから横道に逸れるのである。


王道こそが最短の成功ルートであるという事。


一見近道に見える道こそ落とし穴なのだという事。


この2点を肝に銘じていくべきである。


これはネットビジネスに限らず、

全てのビジネスに共通して言える事である。


>情報業界の真実講座コンテンツ一覧へ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年11月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

そもそも情報商材は本当に稼げるのか。

 
“そもそも情報商材は本当に稼げるのか。”


これは情報商材業界に足を踏み入れはじめる直前、

もしくはその後に誰もが抱く率直な疑問ではないだろうか。


まさに右も左もわからないような状態であれば

このような疑問を感じてしまうのは無理もない。


ただ実際に1つ、2つ、3つと情報商材を購入し、

全く結果が付いてこない段階でも、

このような疑問は少なからず生まれてくるのである。


勿論、インターネットを検索すれば多くの

「情報商材で稼げた」的な意見を目にする事は出来る。


ただ業界の真相を語ってしまえば、

それは皆、情報商材のアフィリエイターが書いているものである。


言わば特定の情報商材を売り込みたいが為の謳い文句なのである。

情報商材を絶賛している者=アフィリエイターという図式


情報商材を絶賛している者=アフィリエイターという図式。


これは情報商材の評判などを検索していく際、

絶対に認識しておかなければならない鉄則でもある。


実際にそのブログなどを介して情報商材が売れれば

そのブログの運営者にはその紹介報酬として

情報商材の売上の40~50%ほどの報酬が手に入るのだ。


多いものだと80%以上もの報酬が手に入ってしまう情報さえある。


それでなくとも情報商材は販売単価が高い。


1万、2万という情報商材の40%、50%となれば

それはもはや一般社会人の日給と変わらない報酬になるのだ。


故にこの業界ではアフィリエイト報酬の比率が高い情報ほど

必然的に多くの人が絶賛しているかのような情報に見えてしまう。


それは多くのアフィリエイターが報酬目的に

その情報商材を大絶賛するからである。


しかし実際のところアフィリエイターの多くは

決してその情報商材の内容を実践するような事はしていない。


あたかもそれを行い、実際に稼げたような事を言っているが

そんなアフィリエイターは本当に稀である。


大半のアフィリエイターはその情報を紹介する事によって得られる

アフィリエイト報酬によって生計を立てているのだ。


情報商材の中身を実践して収入を得るより、

その方が遥か効率的に稼げてしまうからである。


情報商材の評判や評価を調べていく際は

このような実態に気付いておく必要がある。


では全てが「偽り」なのか。


では全てのブログ、アフィリエイターの意見は偽りなのか。


これについては残念ながら8割近くはそうだと言っておく。


何故なら情報商材の8割はそういうものだからである。


少なくともほぼ大半の情報商材は稼げない。


いや、それ単体で稼ぐ事は難しいと言っておくべきだろう。


実際に実体験に基づいたノウハウを公開している

情報商材の販売者というのも少なからずは存在する。


しかしそのノウハウをまとめた情報を買えば

購入者も同じように稼げるのかという話はまた別問題なのである。


それはどんなビジネス、どんなノウハウにも

個人の能力やセンス、スキルなどが要求されるからである。


そういうものを要求されないビジネスなど原則的にはまず存在しない。


どんなど素人がやっても確実に稼げる方法。


少なくともそんなものは存在しないと考えておくべきである。


それこそそんなノウハウが本当に存在するなら

数万ほどの価格で情報商材として公開するのではなく

アルバイトでも雇って利益を吸い上げるスキームを作ればいい。


アフィリエイトにせよ、せどりなどの転売ビジネスにせよ、

またそういったものとも全く別のビジネスモデルにせよ、

そんなノウハウを確立したなら、

賢い人間ほどそのような形で利益の最大化を考えるはずである。


それを

「このノウハウを世の中の為に」

「多くの初心者さんを稼がせる為に」

「この業界を健全化させる為に」


などという御託を並べて「情報商材」という形で公開する。


これこそ詐欺師の常套手段と捉えておくべきだろう。


“初心者でも、誰でも簡単に”


