和佐大輔、原田翔太「リストビルディング大百科」

この業界では有名人の部類に入る和佐大輔、原田翔太氏両名による商材。


リストビルディング大百科
http://creative-deconstruction.jp/LBE/


今日はこの商材を記事にしてみたいと思う。


和佐大輔と言えば木坂健宣氏との「ネットビジネス大百科」が有名であるが、

この情報は「集客」をテーマにしたもの。


すなわち“リスト収集”をメインに扱った情報となっている。


似たようなテーマを扱っている情報商材は数多くあるが

有名起業家2名によるものという事で、

情報そのものにはそれなりの期待値が高まった。


しかしその内容としては肩透かしを食らったような、

そんな感覚を覚えた購入者は少なくはないだろう。


少なくとも私はそう思えた。


内容が余りにも“抽象的過ぎる”のである。


具体的な方法論やノウハウなどはほとんと語られておらず、

その内容は「考え方」や「精神論」に特化していると言わざるを得ない。


そもそも集客のノウハウとはマーケティング的な分野である以上、

誰がそれを行っても同じ結果を得られるようなものでなければならない。


しかしこの情報にはそのような具体的な方法論は

ほとんと語られていないに等しいのである。


“このようなサービスでこうするとこのような成果を得られる”


というような方法論の解説は皆無に等しい。


集客ノウハウを主体する情報に対し、

このような自己啓発的な内容で満足できる購入者は皆無であろう。


まさに次の高額オファーを推奨する為の商材。


バックエンド商材へのフロント商材でしか無く、

そのわりにフロント商材としてもその質が低過ぎるのである。


余りにもバックエンド商材への誘導意図が見え見えなのだ。


そういった点では木坂健宣氏との「ネットビジネス大百科」と比較しても

販売価格が同等である分だけその差を大きく感じざるを得ない。


両名とも、過去に構築した知名度で実績を語っているに等しいだけに、

今の市場で集客力を伸ばせる具体的なノウハウを持っていないのか、

それとも本当に価値のあるノウハウは明かしていないだけなのか。


いずれにせよ、この情報には販売価格である

9800円という価値も感じられないというのが率直な感想である。

関連記事


>和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 人とは違う客観的レビュー

>和佐大輔、原田翔太「リストビルディング大百科」

>和佐大輔について。~和佐大輔との付き合い方~

>木坂健宣について。

>和佐大輔とインフォハウス


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2013年8月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:和佐大輔 情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像