今更のBuyma転売。欧州最強ビジネスオーナーズクラブ 入月一好と与沢翼

与沢翼が今更ながら「Buyma」の高額塾を公開していたようである。


欧州最強ビジネスオーナーズクラブ

http://highconcept1.xsrv.jp/business-owners-club/#http://highconcept1.xsrv.jp/payment


入月一好なる人物は小玉歩との企画、

ネット有名人プロデチュースパッケージの購入者であろうか。


この「欧州最強ビジネスオーナーズクラブ」に入会すれば

「売れる商品リスト」とやらが提供され、

その中から「出品したい商品」を

そのままBUYMAに登録していけばいいというのである。


この時点で正常な感覚を持っていれば、

この高額塾がいかに空虚なものかが容易に分かる。


参加者全員が同じ商品リストを目にして、

同じような商品を出品していくというのだから、

その中だけでも飽和や競合が生まれる事は一目瞭然であろう。


まして無在庫出品が出来てしまうBUYMAにおいては、

商品の出品手数料もかからない為、

誰もが幾らでも商品の登録を行えてしまう。


仮にその「売れる商品リスト」が

本当に「売れる商品」のリストであるとしても

それが「売れない商品リスト」になるのは時間の問題である。


そもそもそんな「売れる商品リスト」を会員に公開し、

あえて出品作業をさせていく事に、

入月一好、与沢翼、両名に何のメリットがあるのか。


それが本当に「売れる商品リスト」であるなら、

入月一好、与沢翼、両名が

独占的にその商品を売っていけばいい話である。


つまりその「売れる商品リスト」は

実質的には「売れる商品リスト」でも何でも無く、

それらしい高額塾を発足する為に作られた

「売れるように見える商品リスト」だという事である。


それを何よりも物語っているのは

セールスレターに大々的に掲げられている返金保証。


“90日間実践して1円すらも稼げていない場合”


とある。


「1円すら」とは何とも無意味な保証であろうか。


1円でも稼げてしまった時点で保証は無効なのである。


このようなレベルの保証しか約束出来ない空虚な企画。


これがこの高額塾の実体である。


仮に入月一好や与沢翼が

この高額塾に参加した会員の商品を購入しても、

1円以上の利益が会員に与えられてしまうのだ。


その時点で返金保証の対象にはならない。


こんな条件の何が「保証」であるというのか。


BUYMA関連の情報商材は極めて詐欺的なものが多いが

これはその極みとも言える高額塾教材である。


相も変わらず与沢翼の悪徳商法は健在のようである。


引き続き、このブログではその真実を報じていきたい。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>小玉歩の手口について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年1月15日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

挫折者だらけの高額塾。与沢翼 蝶乃舞 インターネットビジネススクール(IBS)

与沢翼関連の高額塾、高額教材のクオリティの低さについては

既にこのブログでも度々報じてきているが、

そのような事実を報じていけば報じていくほど、

また新たな「被害者の声」が私の元へ寄せられる。


「やっぱりこれが現実だったんですね。」

「ようやく真実を報じてくれるブログを見つけました。」

「稼げなかったのは自分だけではなかったんだ。」


まさにそんな悲痛な叫びが次々と飛び込んできているのである。


その中でも被害者の声が極めて多いのが

与沢翼と蝶乃舞によるIBSこと、

インターネットビジネススクールである。

与沢翼 蝶乃舞 インターネットビジネススクール(IBS)の実体


今回も与沢翼絡みで既に募集が終了している案件であるが、

2000名近い参加者が集まったというだけあって、

その被害者数も相当な数に上っているようである。


ただこの高額スクールの被害者に多いのは、

蝶乃舞こと高嶋美里の高額案件に騙され、

全く稼ぐ事が出来なかったという悲痛の叫びである。


事実、蝶乃舞こと高嶋美里は、

与沢翼とのインターネットビジネススクールだけでなく

田窪洋士とのブラックバタフライ塾など、

数多くの高額塾に絡んできている経歴がある。


しかしそれらの高額塾での成功者は皆無であり、

どの高額塾においても決まって騒がれるのは

入塾者を募集している間の期間のみというのが現実なのだ。


その後でてくる情報はそのほぼ全てが

「稼げなかった」「返金して欲しい」という悲痛の叫びのみ。


「稼げた」という報告を純粋になされているものは無いに等しい。


また蝶乃舞が単独で公開していた高額塾である、

「蝶乃舞のブランディングプロジェクト」のセールスレターでは

その講師の発言の中に下記のような内容が記載されていた。





IBSでは挫折してしまった者が「大勢いた」と発言しているのである。


既に分かり切っている事ではあったが、

これが与沢翼、蝶乃舞のプロデュース力であり、

「稼がせる能力の無さ」の現実である。


そしてそんな両名が今現在も「多くの人を稼がせている」と豪語し、

相も変わらず高額な情報商材を売り続けている。


ただこうして実際に与沢翼、蝶乃舞を信じ

高額な代金を支払った者に対して

ろくな見返りも与えられていない事は明らかである。


あれだけの大風呂敷を広げ「稼がせる」と豪語し、

数十万円もの金をムシり取った結果が「大勢の挫折者」なのである。。


結果、大金を手にしたのは与沢翼、蝶乃舞のみ。


しかしこれが与沢翼、蝶乃舞、両名のプロデュース力、

その「現実」という事である。


情報弱者から金をむしり取る事は出来ても

実際に人を稼がせるような事は出来ない。


その事がまざまざと露呈された現実ではないだろうか。


一人でも多くの人がこの事実に気付く事を願うばかりである。


引き続き、このブログではその真実を報じていくものとする。


情報の拡散に協力願いたい。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>小玉歩の手口について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら


タグ


2014年1月11日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 蝶乃舞(高嶋美里)

久積篤史「永久の夢」与沢翼作詞で歌手デビュー。ネットビジネスは引退?

今更な話題であるがネオヒルズ族の一員を名乗り、

ネオヒルズアカデミーなる企画等を立ち上げ

与沢翼とも近い関係にあった久積篤史氏が

与沢翼作詞でCDデビューを飾っている。


たまたまアマゾンでその商品ページを目にし、

何件かレビューが投稿されていたので紹介しておく。

久積篤史「永久の夢」:歌唱力がプロのレベルに達していない。


歌が下手くそです
歌手ってのは選ばれる世界であって、
自分からなろうと思ってなれるものではありません。
歌う才能ある人が何年も磨いてやっと聴いてもらえるレベルになるのです。
売れるには、そこから誰にも真似できない個性やルックス、
曲を作るセンスが必要でしょう
簡単に秒速で売れるなんてことはないのですよ


久積篤史「永久の夢」:心には届かない曲。


耳に残る曲ではあるが、ずっと聞き続けたいとは思うような曲ではありません。
心に届くような曲でもなく、正直マーケティング重視の曲ですね
篤志さんは東日本復興活動に力をいれているようですので
次作は日本を活気つけるような曲を期待します。


これらは消費者の素直の声であると思われるが

彼等は「やらせマーケティング」の第一人者でもある。


与沢翼の本にはその「やらせレビュー」が今も多数投稿済み。


そんな「やらせレビュー」の可能性も含めて

このCDに☆5つを付けているレビューも紹介しておく。


久積篤史「永久の夢」:孤独な野心家の信念と真実の友情に気づく歌。


「いつも独りぼっちで」から始まる1曲目の「永久の夢」は、
孤独でも夢を諦めずに、自らの可能性を信じて夢を実現させていこうとする
前向きな歌詞でまとまっている。
人に裏切られたときも「味方だった、夢だけは、そばで」とあり、
どん底の心境の中でも、理想をつかみ取ろうとして、
手を伸ばそうとする様子が読み取れる。
サビの「夢は叶う、世界は変わる」のくだりは…

(以下省略)


久積篤史「永久の夢」:元気を取り戻したい時に聴きたくなります。


正直、ネットビジネスにおいての
プロモーション的なものとしての作品だと思って購入しました。
でも曲を聴いて懐かしいJポップなメロディと
何故かビジネスマインドの歌詞がうまくマッチし、
篤史さんのマイルドな声にのせて切なくも強い意思と前向きさを感じる
完成度の高い曲に仕上がっていると…。
(以下省略)


久積篤史は情報業界を「引退する」として、

Acesse Marketing(アクセスマーケティング)なる

ネットワークビジネス(MLM)への参入を公表し、

何やら多くの「ダウン」の獲得にも成功しているという。


ただ情報業界引退の裏側には、

誹謗中傷の声に耐えられなくなったという声もあり、

これまでの詐欺的なビジネス活動に

多くの批判の声が高まっているのもまた事実である。


今後、与沢翼とはどのような距離感で付き合っていくのか。


それが久積篤史の今後の評判を決めると言っても過言では無い。


内情は火の車という噂もある中、

音楽業界へ2枚目のリリースが行えるのかどうかが見ものである。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>与沢翼と堀江貴文。ネオヒルズ族とヒルズ族。

>与沢翼、久積篤史、土屋ひろし等のネオヒルズ族を執拗に中傷しているグループ。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年1月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 久積篤史

【小玉歩&与沢翼】ネット有名人完全プロデュースパッケージ、参加者のその後

こちらの記事で報じた小玉歩と与沢翼による

ネット有名人完全プロデュースパッケージ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージについて


何件かその参加者の動向が見受けられた為、

それがいかに悲惨な状況にあるかをご覧頂きたい。


ちなみに下記に掲載していく者達は

この「ネット有名人完全プロデュースパッケージ」を介し

小玉歩と与沢翼に120万円を支払った「愚か者」達である。


服部憲治@税理士&クリエイターのブログ

http://ameblo.jp/kenyuki04/

→ 既にブログを削除。120万円をドブへ。


業界情報暴露人 平形清一公式ブログ

http://ameblo.jp/hirahirakata/

→ 約半年以上、月1回のダラダラ更新。
  何がしたいかもわからないブログを展開中。


サプライズが世界を変える!!(松浦)

http://ameblo.jp/walkman4/

→ 昨年12月より更新無し。120万円をドブへ。


本当は教えたくない、でも話したいコト♪

http://ameblo.jp/b00700ym/

→ 2013年1月より更新無し。120万円をドブへ。


全自動化でITを攻略(ライト)

http://ameblo.jp/ikeda-hikaru/

→ 2013年3月より更新無し。120万円をドブへ。


お酒と食品の流通革命で人々を幸せに(松井)

http://ameblo.jp/kkmatsui/

→ 2013年9月より更新無し。120万円をドブへ。


副業でもここまでできる!邑松健一のブログ

http://ameblo.jp/smilemonte/

→ 既にブログを削除。120万円をドブへ。


最先端のナレッジとアイデアを(田中)

http://ameblo.jp/tsdent/

→ 2013年9月より更新無し。120万円をドブへ。


オカケンのFXブログ

http://ameblo.jp/okdknt0102/

→ 2013年8月より更新無し。120万円をドブへ。


オカケンのFXブログ

http://ameblo.jp/masaokurihara/

→ 2013年9月より更新無し。120万円をドブへ。


山田一郎のブログ

http://ameblo.jp/sanjyuinternational/

→ 2012年12月より更新無し。120万円をドブへ。


桜川祐那オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/luxe-duomo

→ 2013年7月より更新無し。120万円をドブへ。


スピリッチな人生を実現する!
物心両方の豊かさを手にする日本一の瞑想コーチのブログ

http://ameblo.jp/mindsetadviser/

→ 2013年2月より更新無し。120万円をドブへ。


鳳まことのブログ

http://ameblo.jp/ohtorimakoto/

→ 2013年2月より更新無し。120万円をドブへ。


与沢翼のビジネスパートナーのブログ(岡田)

http://ameblo.jp/okacchi2468/

→ 既にブログを削除。120万円をドブへ。


アメブロのデザインを見れば、

この「ネット有名人完全プロデュースパッケージ」を介し

ブログを作成したであろう人達である事は一目瞭然である。


ただこの手のブログは何十と出てくるが

そのほとんどが完全な放置状態となっている。


つまり誰一人として有名にはなれず、

120万円という高額なコンサル料をドブに捨てたのである。


勿論、その一番の責任は「本人」にある。


しかし120万円もの代金を取っておきながら

この程度のアメーバブログを納品し、

ろくな成果も出させられない小玉歩、与沢翼、

両名のプロデュース力の無さには呆れるばかりである。


そしてそんな両名が今現在も「多くの人を稼がせている」と豪語し、

相も変わらず高額な情報商材を売り続けている。


ただこうして実際に小玉歩、与沢翼を信じ

120万という高額な代金を支払った者に対して

ろくな見返りも与えられていない事は明らかである。


あれだけの大風呂敷を広げ「有名にする」「稼がせる」と豪語し、

120万もの金をムシり取った結果がコレとは、

見るに堪えないとはまさにこの事ではなかろうか。


しかしこれが小玉歩、与沢翼、両名のプロデュース力、

その「現実」という事である。


情報弱者から金をむしり取る事は出来ても

実際に人を稼がせるような事は出来ない。


その事がまざまざと露呈された現実ではないだろうか。


一人でも多くの人がこの事実に気付く事を願うばかりである。


引き続き、このブログではその真実を報じていくものとする。


情報の拡散に協力願いたい。

関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>小玉歩の手口について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年1月5日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 小玉歩