こんな謳い文句で公開されている情報や

こんな情報を煽っているアフィリエイターはほぼ“詐欺師”なのである。


うまい話には裏がある。


うまい話には裏がある。


そんな格言は「まさに」である。


その「裏」とは、この業界で言えば、

そんな情報を売り捌く詐欺師達やアフィリエイター達。


結局のところ彼等はその情報を売り捌く事で利益を得ているのである。


しかし多くの初心者はそんな甘い謳い文句の情報に飛びつく。


そしてそれを知っているからこそ

販売者側もそういう謳い文句で情報を販売し、

アフィリエイターもそういう謳い文句の情報を煽る。


これがこの業界の負のスパイラルである。


情報商材として「価値のあるもの」は確かにある。


しかしそれは書店に並ぶ「書籍」の中にあるその価値と何ら変わりはない。


本屋に並ぶ本を購入する際、

それが仮に

「この一冊で○○円稼げるアフィリエイト入門」

というようなタイトルだったとして、

それを100%真に受けるだろうか。


この一冊で本当に稼げるようになるとルンルン気分で

その本をレジに持っていくだろうか。


そんな人はほとんどいない。


しかし情報商材に手を出す消費者はそういう層が非常に多い。


だからこそ詐欺師達に食い物にされてしまうのである。


それがPDF形式であれ音声形式であれ動画形式であれ、

それはあくまでも人が作った文書、音声、動画に過ぎない。


結局のところその内容をどう活用していくかは自分次第なのである。


本屋で本を買う。そんな意識で情報商材を買うべし。


もう一度念を押すが情報商材にも価値のあるものはある。


しかしそれは書店に並ぶ「書籍」の中にあるそれと何ら変わりはない。


興味を持った本をレジに持っていく際の感覚。


情報商材もその意識レベルで捉えるべきである。


情報商材は本当に稼げるのか。の結論


ここまでで述べてきた観点から言えば


情報商材=稼げる


というのはほぼ幻想に近いものと言っていい。


その図式が成り立つなら


書店の本=稼げる


という図式が成り立ってしまうからである。


少なくとも販売者のサポートやコンサル、

そういったものが付いていないものは

実質的に書店に並ぶ本と何ら変わりないものと考えるべきである。


書店の本に存在しない情報商材のメリットは

まさにそのノウハウを考案した者とコミュニケーションを取り、

サポートやコンサルティングを受けられる部分にある。


こういった利点が無いものは書店の本と何ら変わりないのである。


とは言え、そういったサポートが付いていれば

その情報商材は価値があるのかと言えば全くそうでは無い。


名選手、必ずしも名監督にあらず。


自分が稼ぐ事と人に稼ぐノウハウを教える事は

全くもって別次元の話だからである。


それでもどうしても特定の人物に教えを乞う為、

高額な情報商材に手を出すという場合は

その情報商材そのものの評判よりも

その人物の評判を探っていくべきだろう。


ただどんな優れた人物から教えを乞うとしても

結局のところ実際に稼いでいくのは「自分」である。


情報商材=稼げる


このような甘い考えを持っているうちは

まずどんな情報に手を出しても稼げないだろうと苦言を呈しておく。


その情報商材から価値を見出し、

自分なりに努力していく姿勢が無ければ成功はありえない。


それが結論である。


これはある意味、期待を裏切る結論だったかもしれないが

これこそが間違いなく「真実」である。


是非、肝に銘じて頂きたい。


番外講座:管理人から見た「価値のある」情報商材


「価値を見出せる情報商材」


このような観点で私は情報商材を一般の書籍と同じ目線で見る。


本屋でその本(情報商材)を購入したとして、

その価格に見合う内容だったと思えるかどうか。


これが私の判断基準である。


そういった意味で私の基準を満たせる情報商材は極めて稀である。


価値はそれなりに感じられるもののやはり値段が高すぎるのだ。


その中で、私なりに価格以上の合格点を付けられる

価値のある情報商材を幾つか紹介しておく。


あくまでも「稼げる」という観点では無くその内容に「価値」があり、

読んで価格以上に得られるものがあるというものである。


■コピーライティングを学べる教材(価格:3980円)

