今更ながら与沢翼、久積篤史、土屋ひろしによる「ネオヒルズアカデミー」の動向 

以前、与沢翼、久積篤史、土屋ひろし3名による

ネオヒルズアカデミーなる高額塾が公開されていた。

http://high-concept-marketing.jp/neoaca/


既にセールスレターの方は完全に削除されているが、

そこに書かれていたカリキュラムはこのようなものであった。


・毎日配信される数々の有益なカリキュラム動画

・ネオヒルズアカデミー専用のサポートセンターを設置

・毎月、与沢翼、久積篤史、土屋ひろし3人と会えるパーティーを開催


さて、ここで注目されるのは3番目の案件である。


“毎月、与沢翼、久積篤史、土屋ひろし3人と会えるパーティーを開催”


これは果たして履行され続けているのだろうか?


・・・まず間違いなくされていないと断言していいだろう。


何故なら、現在、与沢翼と久積篤史が

SNSを介して不毛な争いを展開しているからである。


そもそも与沢翼の方は既に多くの幹部が離れている状態であり、

久積篤史に関しては情報業界を引退するという始末。

(引退といいつつ、すぐに意味不明な情報商材を販売していたが。)


カリキュラム動画の提供はともかく、

サポートセンターがきちんと稼働しているのかも怪しいところである。


何より3大要素のうちの1つが履行出来ない状況である以上、

もはやこのネオヒルズアカデミーは成立していないに等しい。


勿論、与沢翼、久積篤史、土屋ひろし等の

パーティとやらに参加したところで、

何がどうなるというわけでは無い事は言うまでもないが、

彼等自身は現にそれを「売り」にしていたのであり、

このネオヒルズアカデミーに申し込んだ「信者」は

そこに大きなメリットを感じて申し込んだに違いないのである。


にも関わらず、3名が集まる事自体が不可能となった今、

もはやこのネオヒルズアカデミーは崩壊状態としか言いようが無い。


“毎月、与沢翼、久積篤史、土屋ひろし3人と会えるパーティーを開催”


現実にこれが開催され続けていない状況にあり、

ネオヒルズアカデミー参加者で

少しでも不満や憤りを感じている者がいるなら、

決して泣き寝入りせず返金等の要請をするべきである。


引き続き、このブログでは真実を呼びかけていきたい。

関連記事一覧


>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について

>小玉歩の手口について

>与沢翼の「与沢塾」株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小島幹登、佐藤文昭、SKナレッジについて

>100億円ライティング 株式会社SKナレッジ 小島幹登 佐藤文昭

>小玉歩のネットビジネス・ゴールデン・クラブについて。


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

タグ


2014年1月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼 久積篤史 土屋ひろし

このページの先頭へ

イメージ画像