フリーエージェントくんこと与沢翼が与沢塾第4期を募集し始める。

闇金ウシジマくんで大活躍?中の

フリーエージェントくんのモデルとなった与沢翼氏。


つい数カ月前に開始されたばかりの

与沢塾第3期の終了期日が近くなったタイミングか、

すぐさま与の沢塾第4期の募集に入る模様である。


与沢塾4期

http://free-agent-style-holdings.jp/yozawa_jyukusei/


まだ4期目の与沢塾であるが、

この募集ペースの速さに異常ささえ感じてしまう。


しかしそれも無理もないことである。


フリーエージェントくんこと与沢翼氏の生活レベルを考慮すれば

その浪費ぶりは見るに堪えないものである事に代わりはないが

ここ最近の与沢翼氏が手がける情報商材においては、

全くもって目立った売れ行きを見せているものが無い。


せいぜい話題になるのはこの与沢塾くらいのものである。


1年、2年前であれば次々と高額な案件をリリースし、

そこに話題を集めていた事が記憶に新しいが

もはやそれも出来ないレベルとなっているか、

やっても話題にもならず終わっているというのが現実である。


こちらの記事でも報じた通り、

与沢翼氏が現状持ち出す実績は全て過去のものばかり。

>天生翔こと与沢翼氏のFree Agent Style Holdingsの損益計算書を紐解く


派手な生活ぶりをアピールし、

それをブランディングの一環として演出していた者が

その演出さえできなくなった時、どうなってしまうのか。


与沢翼氏、最後の砦と言っても過言ではない

自分自身の名を冠としている与沢塾も

このままのペースで5期、6期と募集を重ねたなら、

その参加希望者が皆無となることは目に見えている。


その時、彼に打つ手はあるのか、それとも・・・。


こうして人は「過去の人」へなっていく。


その典型的な生き様を見せてしまうのか。


それともまだ起死回生の手を残しているのか。


今後も与沢翼氏の動向に「人知れず」注目したい。


関連記事一覧


>羽田和広と与沢翼、斉藤和也、藤沢涼、小玉歩の関係。

>天生翔こと与沢翼氏のFree Agent Style Holdingsの損益計算書を紐解く

>与沢翼、年収14億円のカラクリ。

>小玉歩と与沢翼のネット有名人完全プロデュースパッケージ について


メールマガジン


メールマガジン:匿名管理人のメールマガジン「裏の裏」

>メールマガジンの登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年4月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:与沢翼

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像