>The Million Writing(ミリオンライティング)

この教材を推奨出来る理由は内容もさる事ながら
メール1通で申請できる無条件返金保証が付いている点である。

中身に価値を感じられなかったなら代金は全て返金してもらえる。

ただこのネット業界におけるライティンングスキルを培いたいなら
この教材は間違いなくこの業界史上ダントツのクオリティである。

価格も一般書籍に近い金額である点も含めまず読んでおくべきである。


■SEO+テンプレート(価格:24800円)

>SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.1」

やや高額だがSEOの知識を学べるマニュアルと
私のブログにも利用している高機能なワードプレステンプレート。

その他の補足コンテンツも含めれば価格以上の価値はある。

このブログのようなテンプレートを求めつつ、
SEOの事も学びたいというならこの賢威が適していると言えるだろう。


■アフィリエイトを学べる教材(価格:9800円)

>Copyrighting Affiliate Program

アフィリエイトの教材は既にかなり出尽くしている感があるが
内容と価格、そこにサポート体制を含めると、
この教材が最もアフィリエイトの本質を学べる環境が整っている。

高額な年間コンサルプランというものもあるが
教材そのものに十分な価値があり、
そのマニュアル関連は9800円の単月プランで全て受け取れる。

自分自身にしっかりと取り組んでいく意欲があるなら
1カ月間の単月サポート期間内に
出来る限りのサポートを受ければそれで十分である。


■せどりのノウハウを学べる教材(価格:0円)

>次世代せどりメゾットせどりインサイダー

これは無料で読めるせどり教材である。

ただその質は極めて高い。

せどり関連の情報商材は数多く出回っているが、
実際のところ長期的な再現性が見通せるノウハウはほぼ皆無である。

しかしこの教材は無料でありながらその基準を見事に満たしている。

下手なせどり教材に手を出すくらいならこれを読んでおくべきである。


>情報商材の真実講座コンテンツ一覧へ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年11月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

情報商材の真実講座コンテンツ一覧

この情報業界の真実を語る「情報商材の真実講座」。

ここに書かれている事は決して「稼がせる為のもの」では無い。

ただその「真実」のみを追求するものである。

「情報商材の真実」基礎講座


そもそも情報商材は本当に稼げるのか。

ネットビジネスは今からでも稼げるのか。

アフィリエイトは本当に稼げるのか。

せどりは本当に稼げるのか。

結局のところどうすれば稼げるのか。


「情報商材の真実」防衛講座


情報商材の評判、評価を信じてはいけない

価格=中身では無い

返金保証を真に受けてはいけない

推薦文をアテにしてはならない

高額情報商材が「本物」か「詐欺か」を見極める方法。


「情報商材の真実」真相講座


この業界の有名人は本当に稼いでいるのか

インフォトップの情報商材は本当に安心なのか。

即金系の情報商材は本当に詐欺なのか。

何故“彼等”は無料で動画などを配るのか。

情報商材の返金は可能なのか。

高額塾、詐欺商材等の情報商材購入代金の返金請求方法と法律知識。

セミナー参加者の体験動画、親睦会、交流会の画像や動画の信憑性、信頼性について

闇金ウシジマくんに学ぶ業界の真実

ネットで稼ぐ為の最短ルートとは


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年11月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報業界の真実講座

与沢翼と堀江貴文。ネオヒルズ族とヒルズ族。

「最近、ネオヒルズ族の勢いが凄いですよね~」

などと言っている人や思っている人。


実はそんな人はこの情報業界にハマっている人間しかいない。


世間的に見れば「は?ネオヒルズ族?」という感じだろう。


その語源の元となっている言うまでも無く「ヒルズ族」。


もはやほぼ死後となっているが、

これは一時期のITベンチャーブームに

六本木ヒルズに住んでいる起業家や投資家が多かった事から、

彼等を総称して「ヒルズ族」と呼ぶようになっていた。


まさにITバブルの産物だったわけである。


その有名どころの名前を上げていってみる。


堀江貴文(元ライブドア)
藤田晋(サイバーエージェント)
野尻佳孝(テイクアンドギヴ・ニーズ)
村上世彰(村上ファンド)
野口美佳(PEACH JOHN)
三木谷浩史(楽天)※会社が森タワー
宇野康秀 (USEN)※会社が森タワー
折口雅博(元グッドウィル・グループ)※会社が森タワー


確かにそうそうたる顔ぶれ。


押尾学事件で自宅を貸していた女社長、野口美佳なども

まさにヒルズ族の一人だったのだ。


ただ堀江氏、村上氏の逮捕などがあり、

このヒルズ族という総称はほぼ使われなくなった。


そこで最近、新たなネットバブルの申し子的な存在として

ネット上での吹き込みと少なからずのメディア効果で出てきたキーワード。


それがネオヒルズ族というわけである。


しかしその名前を上げていくと・・・


与沢翼
久積篤史
土屋ひろし
小玉歩?
ヒロシ?
澤田優也?


と、結局のところ筆頭に挙がるのは与沢翼氏くらいで、

他は検索してチラホラその関係者の名前が出てくるくらいである。


そしていざやっている事は何かというと、

結局のところは情報販売やらアフィリエイトやら。


これらのビジネスを低く見るつもりはないが

ヒルズ族の面々と比較するならあまりにもレベルが低すぎる。


当時のライブドアは時価総額で1000億円規模。


筆頭株主であった堀江氏は

少なくとも数百億円規模の持ち株比率を占めていた。


楽天、サイバーエージェントなどは今やそれ以上の大企業である。


これがヒルズ族。


それに比べネオヒルズ族は・・・


与沢翼が年収12億?(自称。)


その12億さえ怪しく、その稼ぎの手口が

「稼ぐ方法を教えます」の一点張り。


何との空虚なものである。


そんなレベルの人間が筆頭のネオヒルズ族。


何がネオなのかさえわからない。


なんちゃってヒルズボーイズがいいところではないだろうか。

(・・・言ってみて自分のセンスも嫌になるが)


ただこれが現実である。


世間的に見ればネオヒルズ族など「あっそ」という存在でしか無い。


この業界でだけワーワーと一部の人間が騒いでいるだけなのである。


あたかも自分等こそが誰も知らない

稼ぎの秘密を知っているかのような口ぶりでいるが

彼等など本当のビジネスの世界では完全に小物に過ぎないと気付くべきである。


彼等以上に手本とするべき日本の経営者は山ほどいる。


世界的に見ればその数は更に果てしないものになるだろう。


彼等が何十万という価格で売り捌いている教材より、

遥かに為になり、身になるものを

そんな彼等より遥かに高いステージにいる本物の起業家達が

数千円で購入できる書籍などに残しているのである。


このブログの読者にはその事に気付いて欲しいものである。


ネオヒルズ族など“虚業家”の集まりでしかない。


むしろ以前のヒルズ族の面々の経営学を学ぶ方が遥かにいいだろう。


それだけは間違いないと断言しておく。


2ちゃんねるで目にした思わず吹いてしまった一文を紹介しておこう。


与沢翼氏について。


“こいつとの会話の99%を「でもデブだよね。」で終わらせる自信がある。”


デブの何が悪いとは言わないがその通りだと思ってしまった…。


このセンスのある一文を投稿した方に賛辞を送りたい。

関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

与沢翼と堀江貴文。ネオヒルズ族とヒルズ族。

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年11月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

このページの先頭へ

イメージ画像