ヒマを持て余した神々の遊ビジネス 今関庸平 株式会社SKナレッジ 株式会社A-プログレス

現在、小島幹登、佐藤文昭からなるSKナレッジが

複数の派手なオプトインページを公開し、

リスト集めに奮闘している模様である。


先日もライオンアフィリエイトこと、

大西良幸のアンダーグラウンドメソッドについて報じたが

現在は同時進行で幾つかの企画を同時稼働させているとみられる。


そのうちの1つがこの今関庸平なる人物による

「ヒマを持て余した神々の遊ビジネス」である。

ヒマを持て余した神々の遊ビジネス

http://aso-business.com/a/index.html

ヒマを持て余した神々の遊ビジネス 今関庸平とSKナレッジ


「毎月325万円以上を強奪し続ける究極の福音ビジネス」


それがこのオプトインページの謳い文句である。


内容は「トレーディングカードの転売ビジネス」であるという。


トレーディングカードの転売で月収325万円。


そんな実績をこの今関庸平なる人物が本当に得ているのか。


もはや架空の実績をオプトインページでブチ上げ、

無料のオプトインページという名目で

言いたい放題の誇大広告でリストを収集。


そのリストに巧妙な高額オファーを投げかけ、

更にそこから目が飛び出るほどのバックエンドを提示する。


それが小島幹登、佐藤文昭からなるSKナレッジの手口である。


今や30万円代の「フロント商品」に対し

50~60万円代の「バックエンド商品」を打ち出してくるという。


普通人の感覚であればもはや30万円が

与えるべきノウハウを全て与えて欲しい金額であると思われるが

もはや腐りに腐りきった情報起業家勢は

30万円もの大金を搾り取ったあげく、

更にその2倍3倍の金額をふっかけてくるのだ。


しかし消費者心理として30万もの大金を支払った後に

そこで手に出来る内容が全体の3分の1程度にしか満たない

ただの「フロント商品」である知ってしまうと、

そこからはもう後には引けず

更に50万、60万という金を投じてしまうものである。


もはや典型的な「詐欺師の手口」であり、

それが今この情報業界で多額の売上と利益を上げている、

多くの情報起業家が消費者を欺いている手口でもある。


堂々とその詐欺師面を公衆の面前に晒し、

見え透いた台本まる出しの対談動画で観覧者を欺き、

ほぼ架空の実績を消費者を欺き、

再現性ゼロに等しい「教材」という名の

ゴミほどの価値も無いコンテンツを売りつける。


稼ぐ事も出来ずいざその内容を実践する上では

無益に時間と労力のみを取られるのであるから、

それはまさにゴミ以下のシロモノである。


いつまでこのような手口がこの業界を蔓延り続けるのか。


多くの消費者の目が一日でも早く「現実」に向き

このような詐欺師共に資金が流れる事が無くなっていくよう

私も出来る限りの活動をしていきたいと思う次第である。


今関庸平「ヒマを持て余した神々の遊ビジネス」。


SKナレッジの悪行には今後も注意が必要である。


また情報が入り次第、続報をお届けしたい。


関連記事一覧


>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>詐欺か。大西良幸のアンダーグラウンドメソッド(掲示板アフィリエイト)SKナレッジ


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年2月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:株式会社SKナレッジ

このページの先頭へ

イメージ画像