久積篤史「永久の夢」与沢翼作詞で歌手デビュー。ネットビジネスは引退?

今更な話題であるがネオヒルズ族の一員を名乗り、

ネオヒルズアカデミーなる企画等を立ち上げ

与沢翼とも近い関係にあった久積篤史氏が

与沢翼作詞でCDデビューを飾っている。


たまたまアマゾンでその商品ページを目にし、

何件かレビューが投稿されていたので紹介しておく。

久積篤史「永久の夢」:歌唱力がプロのレベルに達していない。


歌が下手くそです
歌手ってのは選ばれる世界であって、
自分からなろうと思ってなれるものではありません。
歌う才能ある人が何年も磨いてやっと聴いてもらえるレベルになるのです。
売れるには、そこから誰にも真似できない個性やルックス、
曲を作るセンスが必要でしょう
簡単に秒速で売れるなんてことはないのですよ


久積篤史「永久の夢」:心には届かない曲。


耳に残る曲ではあるが、ずっと聞き続けたいとは思うような曲ではありません。
心に届くような曲でもなく、正直マーケティング重視の曲ですね
篤志さんは東日本復興活動に力をいれているようですので
次作は日本を活気つけるような曲を期待します。


これらは消費者の素直の声であると思われるが

彼等は「やらせマーケティング」の第一人者でもある。


与沢翼の本にはその「やらせレビュー」が今も多数投稿済み。


そんな「やらせレビュー」の可能性も含めて

このCDに☆5つを付けているレビューも紹介しておく。


久積篤史「永久の夢」:孤独な野心家の信念と真実の友情に気づく歌。


「いつも独りぼっちで」から始まる1曲目の「永久の夢」は、
孤独でも夢を諦めずに、自らの可能性を信じて夢を実現させていこうとする
前向きな歌詞でまとまっている。
人に裏切られたときも「味方だった、夢だけは、そばで」とあり、
どん底の心境の中でも、理想をつかみ取ろうとして、
手を伸ばそうとする様子が読み取れる。
サビの「夢は叶う、世界は変わる」のくだりは…

(以下省略)


久積篤史「永久の夢」:元気を取り戻したい時に聴きたくなります。


正直、ネットビジネスにおいての
プロモーション的なものとしての作品だと思って購入しました。
でも曲を聴いて懐かしいJポップなメロディと
何故かビジネスマインドの歌詞がうまくマッチし、
篤史さんのマイルドな声にのせて切なくも強い意思と前向きさを感じる
完成度の高い曲に仕上がっていると…。
(以下省略)


久積篤史は情報業界を「引退する」として、

Acesse Marketing(アクセスマーケティング)なる

ネットワークビジネス(MLM)への参入を公表し、

何やら多くの「ダウン」の獲得にも成功しているという。


ただ情報業界引退の裏側には、

誹謗中傷の声に耐えられなくなったという声もあり、

これまでの詐欺的なビジネス活動に

多くの批判の声が高まっているのもまた事実である。


今後、与沢翼とはどのような距離感で付き合っていくのか。


それが久積篤史の今後の評判を決めると言っても過言では無い。


内情は火の車という噂もある中、

音楽業界へ2枚目のリリースが行えるのかどうかが見ものである。


関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>与沢翼と堀江貴文。ネオヒルズ族とヒルズ族。

>与沢翼、久積篤史、土屋ひろし等のネオヒルズ族を執拗に中傷しているグループ。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年1月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 久積篤史

このページの先頭へ

イメージ画像