与沢翼、小玉歩による詐欺教材「大園式ファッション転売塾」大園麗花

与沢翼、小玉歩の両名が裏で仕掛け、

数多くの被害者を排出したとされる情報商材。


大園麗花なる人物の「大園式ファッション転売塾」。


与沢翼、小玉歩、両名が「推薦者」としても堂々と名を連ね、

両名共に大々的なプロモーションを行っていた。






既に販売も終了しており、

今更取り上げるまでもない教材であるが、

ふとしたルートでそのDVD一式を観覧する機会があった為、

与沢翼、小玉歩等が手掛ける「DVD教材」なるものが

どの程度のものであるかを率直な感想と共に述べさせて頂く。

与沢翼、小玉歩による詐欺教材「大園式ファッション転売塾」大園麗花


DVDの枚数は全部で12枚。


トータル再生時間にすれば10時間を超える内容である。


ただその内容はあまりにも低レベルなものであった。


例えばその中の1枚のDVDは

ただBUYMA(バイマ)というサイトの登録方法のみを

大園麗花本人がダラダラと解説していくだけの内容。


何故これだけの内容をDVDにする必要があったのか。


無料レポートにすれば全ての工程を図解にしても、

10ページもあえば簡潔に解説出来る内容である。


それをあえて面倒で分かりくい解説形式で

1時間ほどの解説動画にしている意図が全くわからない。


むしろ教材容量のかさ増し以外の意図は無いのであろう。


言ってみればBUYMAのサイトヘルプや

その無料レポート等でも十分に理解出来る内容を

あえて一枚のDVDを要して解説しているのである。


それ以外の動画も「心構え」的な不要な演説DVDが相次ぐ。


そのようなものを求めるなら、

あえて大園麗花なるどこの馬の骨かもわからない女に

高額な教材代金を支払ったりはしない。


肝心なノウハウ的要素もほぼ皆無に近く、

どのDVDも全くもって見るに堪えないものであった。


これに高額な購入代金を支払わされた者が

どれだけの怒りを覚えたかは想像に難しくないレベルである。


まさに誇大広告に内容の伴わないDVD容量だけが豊富の詐欺教材。


更にそのサポート体制もかなりの適当具合だったというから驚きである。


私としてもここまでヒドイものを売りつけていたという事実と

想像以上のクオリティの低さに呆れてしまったというのが本音である。


実際にこの情報は販売中の段階においても、

悪評が次々に流れ始めた為か、

販売者の「大園麗花」が「宮田麗花」に名を変え、

悪評を検索させない防衛策を取るという

あまにも見苦しい対策まで講じていた事実がある。


実質的、販売元とされている与沢翼、小玉歩、両名が

仮に販売者側としては関与していなかったとしても、

この教材内容やDVD内容を見て、

一体どこに「推薦出来る要素」があったのかが全く不明である。


現に多くの被害者の声が出ていた事実を踏まえても、

大々的なプロモーションを仕掛け、

このような詐欺教材を売り捌いた事による

アフィリエイト報酬が彼等に流れ込んだ事は揺るぎない事実である。


もはや与沢翼、小玉歩の両名が関わる情報商材、

強いては与沢翼、小玉歩両名が販売する情報商材には

間違っても手を出すべきでは無いというのが私なりの結論である。


与沢翼、小玉歩両名の低能な教材情報に関しては

今後も引き続く注意を呼び掛けていきたい。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>小玉歩の手口について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年1月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 小玉歩

与沢翼の与沢塾3期 特定商法違反の疑い 返金騒動 詐欺

専属ドライバーの暴行事件による書類送検が記憶に新しい与沢翼氏。


その報道とほぼ同時期に募集が開始された与沢塾の3期募集に、

既に幾つかの問題が浮上しはじめているようである。

与沢翼の与沢塾3期生募集に特定商法違反の疑い


何とこの与沢塾3期生募集の特定商法ページに、

特定商法違反の疑いが浮上しているというのである。


その特定商法表記次項はこちらの通り。




販売会社は言わずと知れた「株式会社 Free Agent Style Holdings」。


ただその代表者が「与沢翼」となっているが

実はここがその問題点なのである。


というのも「与沢翼」は一説によると、

彼の「ビジネスネーム」であり本名は別であると言う。


現に彼は「与沢翼」という氏名をそのまま商標登録し、

その登録権利者が「與澤翼」となっていたという一件から、

与沢翼の本名は與澤翼であると言われていた。


その読み仮名はあくまでも「よざわつばさ」であるが

与沢翼は実名とは異なる漢字を用いた

あくまでも「ビジネスネーム」なのである。


にも関わらずこの「与沢塾3期」では、

その本名とは異なるその「ビジネスネーム」を

こうして特定商法表記のページに掲げている事が分かる。


ビジネスネームを名乗る事自体に違法性は無い。


しかしビジネスネームはあくまでもビジネスネームであり、

本名とは違う仮名である事に違いはない。


そのような仮名を特定商法表記のページに掲載する事は

完全な特定商法違反にあたり、

同時にそれは「偽名商法」に繋がってしまう。


何故なら特定商法表記には実名を明かす事が

商法上の原則とされているからである。


つまり特定商法表記のページにその氏名を乗せた段階で

消費者に対してはその氏名が実名であると偽った事になる。


30万円もの高額情報で特定商法違反及び偽名の使用は大問題である。


万が一今後この「与沢塾」に入塾したものが

この辺りの事実を追及していけば、

全ての参加者に対する返金が義務付けられる可能性さえある。


私自身、確固たる形で与沢翼の本名が與澤翼であると調べ上げたわけでは無いが

これが事実である可能性も踏まえて、

この与沢塾に申し込んでしまったような者に対しては

最低限の対策として現時点の特定商法表記ページをキャプチャし、

保存しておく事をお勧めしたい。


「値上げ準備中」を謳う詐欺師と同レベルの販売行為


また今回の与沢塾は値上げを煽るだけ煽っておきながら、

肝心な値上げ期日には「値上げ準備中」の表示を掲げ、

そのままの価格を継続してページを公開し続けている。


無論、このような値上げを煽るだけ煽り、

消費者を欺くような販売手法はこの情報業界では日常茶飯事であり、

現に多くの販売者が当たり前のように行っているような行為である。


しかしここまでの知名度を作り上げ、

30万円もの価格を打ち出している高額塾において、

このような裏切り行為をあからさまに行う図太い神経。


どうやら太いのは体だけではないようである。


本人曰く、50名に上るというサポートスタッフを抱えていながら

値上げを告知した日に手早く価格を更新する余裕も無いというのか。


私でもサイトのFTP情報を教えてくれれば3分で出来る作業である。


それを与沢翼を筆頭に50名のサポートスタッフ全てが

煽りに煽った値上げ告知をそのまま放置するという有様である。


値上げをするというタイミングで値上げをしないのは

それ以前に申し込んんだ人達を裏切っている事と何ら変わりはない。


このような約束を守らない輩に30万円もの代金を支払い

一体何を学ぶというのであろうか。


もしもこの与沢塾への入塾を検討している者がいるなら、

過去に公開している当ブログの関連記事も参考にして頂きたい。


「やめておけ。」


それが私から言える率直な進言である。


特定商法違反に偽りの値上げ告知。


このような行為を働く者のビジネス塾に価値など無いと断言しておく。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年12月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

インフォトップアフィリエイターランキング1位のブランディング効果

情報業界の最大手ASPであるインフォトップ。


そのインフォトップではアフィリエイターランキングなるものを

アフィリエイター専用のトップページや

各アフィリエイターの会員専用ページで公開している。


そのアフィリエイターランキングに対しては、

各アフィリエイターが個別で参加、不参加を決める事が可能で、

「参加」の設定を施すと自身のアフィリエイター名等が

そのアフィリエイターランキングに表示されるようになり、

「不参加」の設定を施すとそれが非表示となる。


厳密にはどのアフィリエイターが

そのランキングに参加しているかは分からない為、

そこに公開されているランキング1位のアフィリエイターが

本当のトップアフィリエイターでは無い可能性もあるという事になる。


ただ大半のトップアフィリエイターは、

このランキングに自らの名前を公開する事でその知名度等を上げ、

自身のブランディングなどにも利用しているというのが実情である。


自らのメルマガやブログなどにその事実を公表したり、

自身が自らのノウハウを情報商材として発行する際なども


「インフォトップアフィリエイターランキング1位」


というような代名詞を大々的に掲げている事が多い。


そのような手法でこの業界の有名人となっていったアフィリエイターが


川島和正、与沢翼、みんてぃあ、だいぽん、小玉歩(AYU)などである。


ただ彼等は自分がランキングトップにいる段階や

ランキング昇り調子の際は自らのアフィリエイター名をランキングに公表し、

その実績を大々的に公表してブランディングと集客を図るが

その成果が下がり始めると途端に自らの名前を非表示にする。


1位という事を代名詞にしてしまった以上、

そこからの転落は実力と影響力の衰退に繋がってしまうからである。


しかしもともとそういう実績を全面に押し出すやり方をしている者が

そのようなランキングから名前を消すという事自体、

もはやその売上が下降状態にある事を示しているのと何ら変わりはない。


実際に先ほど名を上げた歴代の

アフィリエイターランキング1位取得者達は

その大半が今やランキングに名前さえ表示していないのである。


ちなみにこれが先月2013年11月度の

アフィリエイター売上ランキングのキャプチャ画像である。




先ほど名前を挙げた者達でここに名前を公開しているのは

与沢翼氏とだいぽん氏のみ。


ただ与沢翼氏に限っては全盛期のアフィリエイト報酬が

悠に1000万円を超えていたにも関わらず、

現在はその金額が半分以下の400万円ほどに落ち込んでいる事がわかる。


勿論、アフィリエイト報酬400万円は十分に立派である。


しかし年収が5億、10億と増えているわりに、

自らのブランディング作りの礎となった

アフィリエイターとしての実績が下がっている点には

やはり疑問を覚えずにはいられない。


更に言えば与沢翼、だいぽん氏以外の面々に限っては

もはやランキングにすら名前を公開していない状況である。


川島和正氏はもはやアフィリエイターとしての知名度は捨て、

年収1億円「ブロガー」を名乗っている為、

そのキャッシュポイントが広告収入などに移行している可能性がある。


みんてぃあ氏に関しては最近の目立った活動が無いので言及を差し控えるが

小玉歩氏などは現在進行形で

アフィリエイターランキング1位を全面に押し出した自らの情報商材、

「フロントラインマーケティング2013」なる教材を売り出しておきながら、

肝心なアフィリエイターランキングで名前を潜めるという点に

私としては「器の小ささ」を感じずにはいられない。


与沢翼氏との「ネット有名人完全プロデュースパッケージ」についても、

このブログでは一度小玉歩氏についてを言及した。


インフォトップアフィリエイターランキング1位の座。


その栄光のブランディング効果はその大きさの反面、

それを維持していく事の難しさも伺い知れる。


いざそのトップアフィリエイターの座を維持できなくなった時、

大抵のアフィリエイターはその栄光を掘り返し、

自らのノウハウを「情報商材」として売り出し始めるのである。


しかしその頃には既にそのアフィリエイターは

トップアフィリエイターでは無く

落ち目のアフィリエイターになっている事も珍しくはない。


その落ち目のアフィリエイターが使い古したノウハウ。


それにどれくらいの価値があるというのか。


私は疑問を覚えずにはいられない。


ランキングトップという栄光はまさにもろ刃の剣なのかもしれない。


例えそれが一時の栄光になると分かっていても

それを多いに利用していく与沢翼氏や小玉歩氏のようなビジネススタイルと

そのようなものは利用せずに人知れずこっそりと稼ぎ続ける

尾島幸仁氏や宇崎恵吾氏のようなビジネススタイル。


少なくとも私は後者のビジネススタイルを選んでいきたいものである。


関連記事一覧


>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩の手口について。

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年12月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 小玉歩

与沢翼、久積篤史、土屋ひろし等のネオヒルズ族を執拗に中傷しているグループ。

与沢翼、久積篤史、土屋ひろし等を始めとする

ネオヒルズ族を通称する情報商材業界の販売グループ。


彼等の悪行についてはこのブログでも度々報告じているが、

彼等の悪行をダシに使い回しては、

彼等以上に悪質な詐欺行為を繰り返しているグループが存在する。


むしろそんな輩は腐るほどいるのだが

その中でもとくに目に余るグループ(もしくは個人)を

今回は2つほど報告しておこうと思う。


1つは通称「中井忍」「三木本」などを中心とする詐欺商材販売グループ。


もう1つは通称「なかがわ(なかちゃん)」「こうちゃん」などを中心とする

アフィリエイターを兼任する詐欺師グループである。


それぞれのグループの悪行等については、

下記、それぞれの記事をそのまま参照頂きたい。

>中川塾 なかがわ インフォポイントを利用した詐欺の手口。

>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について


いずれにせよ彼等は自分等のグループで販売する

それぞれの詐欺的な情報等を販売する目的で

与沢翼、久積篤史、土屋ひろし等を始めとする

この業界で知名度の高い有名な起業家を執拗に中傷しているのである。


むしろ誹謗中傷のターゲットは彼等だけでは無い

インフォトップはもとより他の即金系ASPなど、

そこでランキング上位などに躍り出てきた情報商材やその販売者など、

記事にすることで集客に繋がりそうなものは全て中傷の的となる。


情報商材に興味を持っている人が検索しそうな

売れ筋商品やその販売者、有名アフィリエイターなど、

そういった商材や個人等を無根拠に誹謗中傷し、

あたかも自分等が正義であるかのように装っているのである。


そういった誹謗中傷記事は集客に繋がり、

同時に信頼性の向上にも繋がっていくからである。


何よりそれらの情報を“買わせない事”が

自分等が本来販売したい情報への成約に繋がると見立てているのだ。


これは極めて悪質な手口と言わざるを得ない。


事実、彼等が中傷している起業家や情報商材の中には

本当に悪質なものも存在するという実態があるが

その中には真っ当にビジネスをやっている健全な起業家や

本来は優良と言えるような情報商材も少なからず存在するのである。


しかし彼等は自らの利益追求には手段を選ばない。


むしろそこまで深い事も考えていないのだろう。


とにかく中傷することで集客になるなら何でもいい。


結果として自分等の手掛ける詐欺情報を売り付けられればそれでいい。


そんな思考回路で無根拠にあらゆる起業家や

そういった情報商材等を誹謗中傷し続けているのである。


このような輩の発言や発信する情報を真に受けてはならない。


強く注意を呼び掛けておきたい。

関連記事


>三木本(中井忍)こと「日本最大級の情報商材レビューサイト」の管理人について

>http://mendan20.com/ http://nakatan.net/ 中井忍(三木本)販売情報

>http://tanakanonoblog.blog.fc2.com/ 田中 中井忍(三木本)

>http://lexuss.net/ サイトを巡回し、コピペをする…中井忍最新詐欺情報

>中川塾 なかがわ 情報商材とトレンドときどき日記 インフォポイントを利用した詐欺の手口。

>与沢翼、久積篤史、土屋ひろし等のネオヒルズ族を執拗に中傷しているグループ。

>三木本、中川(なかがわ)等、詐欺グループ、尾島幸仁、宮本拓也氏を中傷し始める。

>中川塾 なかがわ 中川悟 前原塾 前原しんじ vs 匿名管理人、尾島幸仁


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年12月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:インフォポイント系 三木本(中井忍) 与沢翼

与沢翼、運転手への暴行で書類送検、逮捕は?奇しくもネオヒルズジャパン創刊日の翌日。

与沢翼氏が専属の運転手を暴行したとしたとして、

警視庁に書類送検されたようである。


ちなみにこの「書類送検」という段階は警察が被害届を受理し、

被疑者の身柄を拘束せずに事件を検察側に送検したという状況を指す。


つまりここから検索側が事件を整理し、

裁判所に起訴するか否かを決定するという段階なのである。


起訴されれば与沢翼氏は晴れて「与沢翼容疑者」となる。


逆に起訴されなければ俗に言われる不起訴処分となるが

現在、本人は容疑を否認している段階にあり、

相手側との和解なども考えられない経緯から

そのまま起訴され裁判となる可能性が極めて高い。


警察側としても被害届を受理し、書類送検した以上は

状況証拠からこれを事件化出来るものと踏んだのである。


更にマスコミ報道もなされ不起訴処分では警察の顔が立たない。


それだけに暴行容疑に対し、

「頬を撫でただけ」という与沢翼氏の発言には無理がある。


そもそも運転手の業務に腹を立て、

「頬を撫でる。」という行為の意味が全くわからない。


男が男の頬を撫でる?


しかも腹を立てた時に?


仮にこれが事実なら、それもそれでどうかという話である。


またこの事件が大々的に報道されたのは11月22日。


前日の11月21日には与沢翼本人が編集長を務める

「ネオヒルズジャパン」なる雑誌の創刊号発売日であった。


編集長自らが表紙を飾るネオヒルズ族を題材にした雑誌・・・。


現時点で発行部数は7万部としているが

果たしてこの7万部を店頭及びネットで売り切る事が出来るのか。


創刊にかかった費用は3000万円と言われているがこの真相は不明である。


いずれにせよあまりにも胡散臭すぎる雑誌が

こうして世の中に創刊されてしまった事は間違いなく

そんな雑誌がコンビニやキヨスクなどに置かれてしまうのだ。


まさに世も末である。


インターネットを検索すれば彼等、自称ネオヒルズ族の

度重なる悪行は至るところで目につく。


今回の書類送検の一件を踏まえて、

各メディアが今後どう与沢翼氏を扱っていくのか見ものである。


ひとまずはこの暴行事件の行く末を見守っていきたい。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

与沢翼と堀江貴文。ネオヒルズ族とヒルズ族。

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年11月23日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

与沢翼と堀江貴文。ネオヒルズ族とヒルズ族。

「最近、ネオヒルズ族の勢いが凄いですよね~」

などと言っている人や思っている人。


実はそんな人はこの情報業界にハマっている人間しかいない。


世間的に見れば「は?ネオヒルズ族?」という感じだろう。


その語源の元となっている言うまでも無く「ヒルズ族」。


もはやほぼ死後となっているが、

これは一時期のITベンチャーブームに

六本木ヒルズに住んでいる起業家や投資家が多かった事から、

彼等を総称して「ヒルズ族」と呼ぶようになっていた。


まさにITバブルの産物だったわけである。


その有名どころの名前を上げていってみる。


堀江貴文(元ライブドア)
藤田晋(サイバーエージェント)
野尻佳孝(テイクアンドギヴ・ニーズ)
村上世彰(村上ファンド)
野口美佳(PEACH JOHN)
三木谷浩史(楽天)※会社が森タワー
宇野康秀 (USEN)※会社が森タワー
折口雅博(元グッドウィル・グループ)※会社が森タワー


確かにそうそうたる顔ぶれ。


押尾学事件で自宅を貸していた女社長、野口美佳なども

まさにヒルズ族の一人だったのだ。


ただ堀江氏、村上氏の逮捕などがあり、

このヒルズ族という総称はほぼ使われなくなった。


そこで最近、新たなネットバブルの申し子的な存在として

ネット上での吹き込みと少なからずのメディア効果で出てきたキーワード。


それがネオヒルズ族というわけである。


しかしその名前を上げていくと・・・


与沢翼
久積篤史
土屋ひろし
小玉歩?
ヒロシ?
澤田優也?


と、結局のところ筆頭に挙がるのは与沢翼氏くらいで、

他は検索してチラホラその関係者の名前が出てくるくらいである。


そしていざやっている事は何かというと、

結局のところは情報販売やらアフィリエイトやら。


これらのビジネスを低く見るつもりはないが

ヒルズ族の面々と比較するならあまりにもレベルが低すぎる。


当時のライブドアは時価総額で1000億円規模。


筆頭株主であった堀江氏は

少なくとも数百億円規模の持ち株比率を占めていた。


楽天、サイバーエージェントなどは今やそれ以上の大企業である。


これがヒルズ族。


それに比べネオヒルズ族は・・・


与沢翼が年収12億?(自称。)


その12億さえ怪しく、その稼ぎの手口が

「稼ぐ方法を教えます」の一点張り。


何との空虚なものである。


そんなレベルの人間が筆頭のネオヒルズ族。


何がネオなのかさえわからない。


なんちゃってヒルズボーイズがいいところではないだろうか。

(・・・言ってみて自分のセンスも嫌になるが)


ただこれが現実である。


世間的に見ればネオヒルズ族など「あっそ」という存在でしか無い。


この業界でだけワーワーと一部の人間が騒いでいるだけなのである。


あたかも自分等こそが誰も知らない

稼ぎの秘密を知っているかのような口ぶりでいるが

彼等など本当のビジネスの世界では完全に小物に過ぎないと気付くべきである。


彼等以上に手本とするべき日本の経営者は山ほどいる。


世界的に見ればその数は更に果てしないものになるだろう。


彼等が何十万という価格で売り捌いている教材より、

遥かに為になり、身になるものを

そんな彼等より遥かに高いステージにいる本物の起業家達が

数千円で購入できる書籍などに残しているのである。


このブログの読者にはその事に気付いて欲しいものである。


ネオヒルズ族など“虚業家”の集まりでしかない。


むしろ以前のヒルズ族の面々の経営学を学ぶ方が遥かにいいだろう。


それだけは間違いないと断言しておく。


2ちゃんねるで目にした思わず吹いてしまった一文を紹介しておこう。


与沢翼氏について。


“こいつとの会話の99%を「でもデブだよね。」で終わらせる自信がある。”


デブの何が悪いとは言わないがその通りだと思ってしまった…。


このセンスのある一文を投稿した方に賛辞を送りたい。

関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

与沢翼と堀江貴文。ネオヒルズ族とヒルズ族。

メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年11月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

このページの先頭へ

イメージ画像