究極の資産構築型ネットビジネス(デリバリーへルススクール)武田國男 佐藤文昭 小島幹登

前回に引き続き小島幹登、佐藤文昭からなるSKナレッジが

精を上げてオプトイン活動を行っている

こちらのオプトイン案件についてである。


究極の資産構築型ネットビジネス

http://www.dh-school.net/abn/


「これ以外、他のビジネスなんて一生涯やる気にならない。」


そう言い放つ武田國男なる人物に

「羨ましさ」を感じたというSKナレッジの佐藤文昭氏。


その究極の資産構築型ネットビジネスについて、

現状、まことしやかに囁かれている情報を報じておく。

究極の資産構築型ネットビジネス 武田國男 佐藤文昭


まずこの究極の資産構築型ネットビジネスの正体は

デリバリーヘルスの開業だと言う。


随分とわざとらしい動画とわざとらしい

オプトインページの謳い文句。


とくに演技がクサすぎるのはSKナレッジの佐藤文昭氏。


そこまでデリバリーへルス事業が「羨ましい」なら

すぐにでもやればいい。


というか「やれ」よ。と言いたい。


そんなに「羨ましい」「凄い」を連呼するなら

SKナレッジが総力を挙げてやればいいのだ。


そのノウハウで「デリバリーへルス」を。


しらじらしい演技にしらじらしいオプトインページ。


本当にそのビジネスに魅力があり、

本当にそのビジネスが稼げるというなら、

公の場に公開する前にお前等でやれ。


私はそう思わずにはいられない。


しかし彼等はそんな事に時間は使わない。


理由は簡単である。


そんなダルいビジネスはやりたくないから。


情報を売るのは一番儲かるから。


情報を売って儲かりさえすれば何でもいいのである。


それが彼等の本性であり、本心である。


だからこそ、凄い、羨ましいを動画で連呼しても

彼等がそのビジネスに身を投じる事も無ければ

そこに時間や労力を割く事も無い。


彼等がするのはしらじらしい「演技」で

プロモーションを盛り上げ、

顧客を煽って「情報を売る事」だけである。


しかしそんな台本通りの三流役者が揃う

クサい演技まる出しの動画に騙され、

大金を投じていく者達が後を絶たない。


それがこの業界の現実である。


騙される者がいる限り騙す者は騙し続ける。


本当に稼げるビジネス、魅力的なビジネスなら

当の本人がそのビジネスに身を投じていて然るべきである。


その事は肝に銘じておくべきだろう。


つまりSKナレッジの佐藤文昭氏、小島幹登氏が絡む案件は

どれも彼等が身を投じたいと思う事も無い、

ただ情報として売れればそれでいいレベルの

さほど稼ぐ事も出来ないビジネスやノウハウばかりという事である。


何故このような当たり前の現実が見えないのか。


この業界の自称起業家達や詐欺師達を稼がせている元凶として

消費者側にも多いに問題があるという点を強調しておきたい。


消費者層の意識の変革に一助を投じていきたいものである。


武田國男「究極の資産構築型ネットビジネス」。


SKナレッジの悪行には今後も注意が必要である。


また情報が入り次第、続報をお届けしたい。


関連記事一覧


>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>ヒマを持て余した神々の遊ビジネス 今関庸平 株式会社SKナレッジ 株式会社A-プログレス

>詐欺か。大西良幸のアンダーグラウンドメソッド(掲示板アフィリエイト)SKナレッジ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年2月21日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

このページの先頭へ

イメージ